まだ、観てない人が多いと思うので、内容ではなくちがった方面から・・・・。

前に説明しましたが、この物語は、ビョン演じるチャミョンと二人の女性の恋?の話です。

ひとりは、80年代のララ。

もうひとりは90年代のディディ。

ビョンの役柄は・・・・ボムスとはだいぶ違います。
ビョンが主人公ですから、出っ放しは出っ放しですが・・・。
これは、二人の女性の物語ですね~~。

以前「ビョンホンを斬る」でどこかの大学の先生が言っていましたが、ビョンは、時代(90年代)が求めた男性像を表現できるスターとして人気を得ました。
このドラマを見ていて・・・・ア~~なるほどと思いました。

チャミョンは女性を大切にします。尊重します。
ララが、学生運動に身を任せて変わっていくのをとがめません。
c0023165_23142292.jpg

彼女は、集会でアジ演説をするほどになります。
チャミョンはその彼女が夜中までサークル活動をしているのを外で待ちます。
彼女と恋人関係を保ちながら、いっしょに活動をすることはしません。考え方は同じですが、世の中を変えるための方法論がちがいます。
c0023165_23185687.jpg

c0023165_23193926.jpg

二人は、言い争うことはあっても、別れる事はできません。愛し合っているからです。
つかの間の静かな時間!
c0023165_23211463.jpg

c0023165_23215945.jpg

チャミョンの姿がビョンの姿なのかはわかりませんが、今のビョンに「女性を見守ってくれそう」と言うイメージがあるのはこんな役をしてきたからだと思います。
封建的な韓国の社会で、確かにビョンがしたチャミョンという役は、その頃の韓国の女性の理想だったかもしれません。
しかし、それは逆な見方もできます。ものすごく、優柔不断な男にも見えます。
ララに対しても、ディディに対しても・・・。

ディディについては、彼女の言っていること考えていることが、実は私にもわかりません。
ディディは生活のために、体を売ります。そんな自分を嫌悪しながらも、強がっている!
ウ~~ン、そうでもないかな~~。とにかく、わたしにも理解できない女性です。
彼女も、チャミョンと言い争います。
c0023165_23334536.jpg

c0023165_23343678.jpg

貧しくても、真っ当に生きるように・・・・。

この話、ず~~~とこんな感じで続くのかな~~???

ビョンって、男らしいと言われているけど、実は演じている役は、こんな役が多いですよね~~。ポリスのへソン、ジュノ、ジュンホ。映画でも、ジュンドゥ、ラブ、スハ、インウ・・・・・ソギョンも、この仲間かな~~。

なんでやろ~~。
by yosiko6212 | 2007-02-19 23:41 | チャミョン | Trackback(1) | Comments(7)

新作で、出遅れたので借りるのは無理だと思っていたのでですが・・・、運よく借りられました!
みんな映画のほうに目がいっているので、わすれていたのかな~~?

40分のドラマです。18話ぐらいまであるのかな~~。

主人公はチャミョン!
c0023165_23212458.jpg


大学2年生で、法学部。
二人の女性を愛するようになります。

ララ・・・・80年代の初恋の女性!ネタばれになりますが、台でもわかるように、彼女が23歳で死んでしまいます。
c0023165_232507.jpg


ディディ・・・90年代の恋人です。
c0023165_23254368.jpg

木の実ナナを若くした感じの人です。

お話は、チャミョンがララの死んだことから、後悔しているのか?ララの生と死について、書き綴るところから始まります。
そのため、話が80年代と90年代を行ったり来たりします。
まだ、始まったばかりで、ドラマティクな場面はありませんが、
「明日は愛」とちがって、1話でこんな場面もあります。
c0023165_23303138.jpg


c0023165_23313569.jpg


c0023165_23322325.jpg


80年代は、まだ、かわいいあどけなさが・・・。

90年代は
c0023165_23333640.jpg

ちょっと陰のある装い!

c0023165_23343425.jpg

トランペットをふくと言う設定のようです。
そういえば、「夏物語」では、ギターを弾くというので、楽しみにしていたのですが・・・、たたいていただけでしたね~~。

おまけ、この時のビョンのオモニは・・・、
c0023165_23371194.jpg

キレイですね~~。

女で一つで、ビョンを育てたようです。チャミョンの家庭も、なかなか複雑なようです。
始まったばかりで~~、良いとも悪いともいえませ~~ン。

<3話~4話です>
このお話、とても真面目なお話です。
80年代の学生運動は、ララの目を通して語られます。
ララは、お金持ちの娘です。何不自由なく育ってきました。
真面目で、感受性の強い、お嬢さん!
だから、どんどん学生運動にのめりこんでいったのかもしれません。
韓国の学生運動は日本のものとは、ちがいます。
民主化運動なのですが、どうしても南北の問題が絡みますから、学生運動=アカなのです。
だから、取り調べも厳しいです。
「山河」と言うサークルに入っているのですが、デモに参加したり、民族運動をしているところのようです。

ララに比べて、チャミョンは勉強をすることが世の中を変えることだと・・・・。
運動から、距離をおいています。父親を知りません。オモニは高校の先生のようです。
クールで・・・、今のところどんな生活としてきた人かは分かりません。
チャミョンはララと付き合いながら運動にのめりこんで行く彼女を理解していたのか?死に追い込んでいったことを助けられなかったのか?自問自答します。

ディディは、貧しい苦学生です。過去に問題を抱え、成功したいと願っています。
アボジの借金の為、ダンサーをしたり、モデルをしたり、売春もしていたようです。
チャミョンに興味を持ち、彼に安らぎを求めますが・・・。
ララをわすれられないチャミョンは、拒絶します。
「愛する人を、もう、失いたくない!」といわれ・・・。
自分は、何者と問いかけます。あなたは、何者?

会話と言うのか、独り言は、仏教の問答のようです。

「夏物語」のソギョンとジョンインと重なるところもあります。
ソギョンはジョンインと別れた後、どう、自分を自問したのでしょうか?

1番不思議なのは、こんな話がドラマとして成立する韓国と言う国です。
韓国の若者は、日本の若者と比べると政治に関心があります。
だから、こんなドラマも成立するのかな~~。
93年のドラマでしたよね~~。
93年、わたしは何をしていたかな~~。40歳だよな~~。
80年代は、30歳か~~~。う~~~~ん!
by yosiko6212 | 2007-02-14 23:38 | チャミョン | Trackback | Comments(13)