カテゴリ:インタービュー( 35 )

174.png174.png174.png174.png111.png11/27(火)23:15

皆さん、アンニョン!
朝から、買い物に出かけました。
大分、野菜が安くなりましたね。
白菜、大根が安くなったので助かります。

お昼からは、蛇腹財布に挑戦。半分ほどできました。
映像を見ながら、メモをして~~、というやり方です。
もしかしたら、それほど難しくないかも?
まずは、基本通りに作って、次は私らしいアイデアで~~と思っています。

ミンジョンさんの番組の内容がだいぶわかってきました。




ミンジョンさんはSBSのドラマに出るから、番宣も兼ねているのでしょうが…。
こうやって、TVに自然に出て、家庭生活を話せるようになって、本当に良かったですね~~。
BHさんのドラマも成功したし、ようやく、元に戻った感じかな?

此方は時計の組み立てをしているのかしら?CMの撮影かな?

BHさんのインスタには

スイスランドとなっているから、今はスイスかな?世界中を飛び回っていますね~~。

≪老いをオイオイ語るコーナー≫
新しい、あばのコーナーです。

年寄二人の生活は、漫画のような出来事が時々あります。
「ルナはうんこしたっけ?」「ルナにご飯をやったけ?」
ルナがらみが多いのですが…。
どちらも、確認をしないとその日の朝のことでもわからない~~。
「ルナが、もう、食べたよ!」
といえばよいのに~~。
ルナは、4回ぐらいは間違って餌をやっても、知らん顔をして食べます。
さすがに、5回目は残しますが…。

TVで認知症の番組があると、旦那さんは必ず見ていて、報告をしてくれます。
「Yちゃん、そろそろ危ないよ~~。」
という旦那さんも、最近、道をよく間違えます。
「駅へ行くつもりが息子の家に行くと勘違いして、右車線に入ってしまったり…。」

でも、お互いに相手が間違えても強く怒らないようにしています~~。

しかし、本当に、急激に記憶力って、落ちていくものなのですね~~。
今、65歳以下の女性の平均寿命は半分の人が100歳という記事がありましたが、恐ろしいですね~^。
体が不自由になったり、認知症のまま10年以上生きるということかしら?
元気で、コロッと死ぬのが皆さんの望みだと思うのですが…。
その手の方策を教えてほしいものです。

しかし、100歳まで生きるとすると、BHさんは83歳。いや~~、その年でも、多分、俳優はしていると思うから、
どんな役をするのか?見てみたい気もしますが…。
ジュヌ君は35年後は39歳。俳優をしていたら、彼の応援もしなくては~~。

エンディングノートがどうのこうのと言いながら、他方では、こんなことを夢想しています~~。
暢気だね~~。

by yosiko6212 | 2018-11-27 23:23 | インタービュー | Trackback | Comments(0)

174.png174.png174.png174.png177.png129.png9/26(火)23:30

皆さん、アンニョン!
過ごしやすい季節になりました。

でも、私は最近眠りが浅い~~。
窓を閉めてて寝るので、川の音が聞こえない。これが原因か?

お昼からは注文をしていた布が届いたので、
パッチワークを一気に進めました。

c0023165_23052655.jpg
後は、これをどうつなげるか?です。そのままつなげるか?間をあけるか?難しい所です。

さてさて、今日は、BHさんのインタビュー記事が上がってきました。
いくつかありますので・・。







ミンジョンさんも試写会に参加!



映画の感想を聞かれ、

ミンジョンさん、たくさん泣いていたみたいです。
ミスターサンシャイン
についても触れています。


最後は、昨晩の記事で
翻訳が分かりにくかったものです。こちらのほうが、よくわかります。


10年ぐらい前の雑誌「イ・ビョンホンを斬る」の中で、BHさんをよく知るスタッフの方が言っていたことが思い出されます。
ということは、彼の様子は昔も今も大きく変わらないということでしょう。
BHさん、頑固だからね~~。

by yosiko6212 | 2017-09-26 23:29 | インタービュー | Trackback | Comments(2)

New

035.gifNEVERで「BHエンタ」の掲示板

053.gif「BHエンタ Instgram」

061.gif「THE MAGNIFICENT SEVEN」Facebook
NEW




NEW
061.gif「THE MAGNIFICENT SEVEN Trailer」

NEW
061.gif「プサン映画祭Facebook」

第21回釜山国際映画祭の開催日程
2016年10月6日(木)〜10月15日(土)



056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif

058.gif058.gif058.gif012.gif7/29(金)8:15

皆さん、アンニョン!久しぶりの太陽!梅雨明けかな~~??

気になっていたインタビュー記事の翻訳!こんなこと話していたのだ~~。

 イ・ビョンホン、自身に似ている!?クールじゃないギャング役って

2016年07月28日 23時06分シネマトゥデイ
イ・ビョンホン、自身に似ている!?クールじゃないギャング役って
オレ、米アカデミー会員になったよ。
 韓国の人気俳優イ・ビョンホンが、第15回ニューヨーク・アジア映画祭で上映された新作『インサイダーズ/内部者たち』について、7月5日(現地時間)リンカーン・センターで行われた取材で語った。

 韓国の大統領選を控え、ミレ自動車のオ会長(キム・ホンパ)は、与党のチャン・ピル議員に裏金を投じて政界も牛耳ろうとしていた。裏でその画策をしていた祖国日報主幹イ・ガンヒ(ペク・ユンシク)は、ある日、彼の悪事の代行をしてきたギャングのアン・サング(イ・ビョンホン)が極秘の裏金ファイルを手に入れ、そのファイルでオ会長を脅迫することを知ったことで、歯車が狂っていく……。映画『スパイな奴ら』のウ・ミンホがメガホンを取ったサスペンスアクション。

 個性的なキャラクター、アンとの共通点についてイ・ビョンホンは「最初に監督から渡された脚本は、典型的なギャングスターに思えた。シンプルなタイプのギャングスターで、それは僕にとってあまり興味深いキャラクターではなかった。今作は、ぎっしり詰まった内容の脚本と緊張感があるため、僕のキャラクターもユーモアのセンスなどを含めた何層にもわたる個性的なものに変えるよう(監督に)頼んだ。そしてよりリアルなキャラクターに仕上がってきたアンは、とてもばからしく見える時もあって、それが普段の僕に似ている」と語った。従来のクールなギャングでないところが魅力だ。

 映画内でアンは右手を切られ、義手をつけている。「僕は右利きで、本来ならば時間をかけて義手を使いこなさなければいけなかった。ただ演じる上で、準備や訓練して義手を使いこなすよりは、ぎこちなく麺を食べるほうがキャラには合っていた。そのため、麺を食べるシーンは計画的にやらずに、自分が感じたように演じた」と答え、さらに義手を使ったファイトシーンは「ミンホ監督と僕は、リアルなファイトを望んでいた。アン自身はギャングスターであるが、実際にはけんかがそれほど得意でないギャングスターもいるため、そういう(キレが悪い)ファイトシーンになった」と説明した。

 先日、米アカデミー会員になったことについて「アカデミー賞の投票権を獲得したときは、達成感を得た瞬間で、名誉なことでもある。これまでは、個人的な観点で映画を鑑賞しながら楽しんでいたが、これからは候補作品を客観的に鋭い観点で鑑賞する責任があり、楽しみが奪われた感じだが、それでも名誉なことで興奮している」と語った。


今週の火曜日に新しいDVDを借りてきました。今回は、Tさんではなく、Gさん。
こちらの方が、コーナーが作ってあって探しやすいです。
DVDの種類も多く、でも、見たい映画は借りられていましたが…。これからは、こちらに行きます。

TさんとGさんとの違い。
Tさんは話題作は何本も置いてありますが、種類は少ない。(大きい店なたおいてあるかもしれません)
Gさんは人気作でも1,2本しか置いていないけど、大体のものは置いてある。

何方が、私好みかとお言うと・・・・、もちろん。Gさん!

ぼちぼちと最近見た韓国映画の紹介をします。

056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2016-07-29 08:15 | インタービュー | Trackback | Comments(0)

New
035.gif『メモリーズ 追憶の剣」公式

New≪メモリーズ追憶の剣≫Facebook

061.gif予告編は右の関連番組から、ダブルクリックすると大きくなります。

035.gif「LBH ON TOUR 2016」

3/14(月)宮城仙台サンプラザホール  開演12:00~
3/1(火)大阪フェスティバルホール      15:00~
3/2(水))大阪フェスティバルホール     12:00~
3/3(木)東京国際フォーラムA        15:00~
3/4(金)東京国際フォーラムA        12:00~


035.gifポチすると会場の案内に飛びます!参考にしてください。

035.gifご案内

NEW

061.gif「seoulsamo.com」

韓国の、毎週の興行成績がわかります。

061.gif「シネコリア」

最近更新されてないけど…。昔のや、日本で公開される映画がわかります。

NEW
061.gif「インサイダーズ」公式ホームページ

061.gif「MISCONDUCT]予告編!

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif 

072.gif072.gif072.gif012.gif2/7(日)

皆さん、アンニョン!

息子の所へ行く準備を始めました。今回は服が多くなりそうなので、前もって、薄手の服やお土産は宅配で送ることにしました。2日かかりますが・・。

東京のチングの所にもまだ、連絡してないけどお土産を送ろうと…。041.gif
BHブラザーズも婿に出そうと準備中です。いらないといわれたら、出戻りですが…。
まあ~~、正直にいらないといわれた方がすっきりします。

私はもともと飽き性なもんですから、そろそろ、面倒になってきました。
BHさんと自分の分は作るけど、チングに渡す分まで作るのはこれが最後かな?

しかし、最近、和布の手芸に凝り始めて、
カバンに付けるために押し絵のブローチを作りたいと・・・・。
ネットで作り方を探すと、動画でわかりやすく説明しているところもあって~~、今日は、朝からそちらに挑戦しました。
動画で見ると簡単そうに見えますが…。手は、ボンドだらけになるし~~、なかなか、細かい仕事です。
最後まで、出来たらお見せします。

さてさて、韓国ではBHさんの次の作品がもう、話題になっているようです。

ハイウッド映画だったら、秋田でも見ることができるかな?

イ・ビョンホンが違うのだ離れて、この映画をなぜしたいたのかを示す映画の中のシーンとインタビュー記事〜

c0023165_23123631.png

-------------------------------------------------- ----------------------------------------------
イ・ビョンホンは、3日午後、ソウル鍾路区ソギョクドンラジオエム三清店で映画「インサイダーたち」(配給ショーボックス、監督オミンホ)関連のインタビューをして、来年の公開を
控えたハリウッド映画「ミスコンダクト」、「荒野の7人のキャスト秘話とアル・パチーノとの呼吸について所感を明らかにした。

この日、イ・ビョンホンは「ハリウッド映画「ビヨンド・ディ・シート」は、発音の問題で「ミスコンダクト」でタイトルが変わった。2〜3月封切りを控えている」と述べた。
続いて彼は「アル・パチーノ、アンソニー・ホプキンス、ジョシュデュアメルと撮っ、低予算映画だ。「インサイダーたち」終わってすぐ、ニューオーリンズに行って、2〜3週間程度の撮影した
多 "と付け加えた。

イ・ビョンホンはインタビュー現場でアル・パチーノと撮った写真を見せてくれて、「アル・パチーノと演技するときは、呼吸困難が来るほど緊張した。彼の情熱が
胸に届いた。70歳半ばの年齢で神のアイデアを継続出し、一度は舞台の上でリハーサルしようと監督にお願いしていたよ。
絶えず悩む姿が感動だった」と述べた。

イ・ビョンホンは、9月末には、別のハリウッド作品「荒野の7人」で観客を探す。これに対して彼は「本来アントンフークア監督がその役割に
中国の俳優を念頭に置いていた」とし「しかし、「ミスコンダクト」の撮影が終わってミーティングリクエストが来て、いきなり会うことになっ。その場で
アントンフークア監督が「甘い人生」に言及した。自分が一番楽しい見た映画と私のキャスティングを決めた」とキャスティング秘話を明らかにした。

イ・ビョンホンはまた、「米国に居住している俳優ではなく、映画の代表や製作会社関係者に会うことができない。撮影以外はほとんどないので、今後の制作
の情報を得ることはできない」とし、「幸いなことでも着実に(ハリウッド作品を)することができるという点である。そのような部分を考えると、今後の
動きも明るく見ることができないかと思う」と語った。


056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2016-02-07 23:12 | インタービュー | Trackback | Comments(0)

New
035.gif『メモリーズ 追憶の剣」公式

New≪メモリーズ追憶の剣≫Facebook

061.gif予告編は右の関連番組から、ダブルクリックすると大きくなります。

035.gif「LBH ON TOUR 2016」

2/29(月)宮城仙台サンプラザホール  開演12:00~
3/1(火)大阪フェスティバルホール      15:00~
3/2(水))大阪フェスティバルホール     12:00~
3/3(木)東京国際フォーラムA        15:00~
3/4(金)東京国際フォーラムA        12:00~


035.gifポチすると会場の案内に飛びます!参考にしてください。

035.gifご案内

NEW

061.gif「seoulsamo.com」

韓国の、毎週の興行成績がわかります。

061.gif「シネコリア」

最近更新されてないけど…。昔のや、日本で公開される映画がわかります。

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif

≪追記≫
1/1(金)12:55

「インサイダーたち:ディオリジナル」、歴代監督・エキスパンション最高のオープニング記録

[エクスポツニュース=キム・ユジン記者]映画'インサイダーたち:ディオリジナル「(監督オミンホ)が歴代監督版&拡張版映画史上最高のオープニング記録を達成した

。1 日映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、先月31日に公開された「インサイダーら:ディオリジナル」はこの日、15万9039人の観客を集めた

。「インサイダーたち:ディオリジナル」は「ヒマラヤ」に続いてボックスオフィス2位に上がるだけでなく、高度の座席占有率まで記録した作品を向けた観客の関心を立証した。

加えて「インサイダーたち:ディオリジナル」は、従前歴代監督&拡張版映画最高のオープニングと最高興行作「狼少年-拡張版」(2012年)のオープニング記録である1万8475人の約10倍に近い数値であり、封切り初めての週動員観客数に迫ったスコアを記録し「オオカミ少年-拡張版「最終スコアである41万4285人と「国家代表完結版-まだができなかった話」(2009)の35万7436人の記録をすべて軽く超えるものと見られる

。」インサイダーたち:ディオリジナル」は3時間というやや長いランニングタイムにもかかわらず「インサイダーたち」を見た観覧客だけでなく、映画に対する熱い関心を持つ観客を劇場に集め興行信号弾を打ち上げた。記録を演出している。

俳優イ・ビョンホン、チョ・スンウ、ペク・ユンシクなどの好演と一緒に韓国映画エキスパンションの史上最大分量50分追加され、大韓民国を動かす本当の権力者の隠された話を盛り込んだ「インサイダーたち:ディオリジナル」は、現在、全国の劇場で上映中だ


"「清仏」はなかったこと、1000万を突破?エッジのない平凡な映画たことでしょう」
記事入力2016.01.01午前5:17 記事原文 コメント 0

[ソウル新聞] "公開初日、二日目のスコアを見ると、大まかに感じをもたらす。感つかんから舞台挨拶を回るようによいです。サハン雰囲気の中で感じる監督の悲哀は計り知れません。すべてが自分の過ちであるかのように、罪人のように感じられるでしょう。今度は出発が好き和気あいあいたが、この程度まで興行か予想できなかったね。」私たちの社会権力のカルテルを赤裸々にかバリン犯罪スリラー「インサイダーたち」が観客700万人を突破していた過去30日この作品を演出したオミンホ(44 )監督に会った。彼は誰よりも興行失敗の苦味を知っている監督である。デビュー作「破壊された男」(2010)と二番目の演出作「スパイ」(2012年)が、これといった成績を出せなかった。最後の挑戦と思っていた「インサイダーたち」は青少年観覧不可等級には異例の「ジャックポット」を決めた。映画の中で「清仏」は車砲離し長期おくと相違がない。興行風に乗って本編でなんと50分増えた3時間の監督版「インサイダーたち:ディオリジナル」まで31日に公開した。人物関係の話が豊かになり、没入度がむしろ高くなるなど退屈ではない評価が出ている。本編と監督版を合わせて「友達」が持っている清仏最高記録(818万人)まで超えないかという見通しもある。」最初の作品をしては、タイトルのように破壊された気持ちだったし、二作目以降はスパイのように隠遁ように過ごしよ。三度目のチャンスまで取った自体が幸運でした。率直に言って700万人が本編を見たことも信じられない。監督版興行まで望むのは過剰な欲です。本編を見て監督版を見る方にもはずだ訳もなく見た反応が出て穴があっを見つけることはないかと心配がなりますよ?」映画にアクセスする姿勢を異にしていたのが功を奏したのだろう。前作はシナリオ通り撮るに汲々したが、シナリオだけでも抜いてなかったというのが自評し。崖の端に線立場だったが、「インサイダーたち」はむしろ余裕を持って開かれた心で作成しようとした。「モヒト行っモルディブや一 ​​杯にしよう」は、イ・ビョンホンの名台詞はだから出てくることができた。」シナリオに立ち往生ず、現場でより自由に作ってみようという気持ちでした。それ創作ではないかと思った。余裕を持とうと努力したら世間の目が見え俳優、スタッフとのコミュニケーションが円滑終了ですよ。キャラクター解釈力が深いしかない俳優たちが出すアイデアを調和シーブみるシナリオになかった肉が付されており作品が豊かになったんです。」監督版は強烈な最初のシーンと反転の最後のシーンが追加され、完全に新しい作品のように感じられる。特に警戒心を持って「彼ら」を注視しようという意図を塀うとしていた最後のシーンは、観客に絶望感を与えるか見て本編では涙を浮かべて編集していた場面である。」監督版を開いたり閉じたり2つのシーンはワンテイクで撮影されたスタイルや俳優たちの演技スタイルで見ると双子と相違ありません。生かすためには、両方の生かさし、殺そうとしたら、両方の殺さなければならました。最も精魂を込めた、大切なシーンを示す機会が生まれ幸せです。」何人かの水位が高いシーンを聞いて観覧等級を下げた場合、1000万人はたやすく超えただろうという話を取り出したところウー監督は首を振った。「むしろない聞いたと思う?作品のエッジがなくなって普通の映画になってしまったでしょう。ユン・テホ作家の原作のシーンなので逃したくもなかったし、妥協することもありませんでした。」

【2015ホットアイコン★イ・ビョンホン①]イ・ビョンホン "ホットアイコン賞を受賞、私は特別な意味"

061.gif動画①

[OBS独特の芸能ニュース兆研修記者]俳優イ・ビョンホンがホットアイコン受賞所感を伝えた。
OBS「独特の芸能ニュース」(演出ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・ギムヒョンソン)は、2015年の一大韓民国名品俳優としてしっかりと位置づけて「2015ホットアイコンスター」に選定された俳優のイ・ビョンホンに会った。
視聴者が直接選定した「2015年のホットアイコンスタートロフィーを受け取ったイ・ビョンホンは「この賞はこれまで以上に私にとても特別な意味で近付くようだ。視聴者の愛と関心と声援がどのよう大切かあまりにもよく感じているので、私にあって、この像の持つ意味は、あまりにも特別だと思う」と所感を明らかにした。
イ・ビョンホンが主演を引き受けた「インサイダーたち」は、現在公開42日目で700万人の観客を突破し、歴代青少年観覧不可映画興行記録を更新中である。そして、そのブームに支えられ、31日の「インサイダーたち:ディオリジナル」という名前の50分追加監督版でもう一度観客を探す。
映画のこのような興行に対してイ・ビョンホンは「実際に私たちの俳優や映画インサイダーたちの関係者たちも、この程度までよくなるだろうと予想はなかったようだ。みんなとてもこういう映画興行に驚く雰囲気と、私もそうだ。だから、なおさら幸せな時間を過ごしているようだ」とファンの声援に感謝した。


【2015ホットアイコン★イ・ビョンホン②】「インサイダーたち」興行にイ・ビョンホンの名品演技た

061.gif動画2

[OBS独特の芸能ニュース兆研修記者]俳優イ・ビョンホンが「インサイダーたち」興行公約を果たした。OBS のユニークな芸能ニュース」(演出ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・ギムヒョンソン)は、2015年の一大韓民国名品俳優としてしっかりと位置づけて「2015ホットアイコンスター」に選定された俳優のイ・ビョンホンに会った。映画「インサイダーたち」が興行した最大の理由は、俳優たちの演技力だった、特に2015年は、イ・ビョンホンの優れた演技力をもう一度立証した一年であった。イ・ビョンホンは、 "実際には「インサイダーたち」に出てくるすべての人々があまりにも演技を上手だった。すべての俳優たちがそうだろうが演技をしている間だけ、その人物が生きてきた人生をいつも考えながら「その人物は、このような考えをする。このような行動をするだろう」ということを常にしながら演技をしていたようだ」と謙虚に語った。しかし、実際にいくら名品俳優でも政治いじめ」アンサング」は、過酷なキャラクターだったと明らかにしたイ・ビョンホンは「手が一つにないから、いつもよく使う上がった手がないからアクションをする時もそう食べるシーンをする時もあり、いろいろ不便な点がないんじゃないていたよ」と演技の難しさを吐露した。つらく大変な映画撮影だが、演技するときの喜びと楽しさのおかげで、力が湧くは天生俳優イ・ビョンホンは「毎回映画をしながらキャラクターに応じて、あるいは映画の全体的な雰囲気やジャンルに応じて私はまた、新しいことを続け経験するから、このようなキャラクター、このジャンルをしながら喜びや楽しさが明らかにあって立派な俳優たちと一緒に作業をするから、そこから受けるエネルギーはまた、無視することができなかったようだ。だから、より良い相乗効果を持っていなかったようだ」と話した。もう一つ、彼の力になってくれるのは、まさにファンなのに過去28日600万興行記念でファンと一緒にした席ではイ・ビョンホンの隠された歌の実力まで確認できた。練習を一体どのようなのかという質問に、彼は「二回ほど合わせてみた。控室で一度呼んでみて、ちょうど会っトイレでちょっと合わせて見た」と笑った。

【2015ホットアイコン★イ・ビョンホン③】イ・ビョンホン「いつも見てみたい俳優になりたい」
061.gif動画3

[OBS独特の芸能ニュース兆研修記者]俳優イ・ビョンホンが「大韓民国トップスター賞」を受賞した。OBS のユニークな芸能ニュース」(演出ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・ギムヒョンソン)は、2015年の一大韓民国名品俳優としてしっかりと位置づけて、 2015ホットアイコンスター」に選定された俳優のイ・ビョンホンに会った。イ・ビョンホンは、直接ファンたちに会うの経験が少ないことができず物足りなさが多かったとし、インサイダーたち」600万興行記念でファンと一緒にした桁が非常に嬉しかったと感想を明らかにした。彼は「とても不思議で感謝している。封切りした映画でこんなにイベントが起こるというのがおもしろかったりしてとても気持ち良いもだ」と幸せな表情を浮かべた。イ・ビョンホンも最も幸せな瞬間イオトゲトジマンファンも彼と一緒にした桁なので幸福感を感じた。今年イ・ビョンホンが幸せな瞬間は、また一度あった。まさに、去る29日開かれた「大韓民国トップスター賞」で栄誉のトップスター賞を受賞したイ・ビョンホンは「韓国映画の歴史と一緒に過ごしてきた尊敬する大先輩の前でこのように賞を受けることになるから、なおさら光栄で胸がいっぱいだ」と所感を明らかにした。イ・ビョンホンも、また、ファンにも申し分なかった2015年を終えて、彼は「もう一度、あまりにも意味のある特別な賞を与えて感謝している。これからもいつも劇場でファンが見たい俳優になることができたら良いだろう」とし「一年よく仕上げしあけましておめでとうございますください。いつも健康ください」とファンに温かい言葉一言を伝えた。


072.gif 072.gif072.gif024.gif1/1(土)2:30

あけましておめでとうございます~~!
KBSワールドの演技大賞を見ていて、寝てしまったので・・・、今頃目が覚めてしまった~^。
旦那さんは一階で格闘技を見ていましたから、二人とも別々の人生??大げさですが・・。041.gif

息子たちはそれぞれ、連れ合いの実家でお世話になっています。
昨年末から、「イ・ビョンホンを斬る」の第二弾を書かなくてはと思っていました。
なぜかというと、ここを訪れる方が、何年も前の「イ・ビョンホンを斬る」という記事をよく読んでくださることを知ったからです。
だいぶ前の記事です。BHさんが確か?一日警察署長をして~~。
それ、ちょっと違うのではない?と思ったことを書いた記事です。

JFCが10周年の記念ということは、私のBH歴も11年ということになります。
どんなふうに変化をしたか?しなかったか?

確かに、昔のような恋い焦がれるという感情は減ってきたような気がします。
しかし、相変わらず気になる存在であり、愛しい存在でもあります。

なぜ、10年以上もファンでいられたか?
一番に言えることはBHさんがずっと俳優を続けてきたから~~と言ことです。
それも、ただ、だらだらと俳優を続けてきたのではなく、一作一作に挑戦をし、変化をしてきたからだと…。
演じることを辞めてほかのことをしていたら、少なくても私はファンを続けてはいなかったと思います。

この11年の間には私自身もいろいろなことがあったし、BHさんもうれしいことばかりでなく、いろいろなことがありました。

しかし、そのたびごとに乗り越える姿はやはり、演技がしたいという熱い思いがそうさせているのだと思います。
彼の一番恐れていることは、オファーがなくなることです。演じる場所が与えられなくなることです。

そういう意味では、一昨年の事件は・・・・・予想外の世論の反応だったと思います。

BHさんは自分の価値判断で行動を起こしたのでしょう。それは、BHさんの正義感から来たものだと…。少なくとも彼自身はそう思っていたと思います。
お父さんのウソをつくなという言いつけを守ったのだと…。
ただし、自分の行動に問題があったとは気が付かかなかった~~。

それは、彼の中にある≪大人ときどき子供。≫
多分、随分と年下の女性でしたが、BHさん自身は対等な気持ちだったのではないでしょうか?

BHさんを知り始めたころ、インタビュー記事をだいぶ読みましたが、20代の頃の彼は自分のことを「惚れっぽくって、あき易い」30代のころも女性と付き合っても長く続かないというようなことを言っていました。

「美しき日々」の監督さんがBHさんのことを「欲張りな人」と言っていましたが、たしかにそうなのだと・・・。
そして、誰よりも早く新しいことに挑戦したい。
それは、彼のCMの内容によく見られます。
そして、いつも自分でも言っていたことは「人をびっくりさせる行動をとってしまう」

「インサイダー」の成功で、彼のインタビュー記事も目につくようになりましたが、不思議なぐらいに話していることが昔と変わらないし、変わってきた場合は、なぜ、どのように変わってきた理由がはっきり意識されている。

彼の中でずっと変わらないのは「映画が好き」「正直に生きたい」の二つです。
そして、今回のことや子供が生まれたことで、「家族を守る」という項目が一つ増えるのだと…。

ミンジョンさんが初めのころのインタビューで「嘘をつけない人だから信じる」というようなことを言っていましたが…。良く、理解してくれているのに~~、もう、裏切ったらいけませんね~~。

「インサイダー」の記者会見で、実はBHさんよりも気になる人がいました。
下のぺク・ユンシクさんです。いつも、若い二人の間にあって、やさしく微笑んでいる方。
なんで、こんなに穏やかな表情をしているのだろう~~と。

その方のインタビュー記事を見つけました。私のBH評を表していると思ったので紹介をします。

「内部者たち」ペク・ユンシク“イ・ビョンホン&チョ・スンウ、二人とも狐科ではない”

ペク・ユンシクは密かに映画「内部者たち」(監督:ウ・ミンホ)全体に黒い影を落とす。政界の設計者であり、保守派新聞の論説主幹イ・ガンヒを演じた彼は、張り上げるよりも飲み込み、熱く盛り上がるより冷たく作品に溶け込んだ。

彼が「内部者たち」で演じたイ・ガンヒは、有力な大統領候補チャン・ピル(イ・ギョンヨン)のそばでキングメーカーの役割をこなしながら自身の利益を求める狐のようなキャラクター。自身が踏みにじった“政治ヤクザ”アン・サング(イ・ビョンホン)が復讐を考えているのを知りながらも笑ってみせる人物がイ・ガンヒだ。

「観相師」のキム・ジョンソ、「タチャ イカサマ師」のピョン警長まで、いつもスクリーンを圧倒する存在感を見せてくれたペク・ユンシクは、イ・ビョンホン、チョ・スンウの間でじっくりと映画の重心を取った。ペク・ユンシクは「内部者たち」について「僕のフィルモグラフィに鮮明な跡を残すような作品」と言った。演技人生45年にして再び顕著な代表作を残したのだ。

「『内部者たち』が僕の人生映画なのかって? ただ、水っぽい作品やキャラクターではないということだけは確信しています。僕のフィルモグラフィーに跡を残すだけのことはある作品です」

以下、ペク・ユンシクとの一問一答である。


―シナリオのどんな面に惹かれて出演したか。

ペク・ユンシク:シナリオ上では否定的な人物だった。僕の前作と相反するキャラクターだった。僕は年齢的には保守的だが、考え方などは進歩的だ。若い後輩ともコミュニケーションできる方だ。ウ・ミンホ監督が僕に会って僕を求める理由をすがすがしく説明してくれた。気に入った。イ・ガンヒは普通の人物ではないじゃないか。なんだか、俳優としてイ・ガンヒが持つ強い力に魅力を感じた。

―「狐のような熊を見たか」は台本にあったセリフなのか?

ペク・ユンシク:そうだ。非常に絶妙な表現だと思った。拳を使っていた人が政界まで来たのだから、愚直だが普通の人物ではないのだ。

―イ・ガンヒはどんな瞬間でも落ち着きを失わない。イ・ガンヒの役になりきるために「これだけは逃さない」と設定したものはあるのか?

ペク・ユンシク:僕はイ・ガンヒがとても気が強い人だと思った。すさまじい度胸の持ち主だ。どんな極限の状況でも揺れない度胸を自然に表現したかった。

―「僕はしてなかったよ」と笑うシーンでイ・ビョンホンが衝撃を受けたという。台本を見て想像した演技じゃなかったからどんな風にリアクションすればいいのか困った瞬間がしばしばあったと言うが。

ペク・ユンシク:ハハハ。まったく知らなかった。現場では平気な顔してたけど?(笑) 台本を自分なりに分析して表現するのが僕たちの仕事であり、任務じゃないか。自分が期待したのと違うアクションが出て慌てたのかもしれない。イ・ビョンホンさんも本当に熱心に準備してくるタイプだ。

―逆にイ・ビョンホン、チョ・スンウの演技を見て驚いた瞬間はあったのか?

ペク・ユンシク:いつも良く見えた。二人だけでなく助演まで弾けるような演技をしていた。飛び火がするというか。エネルギーがすごかった。

―性的な接待を受けるシーンでの露出演技が衝撃的だった。俳優として気軽に演技ができるシーンではなかったはずだが。

ペク・ユンシク:後ろ姿が少し見えた(笑) イ・ギョンヨンさんとそのシーンを撮影した後、監督に「このシーンはぜひ生かせてほしい」とお願いした。権力階層の醜い面を表す象徴的なシーンだと思った。そのシーンの撮影だけに3~4日かけた。映画に登場していない赤裸々なシーンも多い。

写真=SHOW BOX
―チョ・スンウとは「タチャ イカサマ師」以来9年ぶりの共演だ。

ペク・ユンシク:嬉しかった。性格が本当に良いからだ。「タチャ イカサマ師」も本当に楽しく撮影したけど、今回も同じだった。映画ではウ・ジャンフン(チョ・スンウ)がアン・サング(イ・ビョンホン)をもてあそぶじゃないか。実際の撮影現場でもウ・ジャンフン、アン・サングそのままだった(笑)

―実際本人は狐科なのか、熊科なのか?

ペク・ユンシク:確かに狐科ではない。愚直というか、生真面目っていうか。

―イ・ビョンホンとチョ・スンウは?

ペク・ユンシク:二人も狐科ではない。男が男を見ると分かる。愚直だ。イ・ビョンホンさんは意外に内気な面もあるし、本人によると慎ましい面もあるという。とにかくイ・ビョンホンさんもスンウも性格がとてもいい。

―「内部者たち」の人物のうち、一番共感したキャラクターは誰か?

ペク・ユンシク:難しい質問だ。人間群像の普遍的な面から少しずつ持ってきた仮想の人物じゃないか。確実にイ・ガンヒ側ではないし(笑)

―「内部者たち」がいわゆるペク・ユンシクの“人生映画”になれるか?

ペク・ユンシク:水っぽい作品じゃないことは確かだ。跡が残るような作品だ。


「愚直」という言葉好きだな~~。

私の2016年の目標は「愚直に生きる」

に、決めました~~。
では、おやすみなさい~~!

056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2016-01-01 03:05 | インタービュー | Trackback | Comments(2)

New
035.gif『メモリーズ 追憶の剣」公式

New≪メモリーズ追憶の剣≫Facebook

061.gif予告編は右の関連番組から、ダブルクリックすると大きくなります。

035.gif「LBH ON TOUR 2016」

2/29(月)宮城仙台サンプラザホール  開演12:00~
3/1(火)大阪フェスティバルホール      15:00~
3/2(水))大阪フェスティバルホール     12:00~
3/3(木)東京国際フォーラムA        15:00~
3/4(金)東京国際フォーラムA        12:00~


035.gifポチすると会場の案内に飛びます!参考にしてください。

035.gifご案内

NEW

061.gif「seoulsamo.com」

韓国の、毎週の興行成績がわかります。

061.gif「シネコリア」

最近更新されてないけど…。昔のや、日本で公開される映画がわかります。

c0023165_11142577.jpg



056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif 

≪追記≫

024.gif日テレ「トリックハンター」

BHさん、出演ってあるけど。。。

≪追記≫12/22(火)16:00

「インサイダーたち:ディオリジナル」、キャラクター間の過去のストーリー込められたプレススチール公開

c0023165_15511928.jpg

記事入力2015.12.22 10:01 記事原文 コメント 0
[MBNスターチェ・ユンや記者]映画「インサイダーたち」のオリジナルバージョン「インサイダーたち:ディオリジナル」の報道スチールがベールを脱いだ。22 日午前配給会社ショーボックスは「インサイダーたち」の3時間オリジナル版「インサイダーたち:ディオリジナル」の前に見ることができなかった過去の姿から現在に至るまでのストーリーを一目で確認することができますプレススチールを公開した。「インサイダーたち:ディオリジナル」の報道鋼は「インサイダーたち」よりも豊かになって深くなったキャラクター同士の密接な癒着関係を確認することができる。
写真=ショーボックス提供
今回公開されたプレススチールは「インサイダーたち」で見ることができなかったキャラクターたちの姿を盛った。政治いじめになる前のアンサング(イ・ビョンホン)と彼の政治いじめで育てたイ・カンヒ(ペク・ユンシク分)の出会いは、耳目を集中させる。また、検査がされる前に、警察服務時代呉チャン・フン(チョ・スンウの方)の姿も見ることができる。公開されたプレススチールで目立つ点は、まさに多彩なキャラクターの変身姿である。特にアンサング役を引き受けたイ・ビョンホンは、過去の行動隊長から、政治いじめ、そして権力者に捨てられ廃人になった姿までヘアスタイル、衣装、そして位置に応じた表情や行動まで多くの変化を感じることができる。「インサイダーたち:ディオリジナル」は、1990年代から2000年代までのアンサング、呉張本、そしてイ・カンヒの過去の姿を公開し、その中に込められた隠れた本当の話の好奇心を刺激する。一方、「インサイダーたち:ディオリジナル」は韓国映画拡張版の史上最大分量50分追加され、大韓民国を動かす本当の権力者の隠された話が公開される予定である。来る31日封切り。


072.gif072.gif072.gif016.gif12/21(月)22:20

ゲームのし過ぎで目が痛いので、ペタンだけ!雑誌のインタビューです。

もしインタビューが少し興奮した感じであれば、それは「イ・ビョンホン」であるからである。

<インサイダーたち>がしっかりとした部屋している。600万(12月15日基準)観客を突破した。青少年観覧不可映画興行記録を塗り替える勢いだ。
ベッチャ。

いくら興行に初演した俳優と言っても良いことではないか?
最も喜ばしいことではないか?これが私の人生の歩みであり、私が最もよくすることができることであり、私が最も多くの時間とボールをかけることなのに、これで認められたり愛受けることこそ幸せなことである。

特に演技したアンサングというキャラクターが国民的な支持を受けている。コメディアンが借用するほどだ。実に韓国映画に久しぶりに登場した個性的なキャラクターだ。
芸能プログラムでパロディするほど問題があることは喜ばしいことである。元アンサングはディテールが多くなかったキャラクターだった。ただストレートな組織の感じ?全羅道方言を使うという程度が私の激安だったこれよりもうごめいて生きているような感じを加味したかった。ようナナ観客も感情移入をするために、より便利になると考えていた。ところが、最初の編集本が3時間40分出てきた。一番最初に編集すべきことはキャラクターを補完してくれるシーンだてみると私も、他の俳優たちも、このような部分を除外することに同意するしかなかった。だからなんか?最初は損益分岐点程度合わせると申し訳ありませんしないと思うこともあった。ところがある瞬間クチコミを乗りながら良い反応が来。もちろん、最初編集本を見て、映 ​​画が力強くパーク通過感じはあった。監督がうまくいって、500万人の観客を超える場合はディレクターズカットを開封することができるとした約束を守るようになって私たちのすべて楽しくいる。述べたように、来る12月31日にオリジナルの監督版まで公開される。<インサイダーたち>マニアがいる場合その方たちがたくさん来て見てくださると信じている。参加した俳優の立場では、オリジナルの話を3時間の間示すことができるという点で、幸せである。

ネチズンの間では、1000万人の観客も占っていたよ
。(笑)。それは実際には現実的ではないようだ。

<インサイダーたち>で試合火花散る演技をしたチョ・スンウさんは撮影が終わった後、ビールを買ってイ・ビョンホン氏の家に訪問するほど大幅に親しくなった聞いた。
あんまりスンウさんが気さくで雰囲気メーカーだ。そしてスンウさんは撮影中にも、私たちの家に遊びに来た。京畿道広州側に住んでいの時に、山の頂上生きると、旅行に行く気分できた不平つけてだ。そして最近、ソウルに引っ越してきた裏距離が近くてそうなのかぐんぐんより頻繁に遊びに来る。戻り考えてみると、人間的に親しくなってもたかっだろうが、作業しながらお互いが近づくべきでたいと思った部分もあるようだ。まだ心中は続きませんが。ハハ。

ハハ。スンウさんが本当にイ・ビョンホンさんが好きで、また尊敬するようだ
。< インサイダーたち>を通って、本当に良い俳優、良い人を得たようで興行だけでなく、個人的な側面でも意味が深い。

ペク・ユンシクさんはじめ、演技上手学ぶ多集まった作品である。撮影現場でのギガ少なくなかったようだ。
多くの俳優がしょげないため被弾くところが撮影現場と言っていますが、むしろその後しっかりとした演技が出ないと思う。なぜなら演技というものがそのままキャラクターに濡れて入って水が流れるようにキャラクターが置かれた状況や感情を表現する必要があり、そのためには、肩の力も抜けて、とてもリラックスした状態にならなければならない。ようにアドリブを打つことができるように考えて、この自由になり、その中で硬直していないひらひら舞う走る感じに延期することができる。だから撮影現場はむしろ私の役のように、よりいたずららしく余裕だった。

アンサングとキャラクターが存続には、彼が置かれた状況に応じた様々なスタイルの変身も一役買った。驚くほどとてもスペクトルが大きく劇的な変化であった。
新しい姿を見せてくれて、それが多少滑稽に思っても、私にこんな姿があったか?こんな感じを観客と一緒に受けることを楽しむ方だ。そのため、それは少し醜いあっても、キャラクターに近づく助けになればいつでも歓迎である。ただし、今回のアンサングの変化は本当に多かった。

ヘアスタイルやファッションの両方破格的な感じもあった。
最も憂慮していた部分は、それが変身のための変身になるといけないという考えだった。キャラクターに合わない過度の変化は、むしろ、その人物から抜け出ているの悪影響を与える。だから、そのトーンを合わせるために力を注いだ。アンサングはあまりにも一般的な人よりファッションに興味あり果敢なキャラクターに取られている。だからある程度許さなる部分もあった。また、後頭部をかつらにつけた長髪スタイルは監督が必ず必要な部分だった。最初はあまりにも急にしていくことではないか心配も少しあったが、幸いなことに、よく見てくださるようでいい。

<インサイダーたち>を介して、イ・ビョンホンという俳優がどのような演技を得るもの改めて確認した観客が多く見られる。愚問だが、どのように演技を上手にすることができますか?

それは少し意外だった。さらに私が出演した作品の中指折りの演技をしたと言っていた。配役がよく合った気がする。少し重く深刻な側面のキャラクターが多かったが、今回のように少しネジ一つ抜けたようなキャラクターを演じすると有毒私の服に合うキャラクターと話をされるようだ。過ぎてみると、過去<ハッピートゥギャザー>も、このような話をちょっと聞いた。特に、より良好であったというより、このようなキャラクターを好きそうだという気もする。

過度謙虚である。イ・ビョンホンの演技は何か次元が違う。準備やキャラクターを分析するために特別な秘訣があるか
ではない。おそらくすべての俳優たちと似ているのだ。作品に溶け込むために努力して人物に説得されて近づくために努力する。そのようなプロセスや方法は大同小異するだろう見る。ただいくつかの設定自体にモクメジはない。最初は事実で現実的でなければならないというのが最も基本である。観客に説得力のある近づいていくことが、いつも大前提であるため、どのような言い方を変形させたり、面白いうと苦労を書きながら特異な設定に変更するには冒険はしないだったようだ。言い換えれば、私のキャラクターが一般的でないゴール殴る役割も私を説得された程度でしか現実的に煙をしない、自分で理解してもならない状態で特別な演技を見せようとはしなかった。場面場面真実で感情に忠実に、そうは分からない。正しい答えがなるか。ハハ。

<インサイダーたち>を選択した理由も、最終的に「面白い」そうだという観点からであった。
これは、俳優たちごとに若干異なる場合らしい。いくつかの良いメッセージを配信するために映画を選択する俳優もあり、楽しみを中心に判断して選択する俳優もあり、またいくつかの学習作品性を重視して、自分の満足のために選択することもできる。私も大衆芸術をする人が、私は言いたいこと楽しいが、ただユーモアではない。感動を与え、胸にビリビリに残っているのも楽しみであり、また、感情線が穏やかな映画なのにシナリオを上書きも継続残像が浮かび上がるそれも面白いです。もしメッセージを重要視した場合社会性の濃い映画をたくさんしたのだ。ところが、前述したような「楽しさ」を探して見たら、社会の不正を告発するような映画は初めてだったようだ。してから見ると、改めてそう感じたよ。

<鉱害>だけでなく、これまであなたの仕事にも十分多くのメッセージがあったし、よく伝達されたと考えている。数多くのコンテンツが降り注ぐ最近、映画というコンテンツは、どのような役割をすることになるだろうか?
個人的な話だが、4歳の時初めて映画を見た。従兄弟喉に乗って<パピヨン>という映画を見た内容は覚えても出ない。そう接した映画が良いのか、劇場が良いのかハット分かれるほど真良かっ。映画や劇場が完全ファンタジーだったのだ。現実と断絶感。劇場に入ると、現実のドアは閉じ監督や作家が意図したその世界にはまってしまう夢を見たような感じだった。観客もそう感じて欲しい。このようにきびしくして恐ろしく現実的かつ合理的な社会で子供の頃、私のよう、想像していたことがそのままスクリーンに投影されている何か不思議な夢の空間になってほしい。

その夢をあなたがハリウッドを介して、より広く大きく成し遂げている。<ターミネーター:ジェネシス>であなたの名前が「そしてイ・ビョンホン」と紹介されたとき震えを感じた。ハングル名の通り書いているあまりにも有名ですが、だ。
それが真の、私たちのチームは満たさ日だった。映画を専門とする人、またはそのエンド(And)クレジットを使う意味がよく分からない表示もするから。たとえば、<レッド2>を撮ったときブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンなどの膜序盤に名前が表示された後、最後にアンド、アンソニー・ホプキンスと出てくる。

監督がすべてのことを考慮して盛ることがない。
リスペクトから。<ターミネーター>でそう込めてくれ、本当にありがたかった。

<ターミネーター>を最後まで見てナニなぜにそのようなクレジットをプレゼントしたのか知っているように見えた。あなたが込められたいくつかのシーンの残像が長くナムドラ。アル・パチーノと、撮影した<ミスコンダクト>から<荒野の7人>までハリウッド映画が相次いで待機している。
夢を見ているようだ。アル・パチーノと夕食も食べて、ワインも一杯飲みながら、彼は<貸付け金>や<スカーフェイス>を撮っていたエピソードを聞かせてくれた。私のアイドルだった人が直接話をしてくれなんて、ある時は耳に音が聞こえなかったよ。ところが実際に、よりによってこの映画の最初のシーンがアル・パチーノとぶつかることであった。半ダース回の食事も一緒にするほど知って過ごした間だったにもかかわらず、一緒に作業するということは、もうよ。ぴったりパニック障害きた。あまりにも恥ずかしいよ。

いやイ・ビョンホンもそうなのか?
私は舞台恐怖症がある。だからファンミーティングでいつも心配している部分なのですが、カメラの前では緊張になっちゃいなかった。このようなパニック障害を感じたのは初めてだった。がたがた覚えたセリフが一つも考えがない吸いとりとめ期韓国でというふうに「申し訳ありません、もう一度させていただき」としたが、そこには、元のカットがあまりない。その言葉をもカットはなく、気まずい沈黙だけ流れるよ。その後、アル・パチーノが腹話術で「いいからさっきしたように続けて「こういうの初めての精神が聞いた。

ハリウッドでもフィルモグラフィーを真剣に埋めていくあなたは、どこまで行くのか?
本当に分からない。ひたすら不思議ながら一歩ずつしている。何来るか分からない状況で、期待と不安が共存している。自分の言語と私の感情が異なることから、そっちの世界でも仕方がないハンディキャップは存在する。私は韓国の作品をしなくてそこだけ完全に没入しても否定することができない何かである。限界はあるだろうが、あまりにも運良くできた機会かけ、容易に得ることができない、契丹を知っているので、どこまで行くことができるかずっと一度行ってみたいと思う。

個人的には、<ヒョプニョ:カールの記憶>も面白く見た。近いうちに日本でも公開されるだろうよ。ファンタジーとロマンスが結合された風変わりなジャンルであった
。< ヒョプニョ>は武侠映画だ。初めてシナリオを読んで、本当に胸が痛い話だと思って選択した。文を読むとき飛び回るシーンが実際に目に見えないから、より現実的に考えていた。ところが、これがビジュアル的に見れば、いくつかの没入感が落ち、キャラクターから抜け出す人が多いかもしれないという考えをするようになる。

武侠の粋はでたらめに見えるほど、過度に角度があり誇張もあるから。
正しい。今劇場に多く行く世代には少し合わないかもかもしれないんだ、という考えがしたよ。協が何であるか、義が何であるか、私たちの世代には、そのような趣とロマンがあった今の世代にはなぜ?という疑問符が走り出すこともできる。そう見ると、没入するのが難しい映画だ。なぜ飛ぶ通わ?では、なぜ飛び続けながらない戦わ?このようにだ。

日本では、良い反応があるようだ。
幸いなこと記者試写会での反応が良いと言っていた。いくつかの映画を撮りながら感じた点が、どんなに近くついている国でも情緒があまりにも違うと韓国で成功あるいは失敗したとしてそちらにそのまま適用すると、誤算だったよ。出演した俳優として良い評価を受けたら良いだろう。

1991年KBS公開採用タレントで開始、まだ記憶に鮮明な<明日は愛>のティーンスター、反抗のアイコン、韓国のジェームズ・ディーンを経て、すでに俳優生活26年ける。フィルモグラフィーを見ると、まさに演技でぎっしりと車あったよ。
途中少し休んだこともあったようだ。1年に映画一編で休んでもしたし。後悔となる。あまりにも多くのこともそうだが、それでもよりかしらねする。幼い時、誰が20年になったとすれば祖父俳優、どのようにあのように長くすることができますか?イレトヌン ​​デ私はこの瞬間を合わせので、今始まる俳優たちにそのように映るかも知れたいでもある。ところで私は、私の心は変わっていない。私は年齢のようなことを意識しながら、住んでいない。だから、私はいつも同じだと思っている方だ。

最近ジーンズを着てインタビューした姿を見て、また今日撮影する終始真イ・ビョンホンはまだ素敵な俳優という気がした。何か既存の韓国俳優とは別の、ファッションを愛するというか?
ファッションとも、流行が変わり、味を変えることが、根本は変わらないと思う。かつてはカジュアルが良い、スーツが良い、まあこんな話をした場合、これらの日は、タフかどうか、ダンディーても、大人しくしても、どのように間瀬間全体的なバランスが合えばすべて良く見えるようだ。だからパンツと靴、インナーウェアとアウター、これ全体的にマッチがれるか否かが重要だったよ。

センスは乗って私と信じて。さっき撮影しながら息子の写真を写真家に示すことを軽く見た。本当に天使のようにきれいでハンサムよ。父と一緒に映画を見て、夢を見ていたあなたが今の父となった。
従兄弟のように劇場に行った後、いつも父が劇場に連れて行ってくれて、家でも<週末の名画>のようなものをそう多く見せてくれた。父は次々とその俳優が誰とどのような映画に出演していることをよく知っておられた。そう映画狂の父は、私が29歳の頃に亡くなった。実際に亡くなった後、栄光桁が多かった。ハリウッド進出からブルース・ウィリスと映画を撮ったりして、日本の東京ドームでも立った。そんな桁を父が見ることができないということが、胸が痛かった。一度受賞所感で父がこの場面をことがあれば、本当に好きだったでしょだろうし、どこかで見ご覧と信じていると言ったこともある。父の性格自体が<人生は美しい>に出てきたロベルト・ベニーニだ。そこでベニニは死ぬドル行く時も、子に最後までウィットように接する。私はそのような面を好きだった、私そんな父になったら良いだろう。

いくつかのインタビューでみると、息子が何をしても気にしないだろうと言っていた。俳優も大丈夫でしょうか?
何でもいいん。ただ私の風は精神的にも肉体的にも健康だけで良さそうだ。

2016年のイ・ビョンホンは?
正確られるが、忙しいのだ。まだ何タック決定されたわ ​​けではない、国内外で忙しいらしく、撮影した映画のプロモーションから、日本で公開される映画もある。多くの行ったり来たりするようだ。


027.gif「写真はこちらで」

実を言うと、ファッション誌のBHさんの写真は、好きなものもあるけど・・・・・。気取りすぎていて~~、好きでないものも…結構あります。BHさんのせいではないですが…。
056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2015-12-21 22:00 | インタービュー | Trackback | Comments(0)

New
035.gif『メモリーズ 追憶の剣」公式

New≪メモリーズ追憶の剣≫Facebook

061.gif予告編は右の関連番組から、ダブルクリックすると大きくなります。

035.gif「LBH ON TOUR 2016」

2/29(月)宮城仙台サンプラザホール  開演12:00~
3/1(火)大阪フェスティバルホール      15:00~
3/2(水))大阪フェスティバルホール     12:00~
3/3(木)東京国際フォーラムA        15:00~
3/4(金)東京国際フォーラムA        12:00~


035.gifポチすると会場の案内に飛びます!参考にしてください。

035.gifご案内

NEW

061.gif「seoulsamo.com」

韓国の、毎週の興行成績がわかります。

061.gif「シネコリア」

最近更新されてないけど…。昔のや、日本で公開される映画がわかります。

c0023165_11142577.jpg



056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif 

<追記≫212/17(木)10:10

イ・ビョンホン&イ・ミンジョン夫妻、忘年会に夫婦同伴で登場

2015年12月16日 11時35分 中央日報
俳優イ・ビョンホン-女優イ・ミンジョン夫妻(写真=インスタグラム)
c0023165_1042268.jpg


俳優イ・ビョンホン&女優イ・ミンジョン夫妻が久しぶりに一緒にいる姿がキャッチされた。

最近、2人が知人と共に楽しそうに食事をする写真がインスタグラムに掲載された。2人が仲良く一緒にいる姿がキャッチされたのは久しぶりだ。イ・ミンジョンは、最近、イ・ビョンホンが主演の映画『内部者たち』VIP試写会にも姿を見せず、打ち上げだけに出席していた。この写真では2人が並んで座って笑顔を浮かべているため一層目を引いている。

2人はこれまでの困難を克服して再び日常の中に幸福を見つけたようだ。イ・ビョンホンと『内部者たち』で共演した俳優チョ・スンウは、最近のインタビューで「ビョンホンさんの家にも遊びに行ったり、ミンジョンさんがつくってくれたご飯も食べながら飽きるほど映画の話もした」と伝えることもした。

一方、イ・ビョンホンは『内部者たち』の興行で幸せな年末を送っている。イ・ビョンホンが同作で見せた演技は好評で、映画は青少年観覧不可というハンディキャップを克服して観客動員600万人を突破した。


≪追記≫

イ・ビョンホン・チョ・スンウ、インサイダーたち」ディオリジナル」これが違う
記事入力2015.12.16 11:17 最終的な修正2015.12.16 11:19 記事原文 コメント 0

【ソウル=ニューシス】シンジンア記者=映画「インサイダーたち:ディオリジナル」が31日封切りする。上映中の「インサイダーたち」と何がどう違うのか関心を集める。知られているようにランニングタイムが50分や追加された。既存拡張版を公開した韓国映画は少しのシーンを追加が一般的であった。しかし、「インサイダーたち:ディオリジナル」は130分に50分増してランニングタイムが180分、つまり3時間になった。気にしてでも振り返ってみる理由が十分である。
第二 ​​は、オープニングとエンディングに新しいシーンをよりになったという点である。前イ・ビョンホンは、記憶に残 ​​るシーンで「編集された開口部」を挙げたことがある。
政経癒着を暴露する記者会見場に行く直前ホテルの部屋で記者と単独面談する場面である。映画ファンであるアンサングが、自分がなぜ複数のしようジャック・ニコルソン主演映画「チャイナタウン」(1974)を当て付け言う場面である。イ・ビョンホンは「フォームとる神であり、かっこつけてる神である。映画的な新」と述べた。編集しないように提案していないかという問いには、「結果的に妨害という結論に同意します」したように見えた。「私たちの映画は現実に足つけた映画小町現実を移したような映画なのに、その最初の神すぎる映画で、特定のジャンルに決定することができる。時間も帽子と。
" チョ・スンウもインタビュー当時、今のエンディングと、当初のエンディングが違っていたと明らかにした。「現在エンディングは肯定的である。元は今よりも重く終わった。「右腕がなければどうするのか、左腕に書けばいい」「その道を塞いでも、またどこかで漏れる」、そのような点が強調された。今では勧善懲悪が光を見保た終わる。
希望の光をつけた。」 最後に、各キャラクターのビハインドストーリーが追加された。手首が切られたアンサングが後に精神病院に閉じ込められて過ごすも、保守言論論説委員であるイ・カンヒのストーリーなどが補強された。

072.gif057.gif072.gif016.gif12/16(水)17:20

なんとか、ハングル教室を終えて~~、3週間のお休みの間、たっぷり宿題が出ました~~。
先生にイベントの話をしましたが、興味なさそうで~~、先生、なんだか元気がなかったな~~。ハルモ二の調子が悪いのかな?

大々的にBHさんのことがニュースに動画は飛んで行ってください。訳だけ、張り付けました。
もう、見たくない映像もありましたが…。

イ・ビョンホン、「インサイダーたち '名品演技'回復フレア」

061.gifイ・ビョンホン、「インサイダーたち '名品演技'回復①

①俳優イ・ビョンホンが映画「インサイダーたち」で再起の信号弾を撃った.OBS「独特の芸能ニュース」(演出ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・ギムヒョンソン)は、映画「インサイダーたち」を介して興行の主人公になった俳優イ・ビョンホンを集中探求した。
映画「インサイダーたち」が公開26日目600万人の観客を突破し、歴代青少年観覧不可映画史上最短期間の興行記録を立てた。
イ・ビョンホンは「とても感謝して、実際には、ここまでよくなると予想できなかった。皆さんのおかげでここにいるすべての人が幸せな時間過ごしている」と明らかにした。
今回の映画は、今年の初め私生活論議で大衆に大きな失望を抱か外面させられた俳優イ・ビョンホンも素晴らしい回復の信号弾になった。
彼の議論を踏んで画像を回復するすることができた理由は何だろうか。
インサイダーの恐ろしい興行とイメージ回復、その栄光の後にイ・ビョンホンの熱演があった。ネジ一つ抜けたごろつきもされたが、再カリスマあふれる政治ギャングに変身したイ・ビョンホン、デビュー25年ぶりに最も強烈なチジルハムを演じた彼は外見的な変化はもちろん、生涯初の方言演技と生活アクション演技まで披露して壊れることを辞さた。
イ・ビョンホンは「手が一つにないから、いつもよく使う右手がないからアクションをする時も、食べるシーンをする時もいろいろ不便な点がないんじゃないていた」とと述べた。
結果は大成功、他の追従を許さないイ・ビョンホンの素晴らしい演技は、観客たちの足を劇場に回した。イ・ビョンホンは「アンサングと役割が、その中で飛び出し見えたならばキャラクターの影響ではないかと思う。「その人物は、このような考えをするだろう、このような行動をするだろう」ということを常に考えながら演技をしていたようだ」と伝えた。

061.gifイ・ビョンホン、「インサイダーたち '名品演技'回復②

②俳優イ・ビョンホンが私生活議論に正面突破を選択した.OBS「独特の芸能ニュース」(演出ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・ギムヒョンソン)は議論にもかかわらず、映画「インサイダーたち」を介して再び一度興行の主人公になった俳優イ・ビョンホンを集中探求した。
映画「インサイダーたち」の成功にもかかわらず、イ・ビョンホンは消すことができない緋文字とも同じ事件がある。
まさに昨年9月、別名'50億ウォン脅迫事件」と呼ばれ、世界を騒がせた私生活議論である。
ギムデオ記者は「ビデオを持って脅迫をした事件である。二人の女性に心を一部許可した部分が大衆に明らかになり、不倫のようなそんな感じの俳優として位置づけをした。それとともに、多くの女性ファンから指弾の対象になった」と伝えた。
イ・ビョンホンの誤った私生活の管理のために大衆の信頼を失ったことはもちろん、これまで培ってきた画像はまた、床に墜落してしまった。
その中にイ・ビョンホンは失墜した名誉を正すために全力を傾けた。事件後、いち早くまた、複数回、自分に失望した大衆に謝罪をしたイ・ビョンホン。当時イ・ビョンホンは、「何よりも家族のために最も一生を返してもならないほどの借金をなったし責めもたくさん受けた。
この場を借りてもう一度皆さんに謝罪したいと思う。申し訳ない」と明らかにした。ついに映画封切りを控えた公式席上では、問題を回避せずに正面突破を選択した。映画「ヒョプニョ」の制作報告会で、イ・ビョンホンは「ひょっとして不快感を差し上げるんじゃないか申し訳ありませんするだけである。
今まで俳優イ・ビョンホンと一緒に暮らすことができたのは、皆さんの関心のおかげである。大きな失望感を差し上げ遺憾時間を送りながら、これまで以上に大切の価値を痛切に感じている。傷や失望感を返していくために努力する」と伝えた。

061.gifイ・ビョンホン、「インサイダーたち '名品演技'回復③

③俳優イ・ビョンホンが「非好感」から抜け出すきっかけを用意した。OBS「独特の芸能ニュース」(演出ユン・ギョンチョル、作家パク・ウンギョン・ギムヒョンソン)は議論にもかかわらず、映画「インサイダーたち」を介して再び興行の主人公になった俳優イ・ビョンホンを集中探求した。私生活議論の後、イ・ビョンホンが出演映画は興行惨敗。凍りついた大衆の心を完全にさびれるできなかった。
しかし、当時にもイ・ビョンホンの演技だけは好評を受けた。引き続い映画の興行失敗後も動揺することなく作品活動に邁進したイ・ビョンホンは国内活動だけでなく、ハリウッドでも「ミスコンダクト」など、着実に作品活動をして、様々な変身を図っている。
同様に、世界的な俳優たちと一緒に映画産業の発展のための活動をして韓国俳優の地位を高めている。映画「インサイダーたち」のイ・ビョンホンは「非常に波乱万丈な、天国まで行って地獄まで下がったような人生を生きている」と自分のキャラクターを紹介した。
その映画「インサイダーたち」を介して成功回復をしたイ・ビョンホン。やはり俳優は演技で言う法、不断の努力が込められた彼の神懸かりの演技力は、大衆に重ねてかぶせられた「非好感」を脱ぐもある程度成功した。
その後、イ・ビョンホンは、大衆の心を完全に戻したのだろうか。ギムデオ記者は"イ・ビョンホンのような場合には、優れた演技力を持っている。不倫スキャンダルが起き、広告でも下車し、また、映画の出演契約もちょっと後回しになるものがあった。今回の映画「インサイダーたち」を介して再び活気を取り戻さないかと思う」と明らかにした。


最後の言葉が、訳がおかしいのか?元文は次のようです。

이번 영화 ‘내부자들’을 통해 다시 한 번 활기를 되찾지 않을까 생각한다“고 밝혔다.

どうですか?

지 않は今ちょうど、勉強しているところ。
否定の表現ではなく、「~~~じゃないですか?~~でしょう。」と訳します。
ということは「取り戻すでしょうか?」では、
書いた人、そう思っているのに、読者の心情を思って、까をつけているのかな?

056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2015-12-16 16:52 | インタービュー | Trackback | Comments(0)

061.gif「シネコリア」

New
035.gif『メモリーズ 追憶の剣」公式

New≪メモリーズ追憶の剣≫Facebook

061.gif予告編は右の関連番組から、ダブルクリックすると大きくなります。

035.gif「LBH ON TOUR 2016」

2/29(月)宮城仙台サンプラザホール  開演12:00~
3/1(火)大阪フェスティバルホール      15:00~
3/2(水))大阪フェスティバルホール     12:00~
3/3(木)東京国際フォーラムA        15:00~
3/4(金)東京国際フォーラムA        12:00~


035.gifポチすると会場の案内に飛びます!参考にしてください。

035.gifご案内

c0023165_2319335.jpg



056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif 


058.gif058.gif058.gif016.gif12/7(月)15:00

皆さん、アンニョン!朝から、アルバムなどをもって、施設に行ってきました。
義母さんは食堂で、お昼を待っていました。
施設の方はだいぶ慣れたようだと言っていましたが、昨晩は
「いつ帰るのか?」としきりに聞いてきたそうです。
義母さんの感覚ではショートステイに来ているような気分だそうです。
友達もできたといっていましたが、
直接聞くと、
「なんも~」
と、強く返してきました。

何時、そこへ来たかもわからず、4日もいることは理解できず、今日来たと思っているようでした。

施設の方に「ここで、暮らすということ理解する日はくのでしょうか?」
と、聞くと
「慣れてきても、いつ帰るのか?」と、最後まで聞いてくる方もいる。という話でした。

なんだか?気落ちして帰りの車に乗りましたが…。
私たちが来たことも、もう、忘れているでしょうね~~。

帰りに、部屋に置く座椅子などを買いに行きました。
どんな感じになるんか?想像ができません。

≪追記≫12/7(日)17:30

<ボックスオフィス>「インサイダーたち」3週目の週末1位...今日500万人を突破

(ソウル=連合ニュース)ホン旗記者=映画「インサイダーたち」が3週目の週末ボックスオフィス1位に上がった。先月19日に公開さ以来18日連続ボックスオフィス1位を維持している 7日映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、「インサイダーたち」は、過去4~6日、全国1千22個のスクリーンで1万5千331回上映され、79万8千892人(売上高シェア45.6%)の観客を集めた。
累積観客数は過去6日まで495万882人に達し、同日午前500万人突破が確実視されている。

映画は、この日、500万人を超えると青少年観覧不可映画の中で歴代最短期間500万人突破の記録を樹立することになる。 また、歴代11月に公開された韓国映画の中で最短の期間観客500万人突破の記録も更新する見通しである。
映画は、私たちの社会を動かすインサイダーの不正と義理、裏切りを盛り込んだ犯罪ドラマだ。ユン・テホウェブトゥーン作家の漫画を原作にして、イ・ビョンホン・チョ・スンウ・ペク・ユンシクなどの線の太い俳優たちが演技対決を繰り広げた。
ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」(白鯨・Moby - Dick)にインスピレーションを与えたエセックス号の凄絶た遭難記録を原作にした映画「ハート・オブ・ザ・シー」は、先週末の三日間29万2千584人(17.6%)を引いた。全国524スクリーンで7千458回上映された。 映画は、ドリフトと呼ばれる極限状況の中で、人間の心理の微妙な変化や葛藤、生存を脅かす渇きと空腹、生きようとする意志の衝突、餓死寸前に置か仲間の人肉を食べるした過程を描いた。 また、大型の白いクジラが生きて動く姿や、19世紀最悪の海洋災害と呼ばれるエセックス号の沈没を圧倒的なスケールで鮮やかにして激しくスクリーンに収めた。 クリス・ヘムズワースがエセックス号の一等航海士オーウェンチェイス役を引き受けた。
熊野(驅魔・悪魔払い)儀式という独特の素材で、11月に公開された韓国映画の中で初めて観客500万人を突破した「黒司祭たち」は、先週末の三日間15万6千725人(8.5%)を集めて興行を続けた。
ユン・ゲサン・ハンイェリ主演の「劇的な一夜」は、同じ期間14万3千630人(8.3%)が観覧した。物理関係で先に開始したが、互いに愛するようになる二人の男女の話を扱ったロマンチックコメディ映画だ。
収拾記者のどたばた取材を描いた「情熱のような音してる」は、週末の三日間、8万3千754人(4.4%)を動員した。パク・ポヨンが収拾記者として、チョン・ジェヨンがマスコミ芸能部長にそれぞれ分した。
メキシコの麻薬組織を掃討するために、米国の国境無法地帯に集まった三人の要員が別の目標に対立する内容を描いた「シカリオ:暗殺者の都市」は4万1千536人(2.3%)、ボクシングの世界チャンピオンが妻を失い、人生の底辺を経験した後、一人娘を取り戻そうと生涯で最も難しい試合に挑戦する物語を描いた「サウスポー」は4万342人(2.1%)、「ハンガーゲーム」シリーズの完結版である「ハンガーゲーム:ザファイナル」は3万8千256人(2.1%)を集めた。
このほか、日本のアニメーションの巨匠細田守監督の新作「怪物の子供「(3万4千205人)と、やはり日本のアニメである「劇場版パワーレンジャートレインフォースVSディーノフォースザ・ムービー」(3万610人)が週末ボックスオフィス10位以内に入った。redflag @ yna。co。KR▶ [現場映像]グムウンバンに斧も強さ"金出せは出せ" ...結末は?▶[ 今日のホット画報]史上最大宝船カリブて発見」揺れる」


私も、映画でも見に行こうかな~~。

「内部者たち」イ・ビョンホン“これが僕です”
10asia |2015年12月06日15時03分
写真=SHOWBOX
「演技では批判する部分がまったくない」。少し過激な表現ではあるが、インターネット上で流れているこの言葉は、たぶん俳優イ・ビョンホンの今を最も正確に指摘した表現だと思う。映画以外の面では浮き沈みがあったものの、イ・ビョンホンは「俳優は結局、演技で語る存在」という事実を映画「内部者たち」を通じて証明した。「内部者たち」のランニングタイムである130分間、この俳優が持った演技的な才能に首が頷かないのは難しい。これは単に「演技が上手かった」という1次元的な意味にとどまらない。今まで見たことのない“ニュータイプ”の悪役を見事に演じて見せたという点で、彼の演技は間違いなく特別だと言える。

―映画が好評を得ている。

イ・ビョンホン:僕も、(チョ)スンウもとても心配した。完成されていないバージョンをマスコミ試写会の前に見た。音響、音楽、画面がまだ完璧に作られていない状態で見たからか、キャラクターの特徴が上手く生きておらず、映画の力も感じられず、ユーモアもあまり面白くなかった。スンウも電話で「兄さん、これ大丈夫かな?」と言っていた(笑) その話を聞いてすべての力が抜けた。でも、マスコミ試写会の時は「え?この映画、とても力強く終わるじゃん?」と思った。スンウも「兄さん、面白いよ?」と言っていた。「王になった男」(2012)の時もそうだった。映画が終わったらリュ・スンリョンから「おい、タバコ吸いに行こう」と言われて出たらリュ・スンリョンが真っ赤になった顔で「いいじゃん!」と言った。「面白かったのか?」と聞いたら、「とてもいいと思う」と言われた。その時もその話を聞いて安心したが、今回もスンウがいいと言ってくれて一心配した。

―マスコミ試写会の時に感じた雰囲気と興行成績は一致する方なのか?

イ・ビョンホン:一致する方だが、今回の「内部者たち」の記者懇談会の時は少し違った。そんな雰囲気が感じられなければならないのに、それが感じられなかった。それでより緊張した。だが、記者懇談会が終った後、配給会社の関係者が記者たちが書いたTwitterの評価を見せてくれた。嘘のように好評だった。その時から気楽になった気がする。

―「今回、イ・ビョンホンが腹を決めて出てきた」という視線が多い。

イ・ビョンホン:「今回の映画は歯を食いしばって演じたように見える」という質問をたびたび受ける。でも、そうすると逆に上手く演じられない。肩に力がたくさん入るからだ。それに、劇中のアン・サング(イ・ビョンホン)はどこかが欠けているような人物なのに、力を入れたらそんな雰囲気を出せない。自由な心の状態になろうと努力した。監督に「アン・サングキャラクターは観客が少し休めるポイントになる人物に作ろう」と提案したのもそのためだ。劇中の人物は全員が頭がよくて、巧みな話術を持っているから緊張を緩めるタイミングがなかった。撮影の時、僕たちの間では「これは体を使うアクション映画ではなく、口のアクション映画だ」と冗談を言ったほどだ(笑)

―アン・サングは信じていた人に裏切られた後、復讐を夢見る人物だ。組織からの裏切りは「甘い人生」(2005)でも経験したことがある。「甘い人生」のソヌ(イ・ビョンホン)とアン・サングのうち、どっちに憐憫をより感じるのか?

イ・ビョンホン:ソヌだ(笑) ソヌは自分がどうして破局に走るのか知らないまま、最後まで走った人物だった。もしかしたら、その理由を探すために最後まで走ったのかもしれない。それで憐憫をより感じる。それから、ソヌは男たちのファンタジーのような人物ではないか。だからか、悪いやつではないかもしれないと思った。ヤクザだが、悪いことはしなさそうなヤクザだと思った。一方、アン・サングはどこかが少し欠けているが、悪いことはたくさん犯したような感じを与える人物だ(一同笑) 現実に足がついているヤクザだからだ。それで、憐憫はソヌにより大きく感じる。でも、人間味はサングが持っていると思う。


―アン・サングはイ・ビョンホンのフィルモグラフィーの中では悪人の位置に置かれる人物だ。本格的に悪役の演じたのは“悪いやつ”を演じた「グッド・バッド・ウィアード」(2008)の時だった。その後に演じた「メモリーズ 追憶の剣」(ついおくのつるぎ/原題:「侠女:刀の記憶」、2014)の悪役ユベクは過去の恋に対する罪悪感により、混乱に落ちて生きる人物だった。今回のアン・サングもそうだし、全員が悪役だが、ある部分では憐憫を感じる悪役だった。

イ・ビョンホン:悪役なのに悪役っぽくない曖昧さを感じたなら、それは僕がそのキャラクターに説得されたからだと思う。僕が説得されていない状況で悪役を演じると、ただそのキャラクターの見た目だけ演じることになる。「グッド・バッド・ウィアード」の悪いやつの場合、絶対悪に近い人物だった。でも、絶対悪を演じるにしても、心の中ではこの人物がどうしてこんな行動を取るのか僕なりの妥当性を感じて出発した。プライドが高く、常識的ではない人物でも、僕だけの妥当性を作って与えると演じる時に気楽だからだ。

―映画でウ・ジャンフン検事を演じたチョ・スンウさんと呼吸がぴったり合っていた。昨日、チョ・スンウさんと夜遅くまでお酒を飲んだと聞いた。映画の中でも、現実でも相性がよく合うようだ。

イ・ビョンホン:この映画を通じてすごく感じたことは「チョ・スンウは本当に素晴らしい俳優だ。本当に演技が上手い俳優だ」ということだ。実は僕はミュージカルにあまり興味がない。それでも一緒に作業することになったパートナーに対する礼儀だと思って、撮影の前にスンウの公演を見に行った。

―どの作品を見たのか?

イ・ビョンホン:「ヘドウィグ」だ。見てとても驚いた。「あんな奴がいたの?」と思った。なぜ皆がチョ・スンウを絶賛するのか分かる気がした。撮影現場でも“やはり”だった。瞬発力がすごい。僕がアドリブをすると、それを受けてすぐに返してくれるから、お互いにやり取りする面白さがあった。この間はミュージカル「ラ・マンチャの男」を見てきた。次の作品も見に行くつもりだ。

―「内部者たち」はイ・ビョンホンにとって人を残した映画でもある。

イ・ビョンホン:その通りだ。実はこの映画が僕にとってどんな意味に残るだろうと考えたことがある。映画自体の意味もあるが、良い友達が一人できたという点で意味が大きい映画だ。

―アン・サングは個性がとてもはっきりした人物だ。アン・サングの中に実際のイ・ビョンホンの姿はどれぐらい溶け込んでいるのか?

イ・ビョンホン:似た点なら早く食べることだ(笑)


―(笑) 片手でラーメンを食べるシーンはとてもリアルだった。哀れな感じにも見えたが。

イ・ビョンホン:とても哀れなシーンだと思った。ラーメンを食べる途中、熱くて吐き出したことはアドリブだが、それが何か哀れに見える。それでもラーメンを買って家に帰るその道がアン・サングにとっては唯一幸せな時間だと思った。実は吐き出したラーメンを再び食べる姿を演じながら、「あ、このシーンは爆笑するだろう」と思った。あまりにも面白くて5回ぐらいNGを出した。でも、撮影現場ではスタッフが誰も笑わなくてぎこちなかった。マスコミ試写会の時も反応があまりなくて残念だった(笑)

―爆笑したシーンはモーテルの全面ガラス張りのトイレシーンだった。「王になった男」では移動式トイレシーンで観客を笑わせて、今回は……(笑)

イ・ビョンホン:ははは。僕は一番原初的な面白さが好きみたい(一同笑) そのシーンは僕が提案した。トイレの壁が全面ガラス張りでできていたら面白いだろうと思った。でも、撮影現場に行ったら、半分だけガラスになっていた。「僕が思ったのは全面ガラス張りだったのに……」と言ったら、スタッフたちが全面ガラス張りの作業を再び始めた。全面ガラス張りが完成するまで4時間ぐらいかかってその間、僕の中では負担が徐々に大きくなった。僕のせいでみんな苦労しているのに面白くなかったらどうしようと思ったからだ。

―「王になった男」でもそうだし、コミカルな本能があるようだ。

イ・ビョンホン:「王になった男」の場合、台本自体にコミカルな面がたくさん出ていた。それにユーモアを少し加えたケースだ。一方、初めて読んだ「内部者たち」のシナリオではアン・サングはユーモアコードがほとんどない人物だった。復讐することだけ考えている典型的な政治界のごろつきだから面白くなかった。アン・サングキャラクターを少し変えて表現するために撮影現場でかなり悩んだ。

―実は正直に言うと、個人的にウ・ミンホ監督の前作(「破壊された男」「スパイ」)はあまり面白くなかった(笑) それで、映画を見る前まで「内部者たち」に対する疑いを少し持っていた。

イ・ビョンホン:ウ・ミンホ監督の前作は見ていないが、一つの信頼があった。シナリオをとても面白く読んだが、それを書いた人が演出するということだった。だから誰よりもこの感情を上手く表現するだろうと思った。それで前作はどうであれ、その信頼を持ってやってみようと思った。

―公開を控えてエンディングシーンを再撮影して好奇心を生んだ。撮影が終わってから1年ぶりに再撮影するのはとても珍しいことだが、本当の理由が知りたい。

イ・ビョンホン:従来に撮影したエンディングシーンは僕が刑務所から出てくるシーンだった。アン・サングが出てくると、ウ・ジャンフン検事が「おい、ヤクザ!」と迎えて、2人で笑いながら「ご飯でも食べに行こう」と言って終わる。そこには“モヒート”“モルディブ”などはない(笑) だが、エンディングシーンに一つだけCGを使ったが、それが不自然だったようだ。映画の最後を飾るシーンなのにCGが不自然だから再撮影しようという話が出た。再撮影は僕がハリウッド映画「荒野の七人」をちょうど終えた時点だったので、僕の顔は真っ黒に日焼けしていた。人々が歯しか見えないと驚くほどだった(笑) 劇中でウ・ジャンフン検事がアン・サングに「豆ご飯はやはり体にいいんだね。顔がとても……Xっぽい」と言う台詞はスンウのアドリブだ。僕の顔を見てそんなアドリブが自然に出たわけだ(一同笑)


―3時間40分の編集本の出来栄えが良いと聞いた。

イ・ビョンホン:3時間40分の監督版は今よりも残酷なシーンが多い。残酷で怖い映画が好きな僕も怖くて見れなかった(笑) 吐きそうだったが、この映画が上手く行って監督版も出てほしい。キャラクターがより立体的に描かれ、キャラクターを見る楽しさがある。

―フィルモグラフィーを見ると、改めてイ・ビョンホンさんの作品選択に驚く。ジャンルも出演作もとても多彩だ。一方に偏らず幅広く選択してきた。

イ・ビョンホン:ジャンル的な好き嫌いと拒否感は特にない。選択基準はとにかくシナリオが面白いかどうかだ。それを重要視しているからか自分で見ても作品選択の幅が広い。何も考えてないように思われるかもしれない。ある時は白い忍者だったり、武侠アクション映画では空を飛ぶ(笑)

―計画的というよりは勘で選んでいるのか?

イ・ビョンホン:その通り、即興的に選んでいる。

―新たな挑戦への熱望があるのでは?

イ・ビョンホン:斬新で僕の心を響かせる作品だったら理想だと思う。それが最高だと思うが、常に新たなものを求めているわけではない。

―それなら、「内部者たち」はどんな映画なのか?

イ・ビョンホン:実は作品を選択して撮影に入った時は、斬新とは思わなかった。でも周りからの反応は斬新という人が多かった。「どんなきっかけでこのような映画を選んだのか」と疑問に思う人もいた。考えてみたら僕にとって社会の不正を訴える映画は初めてだった。方言の演技も初めてだったし。イメージが壊れる姿を不思議に思う人々もいるが、今まで見れなかったいくつかの姿が加わり、より斬新に思えたのかもしれない。

―イメージが壊れる姿を不思議に思う人々もいると言ったが、以前のイ・ビョンホンさんは気楽にイメージが壊れる俳優だった。なんの作品だったか?“キャンパスの兄さん”のような親近感ある感じもあった……

イ・ビョンホン:あ、ドラマ「明日は愛」(1992)かな?

―そうだ。「明日は愛」(笑)

イ・ビョンホン:ドラマ「ハッピー・トゥギャザー」(1999)では大胆に壊れた。


―その時はむしろ“真剣なイ・ビョンホン”がぎこちなかったかもしれない。

イ・ビョンホン:そうかもしれない。その言葉が当たっているのが「明日は愛」「ハッピー・トゥギャザー」のキャラクターが実際の僕と一番似ている姿だが、そのような僕の性格を知らない方々が「王になった男」や「内部者たち」を見て、「イメージが壊れる映画は負担にならないですか」と質問した。記者からも聞かれた。「あれが僕の姿です」と答えたかったが、「嘘ついてる」と言われるかもしれないので「僕にもあのような面があります」と答える(笑) そんな時は、僕がこれまで真剣で深刻な映画だけに出演していたんだなと思うようになる。

―長い間、身近なキャラクターを演じていなかった。現実にいそうな人物より重みのある人物をたくさん演じたが、その時は男性的な人物に惹かれたのか?

イ・ビョンホン:映画には流行があるようだ。今は「内部者たち」のような社会の不正を訴えるシナリオが多い。そのため、僕に提案するシナリオもそうような作品が増えるしかない。違うジャンルをしたくても選択の余地がない状況が生じるのだ。恋愛映画、コメディ映画、アクション映画からそれぞれオファーされたら選択の幅が広くなるが、現実はそうではない。その時代を占領する映画たちがあるわけだ。残念な点でもある。

―2009年の「G.I.ジョー」を通じてハリウッドに進出した。以後、韓国とアメリカを行き来して活動している。

イ・ビョンホン:順番を選ぶなら、韓国が先だ。ハリウッドは僕にとっては付随的な贈り物ようなものだ。依然としてたくさんの課題が残っている。演技を外国の俳優たちと同等な立場でするのではなく、あるハンディキャップを持っているのだから。例えば「僕がこの感情をどう表現すれば、観客を説得することができるだろう」を深く研究するのではなく、「今僕の発音どうだったのかな」のような1次元的なことを考える時がしばしばある。だから、相手俳優が心の中で「おい、お前は英語の勉強でもしてこい」と思ったらどうしようと心配する時もある。そのような恥ずかしさがあるので、当然、限界も感じる。

―限界とは言ったが、素晴らしい作品にたくさん出演している。ハリウッドでの地位の変化を感じているのでは?

イ・ビョンホン:希望的なのは、来年公開される「ミス・コンダクト」「荒野の7人」で、あえてアジア人が演じなくてもいいキャラクターを僕が演じたという点だ。アル・パチーノと共演できたこともそうだし、彼は僕にとってアイドルだ。今、オファーされるシナリオもアジア人が演じなくてもいいキャラクターであるのを見ると、今は彼らが“アジア人イ・ビョンホン”を見ているのではなく、“俳優イ・ビョンホン”として見ているんだと思う。その点では本当に励まされる。

―共感する。韓国の俳優たちがアメリカに進出する際、少し残念に思ったことがある。演技派俳優たちもハリウッドに行くとアクション俳優になる場合が多かったので。例外もあるが。

イ・ビョンホン:でも、アクションをするからといって悪いとは言えない。アメリカではアクション俳優を最高に評価してくれる。トム・クルーズもアクション俳優だ。「007 スペクター」のダニエル・クレイグもアクション俳優だ。


―その点においては幅広く受け入れている(笑) 今後、ハリウッドでの計画はないのか?

イ・ビョンホン:まだ確定していないが、来年は韓国映画を1~2本、ハリウッド映画を1~2本ぐらいやると思う。今シナリオを読んでいる作品があるが、時間が合わずに残念な時が多い。ハリウッドではまだ「僕は他の撮影があるので撮影を1ヶ月だけ延期してもらえますか?」とは言えないからだ(笑) 韓国は柔軟性や人間関係の情、そして僕の経歴があるので話を聞いてくれることもあるが、ハリウッドではまだ一言も言えない(一同笑)

―イ・ビョンホンさんの映画を一度も見たことのない人に作品3つを勧めるとしたら。

イ・ビョンホン:えーと、「甘い人生」「悪魔を見た」「王になった男」だ。

―キム・ジウン監督の映画が2つも入っている(笑)

イ・ビョンホン:俳優たちは何故か自分の昔の姿を見せるのを恥ずかしがる。映画的に評価すると「JSA」(2000)を一番見てほしい。とても素敵な映画だからだ。でも、自分の演技はあまり見せたくない。恥ずかしいと思うより自分が上手く演じた作品を見てほしいのだ。

―「悪魔を見た」の場合は観客の好き嫌いが激しかった映画だ。お勧めしたい理由はあるのか?

イ・ビョンホン:個人的にとても好きな映画だ。ちなみに、アメリカ人の中では「悪魔を見た」が好きだと言う人が凄く多い。彼らの話によると、次のストーリーの展開が予想できないと言う。予測不可の映画だと。相手を半殺しした後に放して、再び半殺しした後に放すというプロットにとても驚いていた。

―「内部者たち」の公開を迎えて、一番気になったのがマスコミのインタビューだっと思う。このインタビューが最後だが、3日間のインタビューはどうだったのか? 思ったより大変だったかもしれないし、それなりに考えを整理する時間になったかもしれない。

イ・ビョンホン:第一歩が一番難しいと思う。理由はどうであれ、この映画を撮影した俳優として自分の義務はすべて果たそうと思い、インタビューに応じた。このように向き合って話していたら、気分が……少し楽になった。そんな気がする。


056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2015-12-07 14:30 | インタービュー | Trackback | Comments(0)

061.gif「シネコリア」

New
035.gif『メモリーズ 追憶の剣」公式

New≪メモリーズ追憶の剣≫Facebook

061.gif予告編は右の関連番組から、ダブルクリックすると大きくなります。

035.gif「LBH ON TOUR 2016」

2/29(月)宮城仙台サンプラザホール  開演12:00~
3/1(火)大阪フェスティバルホール      15:00~
3/2(水))大阪フェスティバルホール     12:00~
3/3(木)東京国際フォーラムA        15:00~
3/4(金)東京国際フォーラムA        12:00~


035.gifポチすると会場の案内に飛びます!参考にしてください。

035.gifご案内

c0023165_2319335.jpg



056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif 

≪追記≫12/6(日)16:40

056.gifオープントークシューの様子です。






058.gif☁☁041.gif12/6(日)11:15

皆さん、アンニョン!
今日も朝から、寒いですが・・。まだ、序の口です。いつもより寒く感じるのは私が年をとったからでしょうか?
旦那さんはいつも、犬の散歩の前に義母さんを起こしていたのですが、今日も、声をかけそうになったといっていました。

いとこさんからは電話があり、義母さんが施設に入ったことを報告。これで、親戚中に広まります。
まあ~~、皆さん、理解をしてくれると思いますが…。

明日は、また、様子を見に行きます。どんな思い出のものを持っていったらよいか?思案中です。

ネタバレに~~、と言いながら、やっぱり知りたい!

[キム・ジスの人からステラ]名品俳優イ・ビョンホン、糞のオーラに大当たりをからのトイレ
記事入力2015.12.05午後9:36 最終的な修正2015.12.06午前9:44 記事原文 コメント 19

開封14日目に400万観客を突破した映画「インサイダーたち」でイ・ビョンホンは、大企業の秘密資金情報を流したがひどいリンチを受け、復讐を計画する政治チンピラアンサングを演じた./写真=キム渤海

イ・ビョンホンは糞と切っても切れない関係だ。イ・ビョンホンは、危機の瞬間ごとに糞のおかげで起死回生し、糞のオーラに大ヒットした。政治、マスコミ、財界の醜い欲望が一団となってラフ帰る映画「インサイダーたち」で最も笑いが飛び出る部分はイ・ビョンホンが透明なガラスでできたラブホテルのトイレでチョ・スンウを横に置いて糞を包む場面である。

彼のお尻を揺らしながら及び腰たわごとを米とき、初めて観客はイ・ビョンホンに抱いていた苗の警戒心を解き、「モヒート行っモルディブや飲むか?」という映画終盤の漫才に抱腹絶倒する感情的な準備を整えることになる。恥もなく、すべてが欲望のトンオジュムを包んであげつけて堕落していくが、映画では、イ・ビョンホンの「純粋な」糞、率直な排泄がチョ・スンウとのブロマンスにドライブをかけて、最終的には俳優イ・ビョンホンを救うことになったのだ。

ハリウッド進出に期待感は精一杯高まったが、これといった国内興行作が発光しなかった2012年、彼に最初の万映画の栄誉を抱かた」鉱害、王になった男」も同様。広大下船に血の宮殿で、劇中の賃金を延期していた彼がメファトゥルという賃金ポータブルトイレで涼しく試合糞を包んだ。"ママ!削減ハオプニダ「喜色し、今後の女官たちに向かって、 "!!! おお...かなと!!!」と叫ぶ場面は、この階級のパラドックス極で、千万を予測する笑いをプレゼントする。

イ・ビョンホンは英語で演技でハリウッド俳優である前に韓国の俳優と呼ばれる奇妙な自負心と一緒に。

排泄の始祖としてイ・ビョンホンの糞は、2000年の「共同警備区域JSA」にさかのぼる。南北の緊張が極に達した非武装地帯でやっぱり糞をダル離脱された彼は慌て台地雷を踏んで、北朝鮮軍と向き合っクチナシ「そのまま行けばどうする?」と泣き虫を決めた。その事件をきっかけに銃をはってヌドン、南北の兵士たちは、チョコパイを分けて食べ、キム・グァンソクの歌を共有し、イ・ビョンホンは、TVだけでなく、映画界でも認められる「興行俳優 'で再誕生した。

糞とイ・ビョンホンはいったいどんな関係があるのだろうか?アリストテレスの「詩学」を持ち出すでなくても、恐怖に勝つ笑い、権威を打破する馬鹿な逸脱で、イ・ビョンホンだけの素朴な「カタルシス」を抱か学ぶ珍しい。観客はまさにその点で俳優イ・ビョンホンに反する。身動きできない状況で糞や安く、恐怖隠れていた彼は、恐怖を勝ち平凡な英雄に生まれ変わるとき、大衆は自分の旧態依然な人生にかすかに宿る希望を見る。

そう彼は誤っている人間であると同時に危険を甘受する男だ。弱い臆病であると同時にスペクタクルな英雄である。通常人同時に偉大な職業である。驚くべきことに前者と後者の時差が大きくないということである。そのよう破格スキャンダルにもかかわらず、憎めない俳優、イ・ビョンホンに会った。まだ大衆の前に立つたびに、頭をジョアリヌン、心の中に反省文百枚を書いても足りない過去の非行のようなイ・ビョンホン。

雨がしとしととの秋の夜だったので、なおさらモルディブに行ってモヒートや飲むしたくなる日だった。


「甘い人生」「良い奴、悪い奴、変な奴」などで、アジアのジェームズ・ディーンの異名を得たイ・ビョンホン./写真=キム渤海

- 「インサイダーたち」で旅館ガラス張りのトイレでうんちを包むのはあなたのアイデアでしたか?

「はい。一部屋の笑いのために死力を尽くしました。 "

- 複数の夢見る政治ギャングを演じながら、どのようにユーモアを混合思いをしました?

「タイトな事件の間に笑うことができるコンマが必要でした。犬のように複数を夢見る映画が、私も楽しく試合遊んたかったしましょう​​か。」

- 手が切られた気分はどうでしたか?

「右手を書くことができない窮屈だったが、それを利用して笑わせることができて、また良かったです。偽手が剣に写るシーンや片手でラーメンを食べながらオヅバンジョン震える場面は私一人でくすくすつけて笑いました。 "

- 外見がますますハリウッド的に変わっています。

「クウェンながらセン感じが覚める望みました。オミンホ監督は「ケープピア」のロバート・デ・ニーロのように流す要求したんです。長い髪、パーマ、タトゥー、義手...身体の変形が大きかった。」

- 完璧主義俳優チョ・スンウがあなたを実兄のように考えてね。

「現場でアドリブが飛んで通いました。信頼が強大ました。一方、ペク・ユンシク先輩はいつも予期しない意外なリアクションをしてすばらしくまた困り果てました(笑)。」

- あなたが考えるのハイライトは、どんなシーンですか?

"チョ・スンウとペク・ユンシク先輩が取調室で会った戦いをする場面が圧巻です。"

- ハリウッド作品である「ミスコンダクト」で一緒にしたデンゼル・ワシントンとアル・パチーノに比肩するだけですか?

「英語演技は私を評価することは困難です。ちょうど表情と瞬発力に感心しました。アル・パチーノは70代半ばにも演技の情熱が熱かった。低予算映画なのにリハーサルをしっかりとしてたいと、ニューオーリンズの劇場を借りて行うほどでしたね。」


声、肉体、表情などの演技の基本技が強いイ・ビョンホン./写真=キム渤海

- アル・パチーノと「ゴッドファーザーの話を交わしましたか?

「もちろんです。フランシス・フォード・コッポラは若いアル・パチーノをせきたてた形です。シチリア結婚式のシーンでイタリア言えない彼に話をしながら移動とか、ワルツを釘踊る彼に回りながら踊っとしたんです。車に乗って山へ行くようにした時は、また、運転免許証がありませんでしたそうです。アル・パチーノが監督に「なぜ何もない日キャスティングたのか?」と応じたとして笑いました。 "

- 今は大物になったアル・パチーノと共演した感想はいかがですか?

「初めてにしたフレームにかかったときに息も妨げられ、言葉も詰まっています。静けさの中で冷や汗だけ流しているが、彼は腹話術で求めていた "大丈夫。引き続き。間違っても続けて。」その瞬間、韓国での過去が走馬灯のように擦れ過ぎ去りました。

新人がNG出すとき、見ているだけいなく、その前に冗談でも一言してくれるんだな...韓国で私の有名俳優が、ハリウッドでは、最も小さいトレーラーに乗るの言語ハンディキャップを持つ東洋俳優です。そう、他の現場に私を投げておいて新人の焦りを感じて生き生きと生きていきます。」

- ハリウッドで「ミスコンダクト」「荒野の7人」などの作品が次々と大気中にありますよね。もしアカデミー賞にノミネートされる夢も梱包か?

「とんでもありません。ハリウッド撮影現場で、英語で演じた後、同僚俳優たちに発音やポーズがぎこちないしていないかどうかムルオブワヨ。そんな時自己恥辱感が押し寄せます。プロの間で幼稚園児にいるような感じと言えよう。時には「私は今ここで何をしているか?この時間に、より良い韓国映画を取らなければならないか?」自責もなります。今のところ運良くアクションや表情演技できた。ウディ・アレンのスタイルの映画であれば、難しかったでしょう。」

- どうせあなたは規模が大きい映画に合います。韓国でもミニマルなホン・サンス監督の映画には出演したことないですよね?

「出演ミーティングをしたことあります(笑)。私はホン監督映画の主人公が「チジル「監督や作家だから好きです。 "

- 「共同警備区域JSA」が先日、再開封しました。15年前「JSA」のコラボレーションがなければ、今のパク・チャヌク監督と俳優イ・ビョンホンの人生も変わったでしょう。二人とも映画界でキャスティングアウト直前に、商業的証明が切実な時だったから。

「先日、パク・チャヌク監督に文字が来た。「JSAリスマトリングしている。その後も感じたが、今振り返ってみると、あなたどれだけうまくしたか、どのように大切な存在なのかを改めて実感した」ですって。「共同警備区域JSA」を経験しながら監督は、俳優がシナリオで見ることができなかった驚異的な世界を創造するということ知っていた。 "


イ・ビョンホンの目は水気に輝い./写真=キム渤海

- 板門店でレイバンのサングラスを身に着けて防いサザンシーンはまだ覚えています。現実の状況を深くスペクタクルに再現するという点で、パク・チャヌクとイ・ビョンホンは、同じ映画の遺伝子を持って生まれたようと思います。最近の交流がありましたか?

「先日、朴監督にロシアでドア閉め昔のガソリンスタンドを撮った写真な点を受けました。本家に歩いておいたが、確かにうすらぞくぞくして奇妙な写真です(笑)。「雪国列車」を製作する時、ヨーロッパを回りながら撮影した写真とか(笑)。」

- いざハリウッドに行く翼をつけてくれた人はキム・ジウン監督です。「甘い人生」や「悪魔を見た。」「良い奴、悪い奴、変な奴」を見て、ハリウッド関係者たちは、アジアのジェームズ・ディーンを発見したようでしたね。

「外国の観客は、特に「悪魔を見た」に歓呼しました。「悪魔」は、一種のゴアムービーだったので、韓国の劇場では、恐怖に震える雰囲気が支配的だった。ところが、サンダンス観客はまるでお祭りを楽しむように拍手口笛を吹くね。ハリウッド監督は「悪魔」のラストシーンをテーマに特別講義もします。ひどい複数が終わった後、私はその虚しさにひざまずいて嗚咽する場面に熱狂ハミョンソヨ。 "

- 「インサイダーたち」には、その虚無の情緒がないでしょう。複数の味はホットで、暴力の水位もかなりかなり高かった。それだけ興行に圧迫を受けたんですか?

「むしろ興行期待レベルをたくさん合わせました。50万で4万程度要する。私の好きな​​3時間40分の編集本では、手首が切られる場面をプルシャッ俯瞰的に保持するサウンドもリアルました "

- 「ヒョプニョ」が興行に失敗したことがイ・ビョンホンだという自責はありますか?

「まだあまりにも罪に思っ体の両方バーしれません。「ヒョプニョ」シナリオを見ながら、私はこの映画がひどい愛の物語だと思いました。現場でワイヤーつけて空中に持ち上げられた後に、「ああ!これはパラディンだったよ」という自覚が聞いた。2001年「ワホジャンニョン」が公開した時代には、試合が良かったですね。「空中浮揚」と一緒に「狭」や「の」が受け入れられる情緒でした。今は時代が変わったのです。

- 「インサイダーたち」で義理は裏切りに先立つ実用的仮説に過ぎません。繰り返し登場する暴力がレンガに後頭部を打つことがでした。

「自分の生存に汲々して義理はこれっぽっちもありません(笑)。苦いしかし、だからこそ、現実の話のようでもよ。」

- 最近の気持ちはいかがですか?

「まだ一寸先がわからない。私は空想に濡れている時が多いです。好奇心が多く、とんでもない人です。それが私の演技の原動力です。説明する困り果てが、今はどこに立ってどのように行動すべきかよく分からない。」


イ・ビョンホンは、ますますスペクタクルになっており、それだけで俳優の個人のことではない。シエナ・ミラーとチャニング・テイタムなど「GIジョー」チームが訪韓した時も、彼は清潭洞トライベッカを丸ごと借りて、夜遅くまでパーティーを開いて韓国の俳優たちのハリウッドのプロデューサーに紹介した./写真=キム渤海

- 「そう生きなければならない」という固定観念があなたの創造性を抑圧すると感じていますか?

「仮に「結婚すると変わるだろう」「子供ができればもう一回人生変わり "このような預言的パターンが私を制限する感じがあります。もちろん経験見ると、その人生恍惚幸せなことは明らかです。しかし、大衆芸術をする人に、私はより自由に想像力を伸ばしていくことができる私だけのひげ根と先を守りたい。

- 赤ちゃんはどうですか?

「試写会終わって午前3時に入っても6時には目が覚めますよ。赤ちゃんラン遊ぶために要する。レタスを取れば、午後にまた育つように、赤ちゃんも毎日少しずつ成長する。赤ちゃんが生まれた後、別の世界を生きている。私は離乳食を食べであり、高濃度の育児をしていますよね(笑)。」

- 息子が生まれたらトレーラーに乗ってアメリカ西部横断をしたいました?

「その夢は変わりません。子供が来ジャラギル待っています。

- 模範的住みたいと思う欲望と離脱しようとする欲望。ほとんど一方を選択して生きるために、あなたは、両家的感情を私にそのまま抱いていますね。現実を映画のように生きるかのように見える時もあって。

「フィット。第中いつも2つのルールが競合している。従って誰か?という現実的な問いに答えるのは、本当に困ります。」

- 多分その矛盾のためにイ・ビョンホンという顕著な俳優が出てきたないかもしれない。「甘い人生」を見てください。自分の人生がなぜノワールなったのか、偶然にこのような運命のいたずらで遊んでいるせるかどうか、一体知ることができないという、その表情自体があまりにも一時的に感じられました。

「私はまだ私が「甘い人生」で、なぜそのようにやられたか分からない。映画を通してキム・ジウン監督もよく分からないようですね。なぜ真冬に肉の塊のように逆に毎月と袋叩きを迎え、地に生き埋めにされる状況に至ったのでしょう?」

- あなたが上司に侮辱感を与えたじゃないですか(笑)?とにかく「悪魔を見た」や「奴奴奴」までの経験で分かる、キム・ジウン監督の善悪の基準はいつもあいまいです。特に複数の理由が不透明して俳優が映画の文脈を種キャッチすることができなく落胆させる(笑)。

「はい。しかし、現場編集本を見ると、シーンが増えフォーマて、再び元気出してことになります(笑)。」

罰に近い物理威容と、それに順応する表情の役割で鍛えられたイ・ビョンホン。イ・ビョンホンの表情はとても詩的である。イ・ビョンホンの表情が映画の中心に入って、光と闇を引裂いたら、すぐに「運命のいたずら」に踊らされるノワールの巨大な化学反応が起こる。

キム・ジウン監督は語った。"イ・ビョンホンの表情は一つの発見です。女性と偶然目があうとき、心が奪われるとき、取り除か揺れるとき、それが原因で破滅していくとき、馬鹿で冷静かつ繊細なニュアンス...。イ・ビョンホンは、暴力的な映画でさえメロドラマチックに作成します。」

トラアンホン監督の「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」に一緒に出演したジョシュ・ハートネットは、イ・ビョンホンを初めて会った瞬間について話しました。

"イ・ビョンホンを初めて見たのは「甘い人生」でだった。その映画の中で、彼は本当にアクセルラントた。その中には静寂があります。静かな強烈です。トレーラーでその映画を見た本当に興奮になりました。ああ、私はこのような素敵な俳優と撮影できるなんて!イ・ビョンホンは、私にアランドロンを連想クランク。彼はとてもハンサムカリスマものです。だから、改善のこともあり、アクハルもありますが、まさにその点が彼の危険にするのです。ギャング映画にイ・ビョンホンがよくキャスティングされている理由であると思います。アランドロンもそうですよ。」


幼い頃イ・ビョンホンは、父と一緒にアランドロン、ジャンバッグのような俳優が出てくる映画を見て大きかった。フェンスについているポスターに魅了さで一人で「ナジャリノ ''パピヨン」を見ながら、彼は映画の夢を育てた。/写真=キム・渤海

- 主演男優賞は数回受けましたか

"5番に覚えている。最近では「悪魔を見た」と「光害」にしました。 "

- 韓国の監督なら誰もがイ・ビョンホンという俳優に欲があるでしょう?

「まだできず、本の方が多いです。「ベテラン」のリュ・スンワン監督しても必要があり、「雪国列車」のポン・ジュノ監督の映画もやってみたいと思います。ボン監督が海外で作れば、英語で演技しても、外国の俳優たちと自信を持って試合ついて見ることができあると思います(笑)。」

- あなたを見ればマット・デイモンが思い出されます。最悪の状況でも突破口を探してユーモアを失わない「マション」のマット・デイモンのです。

「私もマット・デイモンのように火星版「キャストアウェイ」に出演したいと思い。そこでの生活がとても面白くて戻って来たくないかが心配ですが(笑)。」

- ロマンチックな楽天的な性格は父に受け継いか?

「はい。亡くなるまで私の父は映画「人生は美しい」に出てくるような父のようだった。映画狂がられました。ハリウッドチャイニーズシアター前のスターロードで拇印を撮る誇らしいシーンをお見せしたかった。

- あなた次回誰拇印を撮ったか?

「ジェームズ・キャメロン監督と女優のヘレン・ミレンでした。」

- 生きるのが夢のように感じていますか?

「まだすべてが夢のようです。良いことでも、良くないことでも、すべて夢のようです。 "

[キム・ジス大衆文化専門記者kimjisu@chosunbiz.com]


BHさんの作品がこういうつながりで語られるとは…。
でも、BHさんのインタビューはBHさんらしい~~。いつもの彼ですね~~。

060.gif「韓国ラジオ番組」

すべて韓国語ですが、BHさんの名前が沢山出てきます。それだけ、楽しんでください。

056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2015-12-06 11:05 | インタービュー | Trackback | Comments(0)

061.gif「シネコリア」

New
035.gif『メモリーズ 追憶の剣」公式

New≪メモリーズ追憶の剣≫Facebook

061.gif予告編は右の関連番組から、ダブルクリックすると大きくなります。

035.gif「LBH ON TOUR 2016」

2/29(月)宮城仙台サンプラザホール  開演12:00~
3/1(火)大阪フェスティバルホール      15:00~
3/2(水))大阪フェスティバルホール     12:00~
3/3(木)東京国際フォーラムA        15:00~
3/4(金)東京国際フォーラムA        12:00~


035.gifポチすると会場の案内に飛びます!参考にしてください。

NEW
035.gif『2016カレンダー』写真を募集します!
詳しくはこちらをポチ!

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif 

≪追記≫

イ・ミンジョン、夫イ・ビョンホンの映画『内部者たち』VIP試写会とコンパに参加
2015/11/18(Wed) 22:20

[写真:innolife&イ・ミンジョンのInstagram]

女優イ・ミンジョンが久しぶりに対外活動をして話題になっている。

出産後、育児に専念してきたイ・ミンジョンは、夫イ・ビョンホンが出演した映画『内部者たち』VIP試写会に参加した。イ・ミンジョンは今月16日、ソウルCOEXメガボックスで開かれた映画『内部者たち』VIP試写会後に行われたコンパ席に参加し、イ・ビョンホンの仲間とあいさつするなど有意義な時間を過ごした。

『内部者たち』は、大韓民国を牛耳る権力者に裏切られた政治やくざが検事と手を握って復讐するストーリー。イ・ビョンホンが政治やくざで、チョ・スンウが検事を演じた。『内部者たち』メディア試写及び一般試写会で好評を博し、11月の期待作に数えられている。

当初、イ・ミンジョンは『内部者たち』VIP試写会に参加しないことが知られていた。今年3月に第1子男児を出産した後、育児に専念してきた彼女が『内部者たち』VIP試写会に姿を現わした場合、願わないスポットライトを浴びることを憂慮したよう。

一方、イ・ミンジョンは静かにVIP試写会コンパ会場に訪れてイ・ビョンホンの内助に専念したという。


058.gif☁☁016.gif11/19(木)11:10

昨日から、旦那さんはドタバタしています。なぜかというと、義母さんの入る予定の介護付き老人ホームの空きが出たという連絡が入ったからです。

早速、義母さんを連れて施設の見学に行きました。
そこは、もともとは義母さんの実家の敷地でした。実家の跡取りが始めた施設です。今は、違いますが…。

施設に入ってもらうことを旦那さんはどうやって、お母さんに納得してもらうのでしょうか?
行と帰りの車の中で
「何処へ行くの?」
「どこどこだよ!」
この会話をつくまで続けて、・・・・。
着いたときは一応、
「ここは、母さんがこれからはいるところ?」
というところまで、こぎつけたようです。
施設から、見る景色を見て、
「見覚えがある~~。」と言っていたそうです。
しかし、帰りの車の中ではもう、どこかへ行ってきたことさえ覚えていません。
ついでに実家のお墓参りに行きたいと、常々、言っていたのでお寺に連れて行ったそうですが・・・・。
お墓の場所がわからず、義母さん、覚えてないようで、
「もう、寒いから帰ろう!」と言われて帰ってきたそうです。

旦那さんの出した結論は、どんなに説明をしても忘れてしまうから、意味がない!
ということで、いろいろ手続きをして、早ければ12月から入ることになるのかな?

下のインタビュー、私は所見ですが…。遅くなったので、もう、皆さん知っているでしょうね~~。

イ・ビョンホン [SPECIAL INTERVIEW]

c0023165_10512228.jpg

c0023165_10522551.jpg

c0023165_10532484.jpg



イ・ビョンホンが、来年2016年2月29日(月)より、宮城、大阪、東京にて2年ぶりとなる単独公演『LBH ON TOUR 2016』を開催する。先日、多忙の合間を縫って来日した彼が、日本のファンへの思いや同公演への意気込みをたっぷりと語ってくれた。

日本のファンとの絆をさらに深める公演に

韓国内のドラマ、映画での活躍はもちろん、2009年の『G.I.ジョー』以降、『G.I.ジョー バック2リベンジ』(2013)、『REDリターンズ』(2013)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)と、ハリウッド大作映画に続々と出演。韓国のトップ俳優としてのみならず、国際的スターとしても確固たる地位を築いているイ・ビョンホン。つい先頃まで、来年公開予定のハリウッド映画『荒野の7人』の撮影で渡米していた彼だが、来年日本で単独公演を行うことが決まり、その打ち合わせのため、久しぶりに来日を果たし、SPICEのインタビュー取材にも快く応じてくれた。

―― 『LHB ON TOUR 2014』から、約2年ぶりとなる単独公演の開催が決まりましたね。久しぶりに日本のファンとの交流となりますが、現在の心境はいかがですか?

約2年ぶりの公演になってしまいました。公演とか、作品でなくても、もっと頻繁に、友人のような気軽さでお会いしたいと思っていたのですが、やはり作品活動を続けていると、そう自分の思い通りにはいかないですね。でも、その2年という過ぎた時間があったからこそ、その間に募る思いもありますから、とてもワクワクしていますし、期待しています。

―― ビョンホンさんにとって、日本のファンのために単独公演をする意味とは?

初めて日本のファンに会った時は、シンプルに言うと「数ある外国の中のひとつの国にいる、新たな僕のファン」という印象でした。でも今は正直に言って、韓国のファンと同様に、長く親交を深めてきた親友のような感じです。日本は韓国と変わらない温かさを感じる国だと思っています。先日までアメリカの、ルイジアナの田舎で撮影していたのですが、そういう時でも、ふと日本のファンの皆さんのことを考えると、温かい気持ちになりました。日本は、辛いことも嬉しいことも一緒にやってきた、そういう人たちがいる場所というイメージなんです。

―― 昨年開催した『LBH ON TOUR 2014』で印象に残っているエピソードはありますか?

前回のツアーでは、それまで一度も訪問したことがなかった仙台で公演を行いました。東北地方では本当に大変なことがあって、ずっと胸を痛めていたのです。そのことで以前から行きたいと思っていましたので、そこで僕のファンの皆さんと交流できたことは一番の思い出として残っています。前回の公演のコンセプトは、ファンの皆さんをより近くに感じながら、ファンの皆さんも一緒に楽しんで参加していただくという、そんなイメージで作りました。その結果、見た目の距離以上に、心の距離も縮まった公演になったという印象がとてもありますね。

―― 有名人の扮装をしたり…

そうでしたね(笑)。あれは、ちょっとしたパロディというか。(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の)ジャック・スパロウや(映画『男はつらいよ』の)寅さん、ブルース・リー風の恰好もしてみましたが、それらも今考えると、とても面白かったですね。もちろんファンの皆さんには楽しんでいただけたと思いますけども、僕自身も役者として演じることによって、楽しい経験ができたなと思っています。

――ファンの皆さんを楽しませようとする、ビョンホンさんの思いが感じられました。また、新たな一面を見ることもできました。来年の公演でも、前回同様に、どんなものを見せてくれるのかが気になります。

今まさに、ミーティングが始まったところです。スタッフと色んなアイディアを出し合いながら、どういうコンセプトで行くべきか意見交換をしています。現時点で言えるのは……この11月で、ファンクラブができてから10周年になります。僕と日本の皆さんが知り合い、友情を深めるようになって10年が経ったという非常に意味深い年なんです。この10年を通して、僕と日本のファンの皆さんとの間には本当に色んなことがありました。今回の公演では、それらのことを回想する良い機会にもなるんじゃないかなという予感が漠然とあります。


(撮影:高橋将志)

――ミーティングでは、ビョンホンさんが積極的にアイディアを出されるのですか?

今回の公演のような際には、まず演出家がある程度、基本的な構成、大枠の提案を出してきます。その後、個々の内容や細部について、僕から、「こうしたほうがいいんじゃないですか」「こうしたことをやりたいんですけど」と、アイディアをたくさん出していきます。通常のミュージカル公演や演劇公演ではなく、あくまでファンの皆さんのためのイベントですから、観客の皆さんは当然僕を見に来ますよね。だから、僕がやりたいことや、日本のファンの皆さんに伝えたいことを、公演の中でしっかり見せてゆかないといけないと思うんです。そのために、僕は出来る限り演出家とのミーティングやスタッフ会議を重ねて、色んなアイディアを出し、僕がやってみたいと思うことを積極的に伝えるように心がけています。

――そうなんですね。まだミーティングが始まったばかりではありますが、すでに提案されていることはありますか?

実は今回、何かに挑戦する、もしくは新しい僕の一面を見せようということは正直言って、現時点ではあまり考えていません。ただ漠然と、こうなればいいなと思っているのは、今回の公演を、「10年20年と、長年の間、親友として築いて来た友人同士のような集まり」にしたいなと。長年の友人って、集まると最近の話もしますけど、「そういえば、おまえ昔はこうだったよな」「5年前、こういうことがあったよな」「昔こんなことがあったけど、実は俺、あの時こうだったんだ」みたいな昔話を語らいますよね。日々の暮らしに忙殺され記憶の彼方に追いやられたあれこれを、昔のアルバムを眺めてお喋りしながら思い出し、時には笑いも交えながらお互いの友情を確認できる……そんな機会になればいいなと思っています。

――ということは、日本のファンがビョンホンさんを知るきっかけとなったドラマを振り返るようなコーナーもあるとか?

もちろんあると思います。それは欠かせないことですから。まだミーティングを始めたばかりですけど、その話はすでに出ていますね。

――歌ももちろん披露されますよね?ファンの皆さんは期待されていると思います。

おそらく…(笑)。これまで色んなファン・ミーティングを重ねてきて、演出家やスタッフと意見交換する中で、意見が違ったりすると、いつも説得されるのは僕のほうでした(笑)。歌についても、僕が最終的に説得されて、「では、わかりました、歌もやりましょう」と。「本当にやるべきなのかな?」って内心で思うことも何度かありましたけど、実際にやってみると、自分が考えているよりも、想像以上にファンの皆さんの反応が良かったんです。だから、僕がいいなと思うことと、ファンの皆さんがいいなと思うことは意外と違うものだなと。ということは、今回もこの後の話し合いの中で、意外な挑戦をすることになるかもしれません。

――ファンの皆さんにビョンホンさんが逆質問するコーナーは前回大好評だったので、あういう企画もまたあるといいかなと思います。

そうですね。反応がすごく良かったんですよね。ファンの皆さんの考えや意見を直接聞くことができて、僕自身も非常に満足度が高かったというか、楽しかったです。これからどういう方向で進めるかを詰めていくのですが、あのような、ファンの皆さんと近くなれるような企画は引き続き取り入れていきたいです。

――今回は宮城、大阪、東京と3カ所での公演になりますが、公演先で楽しみにしていることは何かありますか?

公演を行う際に最も期待していることは何かといえば、会場にいらっしゃってくださるファンの皆さんとの出会い、それだけです。それ以上のことはないですね。ただ、敢えてそれ以外でいえば……その土地ごとのご当地グルメとか、ですかね? そうですね、けっこう自分から「この土地ではどんな食べ物が有名なんですか?」と訊いて、それを食べに行ったりするんです。いつの頃からか、日本に来ると、自然と街に繰り出すことが多くなりましたね。普通に街を散歩しながらレストラン、カフェ、バーに行ったりとか、ショッピングを楽しみ、服を買ったりしています。初めて行く場所であろうが、通い慣れた場所であろうが、その地域、街ごとの、全体の構成や雰囲気を味わうのが楽しいので、今回のツアーでもそれは楽しみのひとつですね。

(10月下旬 都内某所にて/インタビュー・文:金本美代)

今回は、どんな姿を見せてくれるのかな?

056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif
by yosiko6212 | 2015-11-19 11:07 | インタービュー | Trackback | Comments(0)