カテゴリ:ヒストリー( 13 )

「荒ぶる一面!」+追記あり!3/6 (金)

061.gif「シネコリア」

New
061.gif「ターミネーター」Facebook

『ジュピター』
 【公 開】3月28日(土)より、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
 【特 記】ペ・ドゥナが出演するアメリカ映画
 【H P】http://wwws.warnerbros.co.jp/jupiterascending/

『傷だらけのふたり』
 【公 開】4月4日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー
 【H P】http://www.alcine-terran.com/maninlove/

『海にかかる霧』
 【公 開】4月17日(金)よりTOHOシネマズ新宿にて先行上映、4月24日(金)より全国ロードショー
 【H P】http://www.umikiri-movie.com/

『群盗』
 【公 開】4月25日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
 【H P】http://www.guntou.net/

『私の少女』
 【公 開】5月1日(金)より、ユーロスペース、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
 【H P】http://www.watashinosyoujyo.com/

『国際市場で逢いましょう』
 【公 開】5月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開
 【H P】http://kokusaiichiba.jp/



TVドラマ情報!「韓国の部屋」

035.gif「韓国のTVを見よう」

056.gifジュノ(2PM)ツイッター!

056.gif「韓国ソウルへの近道「ソウルさま」」
PCで現在韓国で放映中のドラマなどが無料で見れるそうです。私は、まだ、見ていませんが・・・。

new056.gif「free movenaviドラマ特撮無料動画・韓国」

こちらも、お試しを~~!

056.gif「イヤーズブック」先行予約も始まりました。
     ①インターネット・・・4/7
     ②郵便振り込み・・・4/3
056.gif「印象に残っている思い出」3/15
056.gif「作品募集」・・・3/22


忘れないようにね~~!

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 016.gif 
072.gif058.gif072.gif072.gif3/8(日)21:40

今日は、この冬一番の晴天でした。布団を干して~、ちょっと模様替えをと始めたのですが、ベッドの位置を和えようと持ったら、大ごとになってしまいました。

夜までかかりました。
でも、部屋が広くなったような気がします。
このまま、汚さないようにしないと=~~!

“イ・ビョンホンの妻”イ・ミンジョン、出産を控えて近況を公開「ありがとう」
OSEN |2015年03月08日14時49分

女優イ・ミンジョンが近況を公開した。

イ・ミンジョンは7日、自身のInstagram(写真共有SNS)に「私の人たちの…おかげで…ありがとう!!」と書き込み、1枚の写真を掲載した。

公開された写真にはイ・ミンジョンが知人たちと撮った写真が写っている。最近、夫イ・ビョンホンに関する事件などで注目の的になっていたイ・ミンジョンは、穏やかな雰囲気の写真で近況を伝えた。

この写真を見たネットユーザーたちは「いつも応援しています」「赤ちゃんと一緒に体に気を付けてね」「元気で可愛い赤ちゃんが生まれますように」などの反応を見せた。

4月に出産予定のイ・ミンジョンは、2月26日にイ・ビョンホンと一緒に帰国した。


元気そうでよかった~~。

072.gif072.gif072.gif010.gif3/6(金)23:00

皆さん、アンニョン!今日は、朝から大変でした。昨日から、左わき腹が痛くて~~、それもだんだん痛みが強くなるようでした。そこで、ミルクの散歩は旦那さんに任せて、近くの総合病院へ。絶対、何か悪い病気、今なら、早期発見。と意気込んでいきましたが、2時間半ぐらい検査や問診の結果分かったのは「便秘」
お通じはよい方でしたが、確かに、この二日ぐらいは量が少なかった~~。
でも、便秘って、こんなに痛いもの?薬をもらってお昼過ぎに家に帰りました~~。
お昼ご飯はふかし芋と牛乳です。

さてさて、BHさんの事件から、いろいろ考えることが多かったのですが、・・。
皆さんもそうなのではないかな?

時にはBHさんに腹を立てたり、心配したり・・・。

それでも、何処かでBHさんらしいな~~と…。
とっても失礼な話だけど、・・。
それは、昔、読んだ雑誌のインタビュー記事からそう思うのですが・・。

たとえば、

荒ぶる一面を持っています

――それでは質問を変えます。自分自身をスヒョンと比較して、共通点はありますか?
「それは両者ともセクシーな男だということでしょう(笑)。
 もう一つは、硬軟合わせ持つというか、清濁合わせ呑むというか、そういう点は似ていると思います。
 私は幼少時、頑強で荒っぽい子供でした。周囲のことなど顧みず、勝手気ままに振るまっていました。それが社会経験を積むにつれ、少しずつ世間慣れしていき、性格が丸くなっていきました。でもそれは、荒っぽさが消えたということでは決してなくて、私の中の荒ぶる一面は、この年になっても何かの折に、パッと頭を擡もたげてくるのです」
――あなたの性格の中の荒々しさという部分を、もう少し説明してもらえませんか。
「うーん(と言って考えこむ)。突発的なことを好むというか。もっと言えば、『こいつおかしいんじゃないか』と思われるようなことを、平気でしでかすときがあるということです。
 実際、周囲の人々が私の行動を見てサッと顔色を変えることが、ままあるんです。たとえば私はいま、初対面の女性記者のあなたを前に、いきなり靴下を脱いで、素足を晒しながらこうやって話をしている。別に他意はないのですが、このような突飛な行動を取ることが、時々あるんです。
 もの静かな口調で話していて突然、『ちょっとジャージャー麺食いに行こうぜ!』と声を上げてみるとか。自分でも、言動を計りにくいところがあるんです。といっても、あまりハメを外すと失礼に当たるので、気をつけてはいますが」


そう、常識では考えらないことをしてしまう。そういうところが確かにあるんだよね~~。
そういう人だから、いろいろなアイデアが出て、人よりも優れた演技ができるのでしょう。

この雑誌は昔の私のお気に入りでした。
c0023165_23141694.jpg


その中の一緒に働いている人の意見!
c0023165_23151548.jpg

c0023165_23161495.jpg


最後の飲み会の様子!
仕事を離れると、いつもやんちゃ坊主。

大人、ときどき少年!
少年になっていたんだな~~。

c0023165_23213248.jpg


雑誌が大きいので、一部の抜粋ですが、
「この人は失敗をすることがあっても、ずっと俳優を続ける・・・。」
私的な生活のことで失敗をすることを言っているのではないと思うけど、今回のことをきっかけに俳優としてもっと成長をしていってほしいな~^。

056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif058.gif072.gif
[PR]
by yosiko6212 | 2015-03-06 21:45 | ヒストリー | Trackback | Comments(0)

「ALL THAT LEE BYUNG HUN」5/10(火)

016.gif057.gif072.gif057.gif5/10(火)8:00

皆さん、アンニョン!!今日は一日雨でしたか?
大分、強く降った所もあるようですが、大丈夫でしたか?

私は朝から、オンニと二人で、百想ツアーに持っていく、プラカードの制作に励んでいました。
水色の発泡スチロールに、色画用紙を貼って、黒の厚紙を切り抜いて~~~。
BHさんにメッセージ「元気をくれて有難う御座います。」

まだ、BHさんの名前のところまでしかできていませんが‥。

おしゃべりをして作っていたのですが、途中から「ALL THAT LEE BYUNG HUN」のDVDを見ながら~~~。DVDの2枚目に私とオンニが写っています。

c0023165_20125646.jpg


昨年のチェジュ島でのお誕生日会の場面です。
チョコパイでお誕生日ケーキを作っている場面なのですが、後の方にほんの短い間写っていました。
うぉ~~~~!!恥ずかしい!!

この3枚のDVDは、送ってきたときが丁度引越しの前で、一度は目を通したのですが、・・。
オンニから映っているよ~~という連絡をもらったのですが、そのまま忘れていました。
自分が映っているというのも恥ずかしいし、・・。
でも、よく考えたら、これってすごく良い思い出になるよな~~。

向こうでお友達になった人はしっかりインタビューも受けていました。

DVDを見始めてからは、なかなか仕事がはかどらず・・・。

でも、オンニと二人で見ると、いろいろ話も弾みます。
DVD2は幼い頃の写真や家族の写真が多いのですが、BHさんの解説つきで、改めて見ると、よくこんなに昔の写真まで披露してくれたな~~~と思いました。
お父さんに抱かれて泣いている写真や結構太っている時の写真まで‥。

でも、やっぱりBHさん!!カッコ良いね~~。010.gif

オンニが帰って入ってからは一人でDVD3をみました。こちらはBHさんの演技者としての歴史です。
監督さんや共演をした俳優さんのインタビューと共に、昔のドラマや映画・・・。

BHさんの演技は鳥肌が立つほど素晴らしいと語っていた人がいましたが、私もそう思いました。
なんで、こんなにBHさんが好きなのだろう??
ずっと、以前から自分に問いかけていた頃を思い出しました。

BHさんの容姿、生き様、性格などなどはもちろん大きな原因なのですが、
今日、改めてBHさんの作品を続けてみてみると、
1番の理由は俳優BHが好きなのだと思いました。

「美しき日々」で見せたミンチョルの表情!!今でも思い出すことができるもんね~~~。
特に「美しき日々」と「甘い人生」のBHさんの表情が好きです。

悲しそうな表情などという言葉では伝えられない表情!!

やっぱり、すごいな~~~。

そして、DVDの終わりの方はスタッフのBHさん評!
BHさんの人間性が一番わかる所です。

雨でとこへも行けないとき、もう一度DVDを見直すというのはどうですか?
きっと、心が温まると思いますよ~~~。016.gif
[PR]
by yosiko6212 | 2011-05-10 20:15 | ヒストリー | Trackback | Comments(0)

最近、BHさんを好きになった人のために2+いろいろ!9/6(月)

072.gif072.gif072.gif9/6(月)22:00

ヒストリーの続きを入れます。明日にしようと思ったのですが、明日は大阪行きです。
帰ったら、「アイリス」展の報告をしないといけないので~~。今日中にまとめます。
下に続けます。

035.gif今日の小窓の答えは
「明日は愛の」ボムス君です!!

058.gif072.gif9/6(月)17:00

皆さん、アンニョン!!お昼から、太極拳へ行って来ました。その後、スーパーで明日のために金券ショップでJRの切符を買って、買い物・・。
ぐったり!!

まずは、みぃポンさんのお勧めのものだけ載せます。
ヒストリーの続きは夜にでも・・。







016.gif058.gif9/6(月)11:00

皆さん、アンニョン!!いつになったら、涼しくなるのか?恐ろしい暑さです。

さて、昨日の続きです。

<BHヒストリー>(勝手に命名)
日本で、BHさんが人気が出たのは、2004年末から2005年です。
人気が出て初めての来日のときに、雨の中を5000人のファンが待っていて、本人はとてもびっくりしたようです。

そのころのBHさんは、日本で活動することには、かなり慎重だったような気がします。
彼自身も反日教育の中で育ったのですから~~。
もしかしたら、日本人に対する気持ちの変化を初めにもったのは、韓流スターと言われる俳優さんや、歌手の方々だったのかもしれません。
「あれ、日本人ってそんなに悪くない?」

反対に、日本人は韓国や共和国のことはまったく知りませんから、韓国の人が、こんなに日本人を嫌いだなどということは知らなかったはずです。私も知りませんでした。今でも、嫌いな国ナンバー1ですから~~。

知らないことが幸いしたと思います。知っていたら、こんなに多くの人がはまると言うことはなかったような気がします。

しかし、韓国の日本に対する意識も確実に変わりつつあります。日本の文化の輸入が解禁になったためですが、韓流ファンの日本人が韓国を訪れることが増え、直接の関係ができたからでしょうか?TV番組で、韓国の若者が日本のお笑い芸人のことを実によく知っていて、びっくりしました。

そして、ヤッパリ日韓共催のワールドカップの影響も大きかったと思います。
よく知られた話ですが、日本人がわがことのように勝ち進む韓国を応援してする姿に韓国の人は自分たちのことを反省したと言う話があります。韓国の人は、日本が負けて喜んだそうですから~~。

お互いに相手を知る機会が増えることによって、今までの考え方が少しずつ変わっていったのだと思います。

さて、われらがBHさんは、どうでしょうか?
彼の日本での活躍は、世界につながると言うよい見本になっていきます。

私も、最近知ったのですが、アジアの中でヤッパリ日本は1番で、日本から世界に発信されることが多いのだそうです。私は、韓国のことも知らないけど、日本のことも知らなかったようです。
韓国の芸能人がこぞって、日本に活動の場を移すのは、世界を見据えているからなのです。
BHさんが、アメリカのエージェントとの契約のときに、ドームのイベントのDVDを持って言ったそうですが、日本で、人気があると言うことはすごく重要なことのようです。

しかし、初めからそんな風に考えていたわけではないと思います。彼は、そんなに計画性を持っていませんから~~。そのとき、そのときに選んでしてきた仕事に全力をかけてやってきたら、そうなったと言うのが本当でしょう。計画的に選んだ役は「GIジョー」だけだと思います。

BHさんは、「オールイン」の後は、映画を選びました。それまでも、ドラマと平行して映画も撮っていたのですが、たとえば「熱愛中毒」「バンジージャンプ」など、これらは日本で上映されることはありませんでした。この後、日本で人気が出て、この二つは劇場で公開されましたが・・。その他の映画も、DVDにはなっているので、全て日本でも見ることができます。「バンジージャンプ」はお勧めです。

c0023165_11302622.jpg


そして、「誰にでも秘密はある」「CUT」と続きます。「誰秘密」はジウ姫と共演と言うことで、割と早く日本でも公開されました。大体、韓国での公開から1年後ぐらいで、日本で公開なのですが、これは1年たたないで公開だったような気がします。「CUT」はホラーですが、パク・チャヌク監督との関係で、ノーギャラで出演だったそうです。私は、怖い映画は嫌いですが、これは、怖いだけではなく面白い!!BHさんの演技もそれはそれは細かくって、私は好きです。

映画がヒットするか?しないか?はひとりの俳優の演技の良し悪しではないと思います。やっぱり、ストーリーと映像だと思います。それと、一般受けをするかどうか?
私は、結構BHさんの映画はストーリーも映像も面白いと思うのですが、そんなに大きなヒットにはつながってなかったように思います。
BHさんはヒットするか?しないか?でシナリオを選んでないからだと思います。
そのときのフィーリングで、選ぶと言っていますが、思うに彼のフィーリングは一般の人とそれとはずれているような気もします。私は、そのずれているところが好きなのですが・・。

そして、「甘い人生」「夏物語」と続きます。このころは、日本での人気も1番のときですから韓国の公開とほぼ同時でした。

人気のすごさは
c0023165_11524651.jpg


雑誌の表紙の多さで分かります。これは、2004年から07年までのものです。すごいでしょ!!

「甘い人生」で初めてジウン監督とタッグを組みます。この映画で、数々の主演賞を貰い、カンヌに、それから世界にとつながっていきます。
「夏物語」は、時代背景が1970年代。軍事政権の厳しい時代です。その中での純愛!!「甘人」とは180度、違う映画です。この映画はアジュマ向きですが、韓国では強敵「私たちの幸せの時間」とぶつかり苦戦をしたようです。日本ではやっぱり、韓国のこの時代の社会背景が分からないので、スエちゃんとBHさんの演技のすばらしさは分かったのですが、なかなか共感はもてなかったような気がします。今のように韓国の歴史を勉強した後だったら、違うのですが・・。

BHさんは映画を選ぶときに、シナリオ、監督、共演者、心に残る映画か?自分が挑戦できるものがあるか?などを基準にしているようです。
だから、「なぜ、この映画を?」と聞かれると、いつも明確に答えることができます。そして、常に新しい自分を観客に見せようとします。だから、どの映画もBHさんの新しい姿が観れるし、楽しみです。

すごく平凡な「夏物語」でも、大学生から60代までを演じました。それが、彼の挑戦でもあります。
そして、BHさんは年をとると共に、その挑戦をしようという気持ちは、ますます強くなっているような気がします。若いころから、そうだったのですが、ドラマでも同じような役はしてませんし、特に自分で意識しだしたんは「オールイン」後のような気がします。もちろん、映画に集中出来る環境になったこともありますが、何か?心境の変化でもあったのでしょうか?
「一生、俳優としてききる」と言う言葉を口にするようになったのもこのころです。彼にとって、俳優の仕事をすること=生きると言うことなのですから、映画の撮影現場はまさに、彼が生きている証なのです。どうせ、生きるなら楽しく生きたいから、撮影現場は真剣でもありながらも、楽しいところにしようと・・・。

「夏物語」の後は、「よい奴、悪い奴、変な奴」なのですが、このときは「アイカム」「GIジョー」の撮影が重なり、まあ~~、それはそれは大変だったでしょう!!
このころから、悪役?に兆戦!!悪役にもいろいろあると言うことを彼を通して知りました。

チャインとドンスとシャドー・・。微妙に違う悪役です。ここでも、彼の演技は完璧でした。そう思いません?それぞれ、とても魅力的な人間に仕上げました。

どうして、そんなことが出来るのか?本当に不思議ですが、結局、それはシナリオの分析力なのでしょうね~^。自分の演じる役をどう解釈して演じることが出来るのか?
ジウン監督がBHさん評で面白いことを言っていました。
定かではないけど、「彼は、頭で理解をして、感情で表現をする」と言うような言葉だったと思います。感情で表現すると言うのは簡単なようで難しいと思います。彼は、人間観察をよくしていて、感情のポケットを蓄えているそうです。でも、口で言うのは簡単ですが・・。

私がCUTをかっているのは、犯人に脅迫されてお尻で字を書くのですが、その時におならが出てしまい・・・。の場面です。たいした場面ではないのですが、そのときのBHさんの表情が・・何ともおかしくって・・。

3つの映画の後に、「アイリス」のドラマが続くのですが、BHさんがこのドラマに出たのは、ヒョンジュンと言う役にほれ込んだと言うより、韓国で初めてのスパイドラマ、スピード感のあるドラマと言う初、初、初が重なったからだと思っています。確かに、今までの韓国のドラマとは、まったく違います。同じようで違う~~。

そして、「アイリス」が終わった後に続いてインターネット配信の「インフルエンス」!こちらでは、3役に挑戦!!これも、見事でした。そして、「悪魔を見た」これは、まだみてないので何ともいえませんが、又、違ったBHさんが見れるようです。

BHさんがいろいろな役に挑戦できるようになったのは、一人主役にこだわらなくなったからだと思います。自分の役よりも、どんな映画か?と言うことが先にあり、次が自分の役です。
そうなれば、選ぶ選択肢は広がります。

今でも、韓国で一番シナリオが持ち込まれるのでしょうか?
「GIジョー」では、以前より役の比重が大きくなると言うもっぱらの評判です。だとしたら、BHさんのよいところがもっと出るでしょう。繊細な感情表現など・・。映画がヒットするか?どうかは分かりませんが、演技が認められたら、次はもっと方向性の違う映画に出る可能性が広がります。

こんなに次回作が楽しみな役者さんって、今までにいたでしょうか?
これからも期待をしています。
まだまだ書きたいことはありますが、それは次の機会にします。お瑣末さまでした。029.gif

ところで、dreamskoさんが言っていた冊子ですが、PCが壊れたので、もう、元原がありません。私が1部持っているだけです。新しい印刷機はスキャンが出来るようなので、試してみます。ここのカテゴリの、「愛しき人」でも、見ることができますが、字が・・・。スキャンがうまくいったら、現物大で見れるようにします。016.gif
[PR]
by yosiko6212 | 2010-09-06 11:09 | ヒストリー | Trackback | Comments(10)

最近BHさんのことを好きになった人のために1+いろいろ!!9/5(日)

056.gif新しい雑誌のお知らせ

c0023165_16171071.jpg


詳しいことは「T・O・P」で!!

日本で「アクボ」のインタビュー記事が載るのは初めてではないかな?016.gif

035.gif
今日の小窓は誰~~だ!!可愛い寝顔だよ!!

072.gif072.gif072.gif9/5(日)2:00

皆さん、アンニョン!
昨日は、夕飯の後に眠ってしまったので、今はパッチリ!!

アクセス数もだいぶ以前の数に戻ってきて、ほっとしています。
どうやら、「ウリハッキョマダン」「双極性」の検索でここにみえた方が、急に増えたようです。
みえた方は、中身を見てびっくりでしょうね~~。

ただのBHさんファンのブログだったのですから~~。
でも、偶然みえた方でBHさんのファンに最近なられた方のために、ちょっとだけBHさんのことを、書きますね~~。

日本で韓国のドラマがヒットして多くのファンができたのは、もちろん「冬ソナ」なのですが、その「冬ソナ」の後にNHKで放送されたドラマが、BHさんとジウ姫主演、ア~~、リュ・シオン君もいましたが、そのドラマが「美しき日々」(韓国では2001年のドラマです。)です。このドラマで、BHさんはミンチョルという、まあ~~、母性本能をくすぐる役をしたわけです。そして、まんまと?日本のアジュマはミンチョルにはまりました。
しかし、もうそのころはBHさんも芸歴は14年はたっていましたから、又、演技力は韓国でも5本指?の中の俳優さんでしたから、それは、日本の若い俳優さんとは比べ物にならないぐらい演技は上手でした。

外見的なことや演技のうまさなどから、アジュマは惹かれたのですが、その後、雑誌やネットでのBHさんの話されることなどから、BHさんの人間性に惹かれていきます。

まあ、そのころは35歳ぐらいでしたが、しっかりした考え方や前向きな考え方、やさしいさ~~~。

BHさんだけではなく、韓国の俳優さんや歌手の方はアジュマに優しい!!それは、韓国の人がオモニを大切にすることから来ているのだと思いますが・・。日本では、だんだん、アジュマは虐げられていましたから~^。日本ではドラマでも、若い子向きのドラマが増えて、アジュマが楽しめるドラマは本当になかった~~!!刑事もの、推理小説的なものぐらいですが、ずっとみていると、もう配役だけで犯人が分かってしまう。それぐらいでした。

そこへ現れたのが韓国ドラマです。少し、大げさでこれでもか?これでもかと言うストーリーは、めちゃめちゃだと思いながらも・・・面白かった!!

BHさんは、知れば知るほど、不思議な人です。とても責任感があって、しっかりしているように見えますが、荒ぶる心を常に持っています。だから、不安定ではらはらすることもあります。いくつになっても子供のような心を持ています。純真と言えばそうなのですが、世間知らずのところもあります。これは本人が言っている事です。

1番すごいと思うところは、自分のよいところも悪いところも自分で分かっているということです。
よく両面性を持っているといわれるそうですが、まさにその通りです。それは、彼の役作りにもよい影響をもたらしていると思います。

今は、ちょっと悪役やヒョンジュンのようなシリヤスな役が重なっていますが、2000年ごろはコミカルな役もしています。純朴な青年の役も。実に芸の幅は広いです。

最近ファンになった方にお勧めは、20代の「明日は愛」と言うドラマと30代の「ハッピートゥゲザー」と言うドラマです。後者は今ではかなり有名になっている俳優さんの若かりし時が見られて、そういう意味でも面白いです。それと「ひまわり」「遠い路」も意外な役です。

芸歴20年ですから、ドラマも映画も数多くあります。その中には、見るのに苦痛を伴うものも確かにあります。しかし、ファンですから、何とかみましたが・・。

お勧めの4つのドラマを見ると、BHさんが俳優としてこれからどんな役をするかまったく???になります。

左の<BHさんの情報>に、フラッシュとMVを入れました。これを観てもらうと、BHさんが今までどんな役をしてきたのか?どんな性格のなのかが?少しは、分かるかな~~!!??023.gif

まあ~~、いろいろ言われていますが、私にとってはBHさんが韓国のことを知りたいと思った入り口であることは確かです。一人ひとりの日本人にとって、韓国のこと(朝鮮半島のこと)を、もっと知りたいと思うようになった入り口は違うと思いますが、知りたいと思うことは悪いことではないと思います。

「韓国の歴史」「日韓の関係」「読書報告」「太極拳」「息子の病気」などなど、そのつど、これからも書いていきますが、メインはBHさんですので・・。041.gif

それでは、おやすみなさい!!014.gif
058.gif058.gif058.gif9/5(日)10:30

皆さん、アンニョン!!
昨晩は3時ごろまで本を読んでいたので、寝不足!!朝型にせっかく下のに、又、戻りつつあります。昨日は、半身浴をサボったので夜中に何度も目が覚めました。半身浴をした日のほうが、熟睡できるようです。なぜだか分かりませんが・・。

夜中に更新をしたのですが、その続きです。

<BHさんはデビューから、どんな役をしてきたのか?>

依然、みんなで作った冊子から・・。
c0023165_10211797.jpg
c0023165_10213614.jpg


2007年までしかありませんが、この後「ノム」「アイカム」「GIジョー」「アクボ」、ドラマは「アイリス」、ネット配信は「インフルエンス」と今年まで続きます。

2000年デビューですが、若いころはもちろん学生の役から始まります。それと、貧しい青年!!孤児!彼自身は裕福な家庭で育ったのですが、貧しい青年の役は絶品です。しかし、デビュー当時のドラマは、韓国では当時どう評価されていたかは分かりませんが、BHさんを知って私が観出したのが、2005年ごろですから、ストーリーの流れが遅く、いらいら!!
彼が韓国でアイドルスターになったのは「明日が愛」と言う学園物です。これは100話近くあります。でも、これは1話完結ですので、みやすいし、BHさんは等身大で自分も学生のころの撮影です。この作品はBHさんの地がかなり出ているようです。

映画デビューは1996年なのですが、TVで人気を得て大抜擢で映画に行ったのですが、4つ続けて興行で失敗したと言うのは、有名な話です。しかし、本人は映画を撮るのが楽しくてそのころはあまり興行成績は気にならなかったようです。

映画の後に又TVに戻るのですが、「美しい彼女」は、本当にすばらしい演技です。孤児のボクサー役で、シム・ウナさんと再婚をして双子のアボジになるのですが、まあ~~泣きます。
白夜は「アイリス」と似ているところがあります。南北問題を扱っています。大作です。シム・ウナさん、イ・ジョンジェさん、などと共演しています。BHさんオンリーのドラマではありませんが、アクションもこなしかっこよいBHさんです。でも、私生活ではアボジが亡くなりつらい時期だったようです。

その後、映画に戻りますが、それが「わが心のオルガン」という、今までにまったくBHさんがしたことがない田舎の新任教師の役です。ドヨンssiと共演です。ドヨンssiは26歳で17歳の小学生の役をしたということで話題になりました。BHさんはこの映画で始めてヒットを味わいます。そのあと、大ヒットになった「JSA」と続きます。この映画で、BHさんは南の兵士を演じます。ここで、パク・チャヌク監督、ソン・ガンホssiと出会うわけです。

このころ、BHさんは短編ドラマにもたくさん出ています。「遠い路」「ひまわり」「セリが帰ってきた」などで、このころ兵役も終えます。そして、「ハッピートゥゲザー」、これはその当時、韓国ではだいぶ話題になったようです。なぜなら、三枚目の役立ったからです。今までのかっこいい役ではなく、いつもジャージ姿で、頼りなく、それでいてただ人のよい役だったので、イメージチェンジか?と言われていました。又、このドラマは、「明日が愛」と同じように、BHさんの素顔に似ているとも・・。テプンオッパは別の意味で今でもBHさんの代表作だと、私はひそかに思っています。
このドラマを見たとき、ミンチョルとの違いにがっかりしましたが(日本では、放映の順番が逆になりましたから)、反面、この人はすごい俳優だと思いました。

韓国では映画俳優になるとドラマに戻らないのがそのころ一般的でしたが、BHさんはアボジがなくなったときの謝金返済のためにSBSとドラマ50話出演と言う専属契約がありました。今は、そのことを公表していますが、当時は何も言わないで黙々と働いたようです。BHさんはまったく苦労知らずのように言われていますが、そうでもないのです。ただ、そのことを外には出しません。文句を言わない人なのです。本人は楽天的な性格だといっていますが、どうにかなる~~。その契約は、「オールイン」の撮影と共に終わります。最後を飾った「オールイン」が韓国では大ヒット、へギョちゃんとも熱愛も話題になって、大変だったようです。

そして、そのころ日本へ・・。まだ、へギョちゃんとの熱愛は続いていて、そういう報道でしたが、まもなく破局!!身軽になって?日本進出です。

その2に続く!!
今日は、ここまでです。
[PR]
by yosiko6212 | 2010-09-05 02:07 | ヒストリー | Trackback | Comments(5)

過去記事から~~1+いろいろ!!7/30(金)

016.gif

皆さん、アンニョン!!
もう夕方??
今日は、一歩も家を出ませんでしたので、今から半身浴で汗を流します。これ動くのが嫌いな人にはよいかも?でも、体重は減りません。

朝から、私もKBS2を観ました。今なら、もう、再放送を観れますよ~~。
アナウンサーの方、じっと笑っていたから、BHさん、きっと面白いことを言っていたのでしょうね~~。

私も、ちょっと自分で訳してみようと、写真を撮りましたが・・・。

c0023165_1659338.jpg


こんな風に字の出ているところを・・。読めても、意味は分かりません。
後で、印刷をして頑張ってみようかな?

終始、にこやかで、みぃポンさんが言っているように仲良しさんなのでしょうね~~。
相変わらず、手を動かしふりつきでおしゃべりをしていました。
c0023165_1734734.jpg


c0023165_1751640.jpg

聞くだけで分かったら、最高なのですが・・。
お昼からも、ハングル頑張りました!!
061.gif

「ウィンザーVIP試写会イベント」

当たってもいけないけど、予告編が長いよ~~~。

058.gif057.gif

皆さん、アンニョン!!31(土)です。

7/31(土)午前10:35~
★KBS2「映画が好き」
チョン・ヒョンム さんとのインタビュー


覚えてましたか?

KBSは?

朝だから、混まないと思うけど・・。2TVだよ!!

061.gif

『悪魔を見た』製作ノート

なかなか、面白いです。映画って、こんな風に作られるのね~~。

『キム・ジウン監督の予告編』

キム・ヒョンジュンだって!!

072.gif

皆さん、アンニョン!!
今日は、お昼から集中的にハングルの勉強をTVを見ながらですがしました。
3時ごろ、息子が、『今日は調子が悪い。』といって・・。

『集中できない。やる気がわかない。』
「勉強のし過ぎ!!少し休んだら??気晴らしにドライブにでも行こうか?それで、帰りは久しぶりに外食はどう!!」

息子は、ここ一ヶ月ぐらい部屋にこもって試験勉強をしています。
私だったら、もう、とっくに投げ出しています。

「どうして、やる気がわかないの?そういう時は休んだほうがよい。」
ナンカ~~、顔色も悪く、生気がありません。
試験の前で、気持ちが落ち着かないのはわかりますが・・。

『大学の受験のときと比べて、やる気がわかない。』
「それは、あなたが少し大人になったからだよ~~。病気もして、いろいろな経験をしたから、18のときと比べたら、夢いっぱいではないでしょ!!」
『うん』
「当たり前だよ。でも、大学のときはどうしても受からなくてはと思って頑張っれたけど、今度だって、君にとって大事な試験でしょ!!大学を受けるときほど、夢いっぱいではなくても・・・。」
と言うような話を30分ぐらいしたでしょうか?

息子は、だんだん顔に生気がもどり、
『分かった!今からしなければいけないことが分かったから、もう少し勉強をする。』と言って部屋に戻りました。

「1時間ぐらいしたら、ドライブに行って帰りに回転寿司に行こうね。」私も夕飯のしたくから解放されて、時間までハングルの勉強を続けます。

「もう、そろそろ行こうか?」と言うと、
『調子が出てきたから、行かない。』
「じゃあ、家で食べるの?」
『回転寿司には行く!!』

と、まあ、こういうことが夕方からあったわけです。

受験生を抱えると家中緊張して大変だと言う話をよく聞きましたが、我が家は今までそういうことは一度も経験がありませんでした。上の子は、のんびりしていたし、試験はすべて推薦!!たぶん、今までに試験勉強をしたのは自動車免許のときぐらいだと・・。
下は、子供のころから、勉強に関しては自己管理のできる子だったので、親の口をはさむ必要がなかった。でも、それは、私が勝手に思っていただけで、今から思えば一人で耐えていたのでしょうね~~。

来週の3,4日はいよいよ試験です。それまで、受験生の母をします。
合否の発表は13日です。だから、不安な日は13日まで続くと言うことです。
落ちても、受かっても報告はします。受かったら、息子をほめてやってください。

009.gif最近、ここの過去の記事を読んで、こんなことともあったんだ~~。とか、思っています。
それは、私とBHさん、ここの仲間とのヒストリーです。
思えば、BHさんのお誕生日をお祝いするのも、今年で5回目です。

初めてのお誕生日の日に雑誌の記事を必死に打ったのを覚えています。

BHさんのインタビュー記事です。

067.gifお誕生日おめでとう!

この時は、36歳のお誕生日だったかな?
ほとんど、言っている事が今と変わっていません。
役者としての考え方、行き方・・・。
ぜんぜんぶれていないのです。

あのころと変わったことがあるとしたら、たぶん、日本に対する気持ちでしょうね~^。

昨晩、「KW」を立ち読みをしようと、本屋に行ったのですが、結局売り切れていて読めなかったのですが、ヨンハssiの雑誌がたくさん出ていたのでそれを立ち読みしました。

彼も、BHさんやヨン様のように日本ですごく人気が出て、人生が変わってしまったと・・。それまでは、韓国で平凡な俳優だったのが・・・と書かれていました。
人気が出たことは良かったことなのですが、その後、どんな風に自分の人生を作っていくのか?それはそれは、周りにも恵まれなかったら、大変です。彼は人が良すぎた~~。

最近CSの番組でグンソク君が「日本に来ると世界が見える」と言うようなことを言っていました。日本にいるとそんなことは感じないのですが、アジアのほかの国から見たら、そうなのかな??韓国の俳優さんや歌手の人が日本に来るのは、市場の大きさだけではなく、その先に羽ばたきたいと思っているからなのでしょうね~~。

BHさんは見事に、その先陣を切ったわけです。だから、若い人の憧れになるのでしょう。

しかし、前に書いたように5年前のインタビューと今BHさんが話すことはきっとほとんど変わらないと思うのです。その辺が大切なのだと思いました。061.gif
[PR]
by yosiko6212 | 2010-07-30 23:20 | ヒストリー | Trackback | Comments(6)

人はどこまで進化できるのか?

今年も、のこすところ二日となりました。
皆さん、忙しい日を送っているのでしょうね~~。
私も、明日から実家です。
といっても、母はホームにいますから、手伝うこともないのですが・・・。
ただ、いっしょにいればいいかな~~と思っています。

PCに向かって好きなことができるのも、今年はこれが最後です。
今日のタイトル、大げさですよね~~。
「進化」という言葉は、ビョンが以前、インタビューでよく使っていた言葉です。
「こんど会うときは、もっと進化した自分を見てもらいたい。」とか・・・、日本語に訳す人が勝手に選んだ言葉なのでしょうけど、よく出てくるので、彼のホンネなんだと思います。

随分、大げさなことを言う人だと、最初は思ったのですが・・・。

実は、来年の1月1日で、このブログも3年目に入ります。
思えば、こんなに続くとは、自分でも思っていませんでした。
いつの間にか、ビョンを追っかける間に、自分も進化していたのかしら・・・なんて~~思います。
普通だったらこの年で、PCを使ってMVを作るなんて考えたでしょうか?
ブログをはじめること自体、とんでもないことのような気がします。
今では、ブログに写真を取り込むなんて朝飯前?!
MVも入れられます。

これを、「進化」といわずなんというでしょうか?
知らず知らずのうちに彼を追っている間に、刺激を受けわたし自身も進化したようです。
でも、これはハード面で、ソフト面ではもっと進化したようです。
それは、ここで出会った人とのつながりです。

ブログを閉じようと思ったことは、何度かあります。今年の春ごろは、かなりあぶなかったです。遅くまで、おきているので、旦那に反対されました。仕事との両立もかなりあぶなかったです。
でも、時間の配分は仕事が1番、家庭が2番ということは、もうはっきり決まっていることですから、忙しかったら、pcを開かなかったらいいのですから・・・。
お客さんが少ないこと、コメントが多い少ないということは、ぜんぜん気になりませんし・・・。
もともと、ボチボチがすきですから・・・。
時々、ものすごく訪問者が多い時があります。そんなときは、何かしでかしたんだろうと心配になります。

MV,CD作りは楽しいし、それを見てくれたり、もらってくれる人がいるのもうれしいです。
見てくれる人、聴いてくれる人とのつながりが、ソフト面での進化かな~~。
いいドラマや、映画の情報を見らえるのもうれしいです。
家庭のことの愚痴を聞いてもらえるのも・・・。

もともとマイペースもたちですから、今までもあんまり友達を大切にしていません。
といっても、友達がいないわけでもありません。
孤独だからPCに向かっているわけでもありません。
でも、ここでのつながりから、少しまともな人との付き合いができるようになった気がします。
うまくいえませんが・・・。ビョンの言葉を借りれば、正気にもどった!!

これから、わたしは、どんな進化をしていくのでしょうね~~。

進化のヒントは、ある人からもらっています。
それは、来年落ち着いたら、その人の進化?の冒険をここに載せます。
本人から、OKの返事ももらっていますから・・・。
本当は、今年のうちにしたかったのですが・・・。

今日は、ささやかな進化を、お見せします。

ようやく、自家製カレンダーを作りました。
めちゃめちゃ、簡単でした。

<カレンダーを作ろう>
①Smart Hobbyを開く。わたしのライブラリはここにあります。
②ライブラリを開いて、印刷をポチします。
③印刷の場面で、カレンダーの印刷を選びます。その前に使う写真を選んでおかないといけません。
④何種類か、ヒントがありますから、そこから好きなのを選んで、写真の大きさや、位置を決めます。今回、わたしの作ったのは、そのままですから、年と月を、変更したら出来上がりです。
⑤印刷をポチ。紙の大きさもえらべますから・・・。ちなみに、わたしはA4でしましたが、プリンターさえよければA2でもいけます。

それでは作品をお見せします。
c0023165_0122032.jpg

c0023165_012522.jpg

c0023165_0132945.jpg

c0023165_014784.jpg

c0023165_0144433.jpg

c0023165_0152138.jpg


5月は、ドームを思い出せるように。6月は、わたしの誕生日月なので、わたしがビョンに初めてほれてしまった写真です。

7月からは、まだ作ってません。
これをはがきサイズにしてもいいし、そうすれば、バックに入れて持ち運べます。
印刷が薄いのではなく、わざとぼやけた感じにしてあります。

年末年始の忙しい時期が終わって、時間ができたら挑戦してみてください。

それでは、よいお年を!
[PR]
by yosiko6212 | 2006-12-30 00:01 | ヒストリー | Trackback(1) | Comments(15)

ビョンの消息??ともだちの結婚式?

映画での彼しか見てなかったときに、うれしいね~~。
等身大のビョンだ~~~。

写真探したよ~~、コレかな???
c0023165_21512253.jpg


結婚式にサングラス??と思ったけど~~。

c0023165_21552824.jpg


にこやかに~~。

c0023165_2156891.jpg


恥ずかしげに~~。

c0023165_21564535.jpg


かっこいい~~~。

http://www.lovelbh.com/phpBB2/viewtopic.php?t=4021

ここで、動画も見れるよ~~~。

c0023165_22132649.jpg


見覚えのある人と一緒だよ~~。

c0023165_22142938.jpg


ビョンは、どこだ~~。

moreは~~~~。

More
[PR]
by yosiko6212 | 2006-10-03 21:57 | ヒストリー | Trackback(1) | Comments(6)

イ・ビョンホンを斬る!(私なりに・・・)NO.1

2017.4.25
長い道のりを感じます。


彼に、メロメロなはずなのに・・・・、なんでだろう・・・この胸騒ぎは?

それは、彼の最近のこんな様子から・・・始まりました。

c0023165_22454344.jpg


「1日・・・・・・」って・・・・こんなのあり???

c0023165_22471478.jpg


このときは、この哀しそうな・・・・一部では寒かっただけといううわさもありますが・・・・表情にグラときたのですが・・・。

デモへの参加は・・・許せても・・・「1日・・・」は許せないなんって・・・言ってはいけないですよね~~~。

そんな、こんなの時に・・・・「明日が愛」が届きました!

観れば観るほど・・・明るく、真っ当な青年!
確かに、この頃は、「別れの来ない朝」でも明るく、真面目な青年を演じていました。
でも、このボムスは・・・演じているというより、彼そのもののように見えてしまします。
22歳のビョンホニー!
だから、彼の屈託のない笑顔や、やんちゃな姿に・・・ついつい引き込まれてしまうのですが・・・。

彼を好きになったとき、ヨン様でなく、ビョンホニーを選んだ自分を・・・・自分らしいと思ったのですが・・・。
それは、いつも王道から、少し外れた自分です。
でも、でも・・・・大して・・・はなれていなかったことを・・・・彼の人気のすさまじさから・・・・感じています。
しかし、今まで、ファンクラブに入ったり、写真を集めたりMVを作ったりということのなかった自分を彼は、変えてくれたということで・・・・、納得していました。

彼は、私の理想の人なのだろうか?

彼の演技が好きです。
彼の語る、言葉が好きです。
彼の表情が好きです。
彼の演技に対する姿勢が好きです。
彼の体が好きです。
彼のあらぶる心が好きです。
彼のやんちゃなところが好きです。

今でも、もちろん、彼の写真が私の机を飾り・・・・疲れた気持ちをやわらげてくれます。
それで~~~いいではないか!
いったい、私は、彼に何を望もうとしているのか?

c0023165_2375521.jpg


こんな顔や

c0023165_2315409.jpg


こんな顔

c0023165_23183040.jpg


を見せてくれるだけで・・・いいのじゃないか?
とも思うのですが・・・・。

この胸騒ぎは・・・・なんなんでしょうね~~~。

と言うまいどの、繰り返し・・・・も、吹っ飛ぶような映像が・・・・。
なしりんごさんからのプレゼントです。

c0023165_21221118.jpg


噛んでる、噛んでる・・・・、見つけたで~~~。

ここからは2016年1月1日の投稿です。
上の、記事の続編?今の、私の気持ちです。

JFCが10周年の記念ということは、私のBH歴も11年ということになります。
どんなふうに変化をしたか?しなかったか?

確かに、昔のような恋い焦がれるという感情は減ってきたような気がします。
しかし、相変わらず気になる存在であり、愛しい存在でもあります。

なぜ、10年以上もファンでいられたか?
一番に言えることはBHさんがずっと俳優を続けてきたから~~と言ことです。
それも、ただ、だらだらと俳優を続けてきたのではなく、一作一作に挑戦をし、変化をしてきたからだと…。
演じることを辞めてほかのことをしていたら、少なくても私はファンを続けてはいなかったと思います。

この11年の間には私自身もいろいろなことがあったし、BHさんもうれしいことばかりでなく、いろいろなことがありました。

しかし、そのたびごとに乗り越える姿はやはり、演技がしたいという熱い思いがそうさせているのだと思います。
彼の一番恐れていることは、オファーがなくなることです。演じる場所が与えられなくなることです。

そういう意味では、一昨年の事件は・・・・・予想外の世論の反応だったと思います。

BHさんは自分の価値判断で行動を起こしたのでしょう。それは、BHさんの正義感から来たものだと…。少なくとも彼自身はそう思っていたと思います。
お父さんのウソをつくなという言いつけを守ったのだと…。
ただし、自分の行動に問題があったとは気が付かかなかった~~。

それは、彼の中にある≪大人ときどき子供。≫
多分、随分と年下の女性でしたが、BHさん自身は対等な気持ちだったのではないでしょうか?

BHさんを知り始めたころ、インタビュー記事をだいぶ読みましたが、20代の頃の彼は自分のことを「惚れっぽくって、あき易い」30代のころも女性と付き合っても長く続かないというようなことを言っていました。

「美しき日々」の監督さんがBHさんのことを「欲張りな人」と言っていましたが、たしかにそうなのだと・・・。
そして、誰よりも早く新しいことに挑戦したい。
それは、彼のCMの内容によく見られます。
そして、いつも自分でも言っていたことは「人をびっくりさせる行動をとってしまう」

「インサイダー」の成功で、彼のインタビュー記事も目につくようになりましたが、不思議なぐらいに話していることが昔と変わらないし、変わってきた場合は、なぜ、どのように変わってきた理由がはっきり意識されている。

彼の中でずっと変わらないのは「映画が好き」「正直に生きたい」の二つです。
そして、今回のことや子供が生まれたことで、「家族を守る」という項目が一つ増えるのだと…。

ミンジョンさんが初めのころのインタビューで「嘘をつけない人だから信じる」というようなことを言っていましたが…。良く、理解してくれているのに~~、もう、裏切ったらいけませんね~~。

「インサイダー」の記者会見で、実はBHさんよりも気になる人がいました。
下のぺク・ユンシクさんです。いつも、若い二人の間にあって、やさしく微笑んでいる方。
なんで、こんなに穏やかな表情をしているのだろう~~と。

その方のインタビュー記事を見つけました。私のBH評を表していると思ったので紹介をします。

「内部者たち」ペク・ユンシク“イ・ビョンホン&チョ・スンウ、二人とも狐科ではない”

ペク・ユンシクは密かに映画「内部者たち」(監督:ウ・ミンホ)全体に黒い影を落とす。政界の設計者であり、保守派新聞の論説主幹イ・ガンヒを演じた彼は、張り上げるよりも飲み込み、熱く盛り上がるより冷たく作品に溶け込んだ。

彼が「内部者たち」で演じたイ・ガンヒは、有力な大統領候補チャン・ピル(イ・ギョンヨン)のそばでキングメーカーの役割をこなしながら自身の利益を求める狐のようなキャラクター。自身が踏みにじった“政治ヤクザ”アン・サング(イ・ビョンホン)が復讐を考えているのを知りながらも笑ってみせる人物がイ・ガンヒだ。

「観相師」のキム・ジョンソ、「タチャ イカサマ師」のピョン警長まで、いつもスクリーンを圧倒する存在感を見せてくれたペク・ユンシクは、イ・ビョンホン、チョ・スンウの間でじっくりと映画の重心を取った。ペク・ユンシクは「内部者たち」について「僕のフィルモグラフィに鮮明な跡を残すような作品」と言った。演技人生45年にして再び顕著な代表作を残したのだ。

「『内部者たち』が僕の人生映画なのかって? ただ、水っぽい作品やキャラクターではないということだけは確信しています。僕のフィルモグラフィーに跡を残すだけのことはある作品です」

以下、ペク・ユンシクとの一問一答である。


―シナリオのどんな面に惹かれて出演したか。

ペク・ユンシク:シナリオ上では否定的な人物だった。僕の前作と相反するキャラクターだった。僕は年齢的には保守的だが、考え方などは進歩的だ。若い後輩ともコミュニケーションできる方だ。ウ・ミンホ監督が僕に会って僕を求める理由をすがすがしく説明してくれた。気に入った。イ・ガンヒは普通の人物ではないじゃないか。なんだか、俳優としてイ・ガンヒが持つ強い力に魅力を感じた。

―「狐のような熊を見たか」は台本にあったセリフなのか?

ペク・ユンシク:そうだ。非常に絶妙な表現だと思った。拳を使っていた人が政界まで来たのだから、愚直だが普通の人物ではないのだ。

―イ・ガンヒはどんな瞬間でも落ち着きを失わない。イ・ガンヒの役になりきるために「これだけは逃さない」と設定したものはあるのか?

ペク・ユンシク:僕はイ・ガンヒがとても気が強い人だと思った。すさまじい度胸の持ち主だ。どんな極限の状況でも揺れない度胸を自然に表現したかった。

―「僕はしてなかったよ」と笑うシーンでイ・ビョンホンが衝撃を受けたという。台本を見て想像した演技じゃなかったからどんな風にリアクションすればいいのか困った瞬間がしばしばあったと言うが。

ペク・ユンシク:ハハハ。まったく知らなかった。現場では平気な顔してたけど?(笑) 台本を自分なりに分析して表現するのが僕たちの仕事であり、任務じゃないか。自分が期待したのと違うアクションが出て慌てたのかもしれない。イ・ビョンホンさんも本当に熱心に準備してくるタイプだ。

―逆にイ・ビョンホン、チョ・スンウの演技を見て驚いた瞬間はあったのか?

ペク・ユンシク:いつも良く見えた。二人だけでなく助演まで弾けるような演技をしていた。飛び火がするというか。エネルギーがすごかった。

―性的な接待を受けるシーンでの露出演技が衝撃的だった。俳優として気軽に演技ができるシーンではなかったはずだが。

ペク・ユンシク:後ろ姿が少し見えた(笑) イ・ギョンヨンさんとそのシーンを撮影した後、監督に「このシーンはぜひ生かせてほしい」とお願いした。権力階層の醜い面を表す象徴的なシーンだと思った。そのシーンの撮影だけに3~4日かけた。映画に登場していない赤裸々なシーンも多い。

写真=SHOW BOX
―チョ・スンウとは「タチャ イカサマ師」以来9年ぶりの共演だ。

ペク・ユンシク:嬉しかった。性格が本当に良いからだ。「タチャ イカサマ師」も本当に楽しく撮影したけど、今回も同じだった。映画ではウ・ジャンフン(チョ・スンウ)がアン・サング(イ・ビョンホン)をもてあそぶじゃないか。実際の撮影現場でもウ・ジャンフン、アン・サングそのままだった(笑)

―実際本人は狐科なのか、熊科なのか?

ペク・ユンシク:確かに狐科ではない。愚直というか、生真面目っていうか。

―イ・ビョンホンとチョ・スンウは?

ペク・ユンシク:二人も狐科ではない。男が男を見ると分かる。愚直だ。イ・ビョンホンさんは意外に内気な面もあるし、本人によると慎ましい面もあるという。とにかくイ・ビョンホンさんもスンウも性格がとてもいい。

―「内部者たち」の人物のうち、一番共感したキャラクターは誰か?

ペク・ユンシク:難しい質問だ。人間群像の普遍的な面から少しずつ持ってきた仮想の人物じゃないか。確実にイ・ガンヒ側ではないし(笑)

―「内部者たち」がいわゆるペク・ユンシクの“人生映画”になれるか?

ペク・ユンシク:水っぽい作品じゃないことは確かだ。跡が残るような作品だ。

「愚直」という言葉好きだな~~。
[PR]
by yosiko6212 | 2006-03-07 23:11 | ヒストリー | Trackback(1) | Comments(9)

なぞが・・・・解決!

「4月の雪」を見て、なんで主人公の気持ちが伝わってこないのだろうと不思議で仕方がありませんでした。
とある、ブログを見ていて・・・・・気がつきました!

ヨンさまのメガネ・・・・。
そうなのです。ヨン様は、眼がよく見えないのです。
ビョンホニーの、眼差しになれている私には・・・・ヨンさまの目から・・・何も伝わってこないのが・・・・不満だったのです。

ビョンホニーも、役の中で、メガネをつけることがあります。
たとえば・・・・。

c0023165_2223916.jpg


古くは、『別れの来ない朝』でも、医大生役でメガネをかけています。

c0023165_22472.jpg


初映画『誰が俺を狂わせるか』のジョンウンも、メガネをかけています。

ジョンウンのメガネが、あまりに強烈だったので・・・黒縁メガネには抵抗があったのですが・・・。

c0023165_2263786.jpg


Mr.Nを探せの黒縁メガネで・・・・・。

また、今度のこれは・・・。

c0023165_228038.jpg


おひげも、少し伸ばし、ダンディです。

彼は、本当に目が悪いのでしょ!受賞式などでは、メガネをかけている姿をよく見ます。

c0023165_2294697.jpg


c0023165_22101750.gif


彼のメガネの特徴は、目がヨ~~~く、見えること・・・相手から・・・・。
絶対、眼差しを見えないようにしません。

眼差しが勝負ですからね~~~。
だから、メガネをかけていても・・・・気持ちが伝わる!

コレが、ヨン様との違いだと・・・・・。
ヨン様は、関係なく、ビョンホニーのメガネ姿が素敵だと思ったのは・・・・。

もちろんコレ・・。

c0023165_22134875.jpg


こんな先生に教えてほしいと・・・・真剣に思ったわ!

c0023165_22143054.jpg


横顔プラスメガネ~~~。
もう、気絶しそうです!

もちろん、我らが、ミンチョルもかけてましたね~~~。

c0023165_22162250.jpg


手フェチュの、みなとみらいさん、この手はどう?

今夜のMoreは、探し物をしていて、偶然見つけました!

more
[PR]
by yosiko6212 | 2006-02-06 22:20 | ヒストリー | Trackback(1) | Comments(6)

2000年!

さて、さて、いよいよ2000年です!このテーマが2005年までいってしまったら、そのあとなにをしていいのか?なんって、ちょっと不安ですが・・・。まあ、それはそれで、その時考えますは!

<2000年>
 9月  映画「JSA」 歴代観客動員記録(600万)を更新する。
10月  国際電話「008オンセ通信」CF
     第1回釜山映画評論家協会賞で、ソン・ガンホssiと共に、男優主演賞を受賞する。

この年、兵役を終えて、翌日に撮影所に入った。脚本を読む前は自分のやるべき作品ではないと思っていた。(実は、第1候補は、イ・ジョンジェssiだった。)しかし、脚本を読んで、すぐに即決した。
「脚本が、あまりにおもしろかったのです。ボクが演じたい・スヒョクハ明るく健康で平凡な青年。かっこいい英雄もいいんですが、いつからか身の回りで見られるような普通の人たちに魅力を感じるようになりました。イ・スヒョクを通して時代を代弁する人物像を描きたかったのです。」
と彼は語っています。彼の演技に対して、ソン・ガンホssiは次のように語っています。
「彼に対する先入観がすべて壊れました。人間的にも、配慮が会ってあたたっかい人ですが、瞬間的な集中力を発揮した演技がとても自然。そんな彼をみて、決して自信満々なだけの男ではないんだと思いました。」
この言葉を読むと、それまで、彼がどんな風に思われていたかが、反対にわかります。

「JSA」は、以前、話題になっていたことは少し記憶があります。だいぶ後に、テレビで見ました。真剣に見ていたわけではないのですが、なぜか最後のシーンは記憶がありました。ビョンホンssiに興味を持ち、初めて見直した映画です。
1回では、ストーリーさえ理解できませんでした。特に、場面が現在と、過去を行き来するので・・・。3回見て、ようやくストーリーを理解しました。
しかし、本当の意味で、わかったとは言えません。やはり、南北問題を扱った映画は、韓国の日でしかわからない!と・・・。でも、全然関心のなかったことに、関心を持てるようになったことも事実です。

全然関心がなかったというのは、嘘です。高校生のころから、南北問題は知っていました。

まだ、学生運動が盛ん?だったころ、近くの大学生が校門の前でビラを配っていました。そのビラには、朝鮮半島の地図と「イムジン河」の歌詞が載っていました。
「いむじんがわ、そらとおう。とうとうとながるうる・・・・」こんな歌詞だったかな~~~。
学生のころはよく歌っていたのに、もう覚えていません。

悲しみって、どれぐらい共有できるのかな?

大学に入って、中学の同級生から手紙をもらいました。みんなに人気のあった、かっこいい男の子でした。彼は、手紙で在日であることを告白していました。
彼が、手紙をくれたのにはわけがあります。私の通っていた中学校は、ものすごく管理教育の徹底した学校で・・・。大学に入って、学生運動をかじった私は、そんな母校に疑問を持ち、同級生にビラを郵送したからです。
私の彼への返事は、たぶん自分勝手な理想主義的なものだったのでしょう。返事はありませんでした。

「JSA」を見ると、その時の彼を思い出します。本名を名乗らなかった彼?名乗れなかった彼?

今、彼は、韓流といわれる時代をどんな風に見つめているのでしょうか?

こんなことを書くつもりではなかったのに・・・・。

more
[PR]
by yosiko6212 | 2005-07-21 23:55 | ヒストリー | Trackback(1) | Comments(9)

イ・ビョンホンさんをずっと、応援するブログです。


by yosiko6212
プロフィールを見る
画像一覧