ブログトップ | ログイン

『イ・ビョンホン、イ・ヨンフン専念公演びっくり登場「記憶と愛より「熱唱』+「それだけが私の世界」名場面?!2/27(火)

174.png174.png174.png174.png113.png2/27(火)23:20

皆さん、アンニョン!
今日は、朝から、旅行の準備です。
ネットで、レストランを探したり、クーポンを印刷したり~。
旦那さんは、床屋さんに行って、そのあと、資金稼ぎ…。結果は聞いてないけど、マイナスかな?

お昼からも資料を作ったり、でも、どうしても裁縫がしたくなって、前に作ったパッチワークを使って、コースターを作り始めました。
何も考えずに作り始めたので、出来は悪いです。普段用!

夜になり、ビックニュースが飛び込んできました。

映画の話ではないのですが・・。

イ・ビョンホン、イ・ヨンフン専念公演びっくり登場「記憶と愛より「熱唱

イメージソースを表示[SBS funE ㅣイジョンア記者]俳優イ・ビョンホンが「作曲家イ・ヨンフン'舞台にびっくり登場した。

作曲家故イ・ヨンフンの10サイクル憲政公演「作曲家イ・ヨンフン」レセプションと公演が27日午後8時、ソウル鍾路区世宗文化会館で開かれた。

公演後半イ・ビョンホンが舞台にびっくり登場して、多くのファンから愛されている曲「記憶と愛より」を熱唱した。照明が点灯し、ステージ上にイ・ビョンホンが見える客席はざわめいた。公演に先立ち公開されたラインナップも彼の名前がなかった、それこそ「サプライズ」の舞台だった。

イ・ビョンホンは一音、一音真剣かつ真実に呼び出た。歌がすべて終わるまで心を込めた彼の姿が印象的だった。

イ・ムンセは「イ・ビョンホンがこの歌を呼ぶことにしてからどのくらいの私をノックアウトしたのか知らない。その程度の練習に練習を重ねた」と彼の努力を高く評価した。

イ・ビョンホンは、高・ヨンフン作曲家と「記憶と愛より」という曲について「この歌と一緒に学生時代を生きたとするほど私に大きな影響力を持っている歌だ。このように優れた歌手たちと一つの舞台に立つというプレッシャーを見れば、私にもあまりにも記念になるような日だ」と舞台に立った所感を伝えた。

「作曲家イ・ヨンフン」の舞台には、故人と一緒にイ・ムンセをはじめハンヨンエ、ユン・ドヒョン、キム・ボムス、チョン・ジェドク、チャン・ジェイン、現代舞踊家ギムソルジン、ミュージカル俳優チャジヨンなどが参加した。高イ・ヨンフンは2008年2月14日、大腸がんでこの世を去った。

BHさん、以前にも飛び込みで詩の朗読をしたことがありましたが…、今度は歌?それは、きていた方は、びっくりされたでしょうね~~。
練習も、大分されたようで~~、聞いてみたいですね~~。                                                その曲は、これ??                                                                 169.png「インスタより」パク・シネさんが歌っている様子ですね~~。最近のBHさん、なんだか~~、変わったね~~。というのか、本来の姿を見せるようになったというのか??                                                                                                                                               「それだけが私の世界」、まだまだ、強敵の新作の中・頑張って、12位を保っています。トータル341万人。
こちらも、びっくり動画。ラストシーンまでわかってしまった~~。でも、もう、さんざん見たから・・・。ラストを知りたくない方は、パスしてね!!      179.png「インスタより」                                                                                                                                          こちらは、映画の中の食べる場面の特集!良く、集めたね~~。                                             
そういえば、「エターナル」の食べる場面は、お寿司をつまむ所だけだったよね~~。



トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/29339858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2018-02-27 23:16 | 韓国映画 | Trackback | Comments(0)