「イ・ビョンホン:APANスターアワードノミネート!」+「Mr.S 9話から15話」9/27(木)

New



113.png 「NETEFLIX」ミスターサンシャイン視聴方法!

New





時々、ポチしてね~~。

≪BHエンタ関係≫
***********************
NEW
027.gif「ヌルボ・イルボ 韓国文化の海」 映画の興行成績などもわかります。

******************
176.png175.png175.png175.png112.png9/27(木)23:00

皆さん、アンニョン!

今日は、朝からお腹の調子が悪く…。
食事制限、間食なし!

最近、食欲が増し、体重が増えてきていたので・・・、良かったのか?!
年ともに、胃腸も弱くなり、少し食べすぎると、お腹を壊します。
年をとったら、節制をしないといけないということかな?

さてさて、ドラマの賞もあるようです。
それも、すべてのTV局を対象ですんね~~!!


BHさんは初めから、大賞候補のようです。初めて聞く、賞なので少し詳しく載せました。

俳優イ・ビョンホン、ソン・イェジン、イ・ジウン(アイユ)が来る10月に開かれる2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)の主要な部門の候補に上昇した。

(社)韓国芸能マネージメント協会(以下、「連メヒョプ」)が主催する国内唯一の大韓民国前放送局ドラマ授賞式」(株)ケイスターグループと一緒に2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」は、27日の各部門ノミネートを初公開した。

2012年に始まった「APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」は、今年6回目を迎えた大韓民国前局でオンエアされた全チャンネルのドラマとその作品に出演した俳優たちを対象とした大韓民国唯一無二(唯一無二)一授賞式でエキサイティングな授賞式になることを発表した。

前(前)KBS TV制作本部長であり現(現)韓国ドラマ研究所所長であるイ・ウンジン審査委員長を筆頭に「2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」の審査員が構成され、2017年9月2日から2018年9月2日までMBC、KBS、SBS、tvN、JTBC、OCN、MBN、TV朝鮮など全放送局でオンエアされた合計93編(中編71編、長編22編)のドラマを対象に、公正かつ厳正に審査を進行した。

授賞部門は男女新人賞、男女演技賞、中・長編優秀男女演技賞、中・長編最優秀男女演技賞、大賞をはじめ、ケース他人気象、グローバルスター賞、ベストマネージャー賞、作家賞、演出賞、メイクスターOST賞、今年のドラマ賞など20個である。

イメージソースを表示イ・ビョンホンソン・イェジン・アイユAPANスターアワードノミネート

まず、男新人賞候補にはキム・ミョンス(インフィニットエル)(JTBCミスハンムラビ)キム・ミンジェ(MBC偉大な誘惑)ヤンセジョン(SBS愛の温度)ウド環(KBS2マッドドッグ)ジャンギヨン(tvN私おじさん)が、女性の新人賞候補には、ギムテリ(tvNミスターサンシャイン)ウォンジナ(JTBCは恋仲)イソンビン(JTBCスケッチ)イユヨウン(SBS親愛なる判事様)ジンギ州(JTBCミスティ)が上がって男女新人賞を置いて競うた。「2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」側のドラマに端役ではなく、助演でデビューして2年以下の俳優を対象に、人気のドラマ貢献、煙発展の可能性に重きを置いて候補を決定した。

男女演技賞候補は週、助演など配役の軽重を問わず制作システム上の中心をよく保持するために渾身の演技力はもちろんであり、ドラマ全体に弾力性を吹き込む俳優を対象とした。男演技賞候補には、バクホサン(tvN私おじさん)ベソンオ(tvNライブ)ユジェミョン(JTBCライフ)最帰化(KBS2スーツ)ホ・ジュノ(MBC来る抱い)が、女子演技賞候補には、ゴソンフイ(tvNマザー)キム・ミンジョン( tvN氏サンシャイン)ラミーと(KBS2私たちが出会った奇跡)ソジョンヨン(MBC来る抱きしめる)ジャンソヨン(JTBCご飯によく買ってはきれいなお姉さん)がノミネートされた。

中・長編優秀男女演技賞候補は、ドラマを通じて最高の演技力を見せてくれて人気を得た俳優を重点に置いて選定した。長編部門男優秀演技賞候補にはキム・ガンウ(MBCダリル夫オジャクヅ)キム・ジフン(MBC金持ちの息子)ソン・チャンウィ(KBS2私の男の秘密)チャンスン条(MBCドンコト)チョ・ヒョンジェ(SBS彼女に言うようであれば)が、中編部門男優秀演技賞候補には、ユ・ヨンソク(tvNミスターサンシャイン)ユン・シユン(TV朝鮮の大軍-愛を描く)バクヘス(tvN賢明ガムパン生活)パク・ヒョンシク(KBS2スーツ)ジョンヘイン(JTBCご飯によく買ってはきれいなお姉さん)が選定され、長編部門女性優秀演技賞候補には、ナム・サンミ(SBS彼女に言うようであれば)パク・セヨン(MBCドンコト)ワン・ビンナ(KBS2人形の家)ユイ(MBCダリル夫オジャクヅ)チョ・ボア(別れが去った)が、中編部門女性優秀演技賞候補には、コ・アラ(JTBCミスハンムラビ)コ・アソン(OCNライフオンマーズ)パク・ミニョン(tvNギムビソがなぜそうなのか)配水池(樹脂)(SBSあなたが寝ている間に)チャン・ナラ(KBS2告白夫婦)が上がった。

中・長編最優秀男女演技賞候補には、演技力、人気、視聴率など、すべての面で優れた俳優たちが選ばれた。長編部門男最優秀演技賞候補には、パク・シフ(KBS2黄金私の人生)イ・サンウ(KBS2ようサルレヨ)イ・ソンジェ(MBC別れが去った)チャン・ヒョク(MBCドンコト)チョン・ウンイン(MBC別れが去った)が、中編部門男最優秀演技賞候補ではパク・ソジュン(tvNギムビソがなぜそうなのか)イ・ドンウク(JTBCライフ)イ・ジョンソク(SBSあなたが寝ている間に)、チョン・ギョンホ(JTBCライフオンマーズ)コックピット(MBCツーカプス)がノミネートされ、長編部門女性最優秀演技賞候補には、ト・ジウォン(SBSブラボーマイライフ)シンヒェソン(KBS2黄金私の人生)イ・ユリ(MBCかくれんぼ)チェ・シラ(MBC別れが去った)ハン・ジヘ(KBS2ようサルレヨ)が、中編部門女性最優秀演技賞候補にはキム・ソナ(SBSキスまずでしょうか?)イ・ボヨン(tvNマザー)イ・ジウン(アイユ)(tvN私おじさん)チョン・リョウォン(KBS2魔女の法廷)チョン・ユミ(tvNライブ)が名前を上げた。

特に「2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」は、他の俳優賞と違って、最初のターゲットノミネートを公開した。待望の対象候補は演技力、知名度、人気は、好感度、ドラマの視聴率、海外輸出の現状など、すべての審査基準で最も優れた活躍を広げたキム・ナムジュ(JTBCミスティ)ソン・イェジン(JTBCご飯によく買ってはきれいなお姉さん)イ・ビョンホン(tvNミスターサンシャイン)イ・ソンギュン(tvN私おじさん)、チョ・スンウ(JTBCライフ)など5人の俳優がノミネートされた。「APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」は、全放送局の全チャンネルのドラマ授賞式であるだけに、超豪華スターたちの名前をあげて、部門別候補の熾烈な競争を予告した。
[
現在の(株)ケイスターグループSTARPLEアプリケーションを介してケース他人気象投票が進行中だ。ケース他人気象男候補にはパク・ソジュン(tvNギムビソがなぜそうなのか)ヤンセジョン(SBS愛の温度)イ・ドンウク(JTBCライフ)イ・ビョンホン(tvNミスターサンシャイン)イ・ジョンソク(SBSあなたが寝ている間に)ジョンヘイン(JTBCご飯によく買ってはきれいなお姉さん)が、ケース他人気象女性候補にはキム・ミンジョン(tvNミスターサンシャイン)ギムテリ(tvNミスターサンシャイン)パク・ミニョン(tvNギムビソがなぜそうなのか)配水池(樹脂)(SBSあなたが寝ている間に)ソン・イェジン(JTBCご飯よく買ってはきれいなお姉さん)イ・ジウン(アイユ)(tvN私のおじさん)が上がっており、9月29日まで行われる投票でケース他人気象受賞者が決定される。

執行委員長である凧メヒョプソン・ソンミン会長は「「2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」を準備しながら、多くのドラマ作品を見ることになる。全チャンネルのドラマ作品数が100編余りに達する。これに出演した俳優の中で重なった俳優を第も数千人に達している。これノミネートされた80人の俳優たちは、素晴らしいものでノミネート自体でお祝いすることである。大韓民国のますます新しく多彩トレンディな作品を見ながら作品の多様性、卓越性と監督-作家-スタッフの才能や能力、仕事に臨む俳優たちが本当に順調に消化して出すと思う。大衆の喜怒哀楽を担当する俳優たちこそ本当に偉大だと感じられる」とし「今回の「2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」では、大韓民国で最初のターゲットノミネートを新設した。俳優たちの位相がますますノプアジョヤと思う。アジアを越えて世界に向けて走って行くのは本当に多くの俳優のボールので可能なことで、これに報いるアワード(賞)になることができるように最善を尽くして努力する。多くの激励と声援をお願いする」と述べた。

ということです。すべてのだラマから、選ぶとするとすごい人数ですから、前もって、絞らないと無理ですよね~~。
どういう結果が出るでしょうか?
ことしのドラマ賞がもらえるとよいですね~~。
他のドラマは全く見てないので何とも言えませんが…。
人気が高かった「黄金の人生」「一緒に暮らしましょう」はKBSなので見てますが…。
「Mr.S」とでは、まったくスケールが違います。
今までと志向が違うな~~と思ったのは、「よくおごってくれるきれいなお姉さん」ぐらいしか思いつかなかったけど…。
「ミスティ」のナムジュンさんは迫力のある演技でした。「ライフ」は、未見ですが・・、ちょっと、見てみたいな~^。

さてさて、昨日は、9話から11話まで、今日は、12話から15話まで。
見始めるとやめられなくなり~~、一日2時間の約束が、守られていません。

昨日は「ポゴシポヨ」という言葉が耳から離れませんでした。
私にも、あんな時代があった~~。

配役の中で、一番、分かりにくいのがク・ドンメ。
かなり、屈折していますね~~。
お嬢さんに対する愛情が曲がりっぱなし。
お嬢さんも誤解が多い~~。

ホテルのオーナ―のひなさんが「なぜ、彼女ばかり」と、ため息をつくのがわかります。
でも、その大役をテリちゃん、見事に演じていますね~^。
すごい、美人というわけではないのに、なんとも気品高く、可愛く、強く・・・。
女性にも人気が出そうです。

最終回までに、何処までおさらいができるかな?


トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/29765989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2018-09-27 23:08 | 韓国ドラマ | Trackback | Comments(0)