「それだけが私の世界」関係!+「BHさん、インタビュー!」+「新しいスマホカバー」1/5(金)

176.png175.png175.png175.png110.png1/5(金)23:32
皆さん、アンニョン!

朝から、郵便局へ行って、銀行に行って、買い物をして~~。
それだけで、午前中は終わってしまいます。

此方のスーパー、大きい所を覗いて、4,5日が初売り~~。
いや~~、地元のスーパーは働いている人に優しい~~??のかな??

買いだめをしておいたのですが、パン、牛乳、卵はなくなり、・・。
どうしても、行かなくてはいけない…。行くと、余分なものを買ってしまうのですが・・。

お昼からは、昨晩から準備をしていたスマホのカバー作り。
c0023165_23091566.jpg
c0023165_23100868.jpg
c0023165_23113014.jpg
今回は、とても簡単にできました。4個目ということもありますが、この生地、どこかで見おぼえありませんか?
だいぶ前に作ったバックを壊して作ったのです。バッグですから、接着芯が貼ってあるし、使いたいところを切って、作ればよい。裏生地はバックの底。
紐に合わせて和柄の感じで作ってみました。表には、交通カードを入れられるようにしました。
作ったものを再利用。最後は何になるのかな?

さてさて、今日もBHさんのインタビュー記事が・・。
同じ話を何回も聞かれて、大変ですね~~。まとまった感じの記事を紹介します。

まず、「GIジョー3」について。

[DA:インタビュー]イ・ビョンホン " 'よ。子供。組3」に出演?まだコール待機中 "

イメージソース表示
[DA:インタビュー]イ・ビョンホン" 'よ。子供。組3」に出演?まだコール待って"

俳優イ・ビョンホンが映画「GIジョー3」の出演について口を開いた。パラマウントが「GIジョー3 '封切りを確定しながら、彼の出演が確定したかのように報道されたが、これに対してイ・ビョンホンは確実でない立場である。

イ・ビョンホンは去る4日、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェで行われた東亜ドットコムとのインタビューで「「GIジョー3 'のニュース記事を介して接した。それどのようになるかもしれない」と話を切り出した、

イ・ビョンホンは「「GIジョー3」に関するパラマウントの立場発表は映画を裏切らないという立場を表明した記事だ。すべてドウェイン・ジョンソンを待っているのは確かである。事実'よ。子供。組'は多くのキャラクターがいる。映画化をする際に、いくつかのキャラクターだけを示したものであった」と説明した。

続いて彼は「見せたいキャラクターが多くて数キャラクターを抜きにして入れたものだった。3つの方法そうじゃないかと思われる。だからストームシャドウが合流するのか、別のキャラクターが入ってきて陥るかについては情報がない。私そちらのコールを待っている」と述べた。

一方、パラマウントは最近「GIジョー3 '公開日を2020年3月27日と公式発表している。

これは、まだ、3にストームシャドーが出るかわからないということですね。これは、なかなか、微妙ですね~~。             

【★FULLインタビュー]イ・ビョンホン "この年齢でブレイクダンスを!」

映画「それだけが私の世界」の俳優イ・ビョンホンインタビュー

[スターニュースギムヒョンロク記者]
イメージソースを表示
映画「それだけが私の世界」のイ・ビョンホン/写真提供= BHエンターテイメント


イ・ビョンホン(48)の新作だけが私の世界」(監督チェソンヒョン・製作JKフィルム)は、無駄のないところなく生きてきた元ボクサーがずっと前のそばを離れた母と再会して、障害を持ったピアノの天才の弟をあっ広がる話だ。虚々実々コメディであり、涙ぐいっと抜くヒューマンドラマ、美しい音楽映画だ。

型イ・ビョンホン、弟パク・ジョンミン、ママユン・ヨジョンが三軸引き受けたこの映画でイ・ビョンホンは、一緒に二人を堅く支えると同時に与えになって話を解いていく。鏡一度見ないようなビジュアルに全身いっぱい抱いホ当たり機とぼけを震わせながらも、傷を踏んで、家族を大事に出す。映画の重量、キャラクターのカリスマをパラパラと振っても「やはりイ・ビョンホン」が残る。

-より日常的なキャラクターが先に目立つ。

▶日常的なキャラクターをするべきだと考えたわけではない。決して。「南漢山城」の後に、また、各保持する重量のあるキャラクター、そんな人物が出てくる話が私の心に響いたなら、またそのような演技をすることになったのだ。しかし、私いくつかのキャラクターをしなければならなりたい、文字が気に入りいうより全体の情緒や話が気に入った場合は決定することになる。キャラクターは、その次の心配だと考えになる。話が与える力とか情緒が私動かす残りのものの心配は、次のである。どんなキャラクターに会ってかは大きな問題ではない。いくつかの感情の話をするかが問題だ。

-その後、いくつかの感情が心を鳴らしリョトナ。

▶映画を良くことがあれば、同じ心である。映画になるように響きがあり、暖かいし、見る終始楽しさがあった場合。私もシナリオを見て多くのくすくすたてて暖かく感動を受けて良かった。ところが、キャラクターも良かった。照が持っている彼だけ情緒が良かった。

イメージソースを表示
映画「それだけが私の世界」のイ・ビョンホン/写真提供= BHエンターテイメント


-ブレイクダンスを踊る場面が目を引いた。大げさに感じられることもあり、どのようトーンを調整したか。

▶最初の部分に撮った場合、監督と話して水位調節をして体を使用リョトウルような気がする。作品の序盤に文字を正確に私は雑誌なかったり雰囲気に乗らなければ、自信がなくなるはずだ。水位を超えるものではないか、危険なことではないか保守的に気にされる場合が多い。私が思うにブレイクダンス踊る場面は後半だ。キャラクターやストーリーについて自信がついた時だ。そんなときは少し型破りな行動をしながらも、参照するこういうことができて」という信念があるから押し通すことができる。

ブレイクダンス踊る部分はシナリオに「突然起きブレイクダンス踊る照「こう書いてあった。「どのようにすることができないな、しなければならな」と思った。ただし直前にサイのミュージックビデオが出てきて、映画を見て、突然映画の中で抜け出してサイミュージックビデオに出演したイ・ビョンホンを思い出すといけないと思った。

-ダンスの実力は「生まれる」であるだろうとしたが?

▶私高校の時ちょっと遊びました(笑)私の考えでブレイクダンスは、通常のダンスではなく、リズムを大きく重要に考えていなかったようだ。特にしばらく学ぶとき。そう言えば、バクチイルことができる。ブレイクダンスのように体に奇妙な動きをすることに興味が多かったようだ。本物の高校2年生のときに修学旅行に行ったときブレイクダンスかくし芸に出かけた。2などをした。

-現場でも笑わせようだ。秘話はないか?

▶(パク)ジョンミンが、その話をしたよ。ユン・ヨジョン先生笑っというのは、この映画で初めて見る本物の笑いと呼ばれる。元大使がない。'再試して、あなた上手「こんなものは音楽が入ることにした部分とアドリブのように出てきたのだった。先生の声が本物生のような感じがあった。多アドリブだ。どんどん志木市よ。ちょっとすることも困り果てた。スタッフもの驚きさらさら。リハーサルもなかった。それなり考えはしていたがスクスロプジないか。この年齢でブレイクダンスを!

-アイデアもたくさん支払うか?

▶この映画の衣装は、実際によく着る衣装とされるように楽だった。衣装チームもなった感じを出して与えますが、実際の私が長い間着「ジャージ」のパンツやショートパンツ、Tシャツなどがどう思うと本当に感じが私はないか。家の神では、実際の第服を持って来てイプゴンた。

-ヘアスタイルが神なおしゃべり。

▶監督と話をたくさんした。参照する一日一日大変食べて生きていく努力はないか。漫画喫茶で寝泊りしながらチラシ回し運良くアルバイトとのスパーリングパートナーとしてお金を稼ぐ立場だ。外見に全く気を使わないだろうと思っていた

最も楽なことスポーツヘッドだ。刈る行っ偶然ウィトモリから切った。その姿が悪くないだろう。ウィトモリが短く後部横の髪が残っていることがなんとなくてくだった。ハメ撮りを撮って監督に送った。「照です」と言われた。そこで頭を終えて決定が出た。

ところが、普段私が通いに違和感があることは言っていた。知っている人が多私を見て「頭がなぜそう」そうだった。不慣れな様子であり、ひげも荒くありたら。撮影をしばらくしてから退屈してボクシングの選手たちの画像を見ることになった。朴鐘八選手が以前にそのヘアスタイルと同じスタイルをしていたよ。

-流行語になった「インサイダーたち」の「モヒート行っモルディブ一杯」以来アドリブの負担が生じはなかったか。

▶私アドリブを危険だと思っている人である。普段好まずないしようとしている。作家の意図や考えを信じようとするからである。いつも話がジャンルや状況によっては、アドリブを許可するかどうかが変わる。「南漢山城」のような映画は、アドリブが絶対に許されない種類の映画と、「それだけが私の世界」は、監督がすぐに家であるため、監督と協議いいお互い気がすると、十分に行うことができた。

イメージソースを表示
映画「それだけが私の世界」のイ・ビョンホン/写真提供= BHエンターテイメント


-照キャラクターが本人と似ているとしたが。どの部分がそうだと感じキョトナ。

▶同じではない。(笑)少しホ当たりな感じに。なんだか歳に見える感じですが、その人が興味を持っ持たないような部分に陥るような部分がある。ジョイスティックを持ってゲームに勝ちたくて一人で熱受けてゲームに陥る部分などが似ている。私も実際にゲームをたくさんはありませんが、ジョイスティックを取り上げる瞬間少し変わる部分がある。(笑)

- 「こんな演技が主種目」とも呼ばれていた。

▶言いかえれば、数え強烈なサイズおり重量感あるキャラクターをしてこのように完全に解放されて力抜けたキャラクターを演技するのが大変でなかったのかという質問があった。してみるとこれが私の主種目だったかという気がするほど快適にしたという話をした。映画のジャンルや背景やストーリーがあまりにも周りから間接的経験することができる現実についている話と感情たちだはるかに想像に任せず、私感じ見た感情を無理と演技するので、より快適にすることができたようだ。そして、個人的にも、このようなキャラクターを演じることを面白くする。

-近所の型になったイ・ビョンホンが久しぶりではある。

▶正しい。以前にドラマしたとき、このようなキャラクターを演じたことがある。「ハッピートゥゲザー」の台風のような。その友達も運動していた野球選手出身で状況が似ている若干の問題があって運動をやめてそのキャラクターであった。あ盗作か?(笑)とにかくそうだった。関連犯さないでほしい。(笑)

-パク・ジョンミンを絶賛した。いくつかの魅力に陥ったのか。

▶誰心配したのだ。「マラソン」のチョ・スンウがとてもよくし、誰も比較されるしかなく、よくても「よく応じた「評価を受けることができる。ところが、自分だけの解釈と演技ディテールに愛らしいキャラクターを作り出す姿を見ながら驚いた。また、びっくりしたのは実際には不可能であるとしていたピアノ演奏神である。監督にもジョンミンも不可能だとした。ピアノに没頭した残りの演技に気を釘使えばどうしようという心配があったが、その両方を多とるのを見本当にすごいと思った。特に後半作業が終わった状態の映画を見て、再び感心した。

特有の手つきがある。レディーアクションをする前に、すでにその手つきをしているのを見た。この友人は、キャラクターに濡れていきんだ。体が精神が準備しているんだすることを感じながらとても良い姿勢を持つ友人と考えた。

イメージソースを表示
映画「それだけが私の世界」のイ・ビョンホン/写真提供= BHエンターテイメント


- 「ミスターサンシャイン」ドラマの撮影現場では、後輩ギムテリと呼吸を合わせている。

▶撮影を開始し、ギムテリとは、一日の撮影を共にした。どうと言うこと正しい間違っか分からない。ギムテリパク・ジョンミンもそう」ヒョプニョ」でのようにしたギムゴウンもそう最近注目見る若い俳優たちがいないか。違うと思うかをあえて挙げるなら「デボムハム」だ。どの状況でも「節足動物」ない。普段は非常に礼儀正しく、先輩の前で難しくても、カメラの前では、自分がしたいことをタックを示すデボムハムがあったよ。私たちの子供の頃とは違う。かっこいい。

-ドラマでは、どのような姿が登場するか?

▶率直に言えば感がない入れる。撮影をした4日程度だった。私の姿がどんな姿で出てくる感がよく来ない。

-キム・ウンスクドラマとオーグル距離セリフはないか。してみるとどうか。

▶今手がないピョジンダ(笑)まだよく分からない。

-年齢な男女のロマンスの批判的な視線もある。

▶作家とPDの考えでは、すべてのキャストが行われて彼らなりの考えがあると思う。

-ユン・ヨジョンとの呼吸はどうだったか。

▶ユン・ヨジョン先生は「直接的法」とが、痛快に飛ばす法をお持ちの方である。クールだと感じることもして「三ましょう」と感じることもある。一方、非常に女性らしくする面がある。他の二つの部分が共存する分である。そんな魅力を持った方である。そして、その延世大も相変わらず魅力を持った方である。

常に努力しもがい打たれないこと気がする。有毒ママキャラクターが感情の多くを示した。撮影現場で見ると、瞬間的に没頭している姿が、通常の情熱にならないと考えている。瞬間没入しながら感情を演じて出すのを見本当にすごかっ橋田考えた。そのため、長い俳優生活をされたこともまだ人々が望む俳優になり見守る俳優になることがのではないかという気がした。

-長い演技したのにいつも新しい緊張されるか?

▶先輩たちがそのような言葉にならないか。本当に共感になる。あれも形式的なコメントではないかできますが、そうではないと思う。毎回するたびに緊張感と悩みは、その形が違うだけで、その大きさは違うと思う。どのように考えれば、人の性格の違いであることもあるようだ。しかし、ほとんどは似ていないかと思う。

-いわゆる演技の天才イ・ビョンホンがそのような言葉をので新しい。

▶天才は階下にある。(笑)(パク・ジョンミンのインタビューが下記の2階で進行中だった)                      今までの、ぽとぽち出ていた記事をまとめた感じです。さて、その天才とBHさんに言われているパク・ジョンミン君はどんな風にBHさんのことを語っているでしょうか?                                                  

憧れたイ・ビョンホンとの撮影、「メモ王」されたパク・ジョンミン(インタビュー③)



イメージソースを表示
▲写真=イ・スンフン記者


サヴァン症候群のあるキャラクターを演技して好評を博している俳優パク・ジョンミンがイ・ビョンホンとの撮影を通じて学んだことを告白した。撮影現場でも先輩の演技を見守って驚いたのはもちろんのこと、時々メモを忘れていなかっ彼の言葉で、心からの敬意が埋めた。

パク・ジョンミンは去る4日午後、ソウル鍾路区カフェで行われたfnスターとのインタビューで、「イ・ビョンホン先輩と撮影した後、さらに好きで尊敬した」と話し始めた。

彼は「私は先輩を個人的に知らなかったとき憧れの学び芸能人だった。幼い時から好きだった先輩だ。映画の中で見ると、「どのようにあのようにすることができませ」という疑問を抱くようになったよ」と、「一緒に作業してみた結果、先輩を見守りながら毎瞬間に感じる点が多く受けて少なくたりもしそうだった。モニターする方式やテイクごとに異なる演技をするのが印象的だった。次の映画でソモクオてみようが、まだダメよ」と笑った。

書いたものの中の記憶私はないかと尋ねると、パク・ジョンミンは「些細な差で大きなニュアンスの変化を作り出すことだ。先輩のゴゲトジトかに大使のニュアンスが完全に違ってくる。「これは何」という思いがして驚いた」と話した。

続いて「(演技をした後、)モニターで見るのはそれを正確にキャッチし、計算をっけ。監督やスクリプターと話をしながらしっかりと作られていく様子が記憶に残る。私は私の演技にも忙しい面先輩は映画をみんなで作って行く感じだった」と述べた。

加えて、彼はイ・ビョンホンと現場でアドリブ呼吸が良かった打ち明け「最初は先輩が現場でどのように相手と演技していることを知らない状態からアドリブをしていなかった」とし「シナリオ通り演技したくなることができ、それが楽することができる。私は最初からいろいろをしまえば恥ずかしいことができますので、シナリオ通り行こうとした」と回想した。

パク・ジョンミンは「先輩がテイクごとに異なる姿を見せてくれるから私は一人(台本と)同じようにするとアンサンブル成立にならないので、私も少しずつ変化を与えてからアドリブが多かったシーンの撮影をきっかけにして、より準備のものを試み作ることができるきっかけとなった」と打ち明けた。

「それだけが私の世界」でサヴァン症候群を患うピアノの天才ジンテに扮したパク・ジョンミンは、完璧なキャラクター分析に基づいて感動的な演技を披露する。

この作品は、洗浄した元ボクサー照(イ・ビョンホン)が突然現れた母親インスク(ユン・ヨジョン)とサヴァン症候群である弟ジンテ(パク・ジョンミン分)を真の意味の家族に受け入れるまでの過程を描く。来る17日封切りする。                       BHさんのことをよく見ているね~~。「些細な差で大きなニュアンスの変化を作り出すことだ」、「私は私の演技にも忙しい面先輩は映画をみんなで作って行く感じだった」そうそう、そこがBHさんの映画に対する情熱と演技力。早く、見てみたいですね~^。久しぶりのテプン?

トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/28954389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2018-01-05 23:39 | 韓国映画 | Trackback | Comments(0)