ブログトップ | ログイン

「それだけが私の世界」マスコミ試写会!続編!+「映画の旅??」1/4(木)

175.png175.png175.png175.png110.png1/4(木)23:00

皆さん、アンニョン!

朝から、張り切って、大阪行き!
電車の中では、一度もたつことなく、ゆったりと、物思いに浸りながら~~~。
と、ここまでは良かったのですが…。
肝心の映画が鑑賞が…。

コクソンは皆さん、熱演で特に國村さんはここまでするのか?という感じで体当たりの演技でした。
しかし、肝心のストリーが何だかよくわからない。
その村でいろいろな事件が起きるのですが、その原因が外から来た日本人のせいに・・。
噂がうわさを呼んで・・・。初めは、否定をしていた人もだんだんそう思うようになる~~。
ここまでは良いのですが、祈祷師が出てきて、また、不思議な女性も出てきて…。
毒キノコによる妄想が原因だとわかってくるのですが…。

一生懸命解明しようとみていたのですが、少女がお母さんを殺して~~~、というところから意識がなくなり、私のですが…。
肝心の結末がわからない~~。
最後まで、見た方、そのあとどうなったか?ぜひ、教えてください。

「マスター」に至っては、起きていたのは、初めと終わりでけ~~。
BHさん、ミアネヨ~~。

帰りの、電車の中で、こんなことで、映画好きと豪語?してよいのか?と反省。
しかし、本当に、この頃、映画を見ていると寝てしまう~~。
王様は10回見たけど、そんなに寝なかったし、その時その時で発見があり飽きなかったのに~~。

これが、1000万越えと800万の違い?などと勝手に、責任を映画に、押し付けています。
懲りずに、出かけるぞ~~。

さてさて、一日外に出ている間にBHさんは色々見せてくれました~~。
先ず、ダンス!!


歌も披露~~!
162.png
高音が苦しそうですが…。よく頑張りました!!

役柄が軽いので、こういうイベントも、軽い感じ??楽しそうですね~^。

インタビュー記事もいっぱい出ていました。重複するものもありますので、少し、省略しながら、
先ず、映画について

イ・ビョンホン「日常のキャラクター。普段着ジャージ動員 "

[スターニュースギムヒョンロク記者]
イメージソースを表示
映画「それだけが私の世界」のイ・ビョンホン/写真提供= BHエンターテイメント


俳優イ・ビョンホンが現実に足つけキャラクターの感じのために、実際の着」ジャージ」を持ってきて、カメラの前で着ている電解注目を集めた。

イ・ビョンホンは映画「それだけが私の世界」(監督チェソンヒョン・製作JKフィルム)封切りを控えた4日、ソウル三清洞のあるカフェでインタビューを持ってこのように述べ。

劇中拳マルゴン信じがない退物ボクサー照役を演じ、カリスマを完全に軽減たお馴染みのキャラクターを披露したイ・ビョンホンは「「それだけが私の世界」の衣装は、実際によく着る衣装と特に楽だった」と述べた。

彼は「衣装チームもなった感じを出して与えますが、実際の私が長い間着「ジャージ」のパンツやショートパンツ、Tシャツなどがどう思うと本当に感じが私ではないか。家にいるシーンでは、実際の第服を持って来てイプゴンた」と耳打ちした。

イ・ビョンホンは「参照する一日一日大変食べて生きていく努力はないか。漫画喫茶で寝泊りしながらチラシ回し運良くアルバイトとのスパーリングパートナーとしてお金を稼ぐ立場だ。外見に全く気を使わないだろうと思った」と監督と相談してキャラクターの外観を作っていったにも説明した。

そうして誕生したのが横頭と頭がふさふさした照特有のヘアスタイル。イ・ビョンホンは「最も楽な頭がスポーツヘッドだし刈る行っ偶然ウィトモリからカットくださった」とスタイル誕生秘話を伝えた。

イ・ビョンホンは「その姿が悪くなかった。ウィトモリが短く後部横の髪が残っていることがなんとなくてくだった。ハメ撮りを撮って監督に送った。「照です」と言われた。そこで決定が出た」と付け加えた。

イ・ビョンホンは「後で撮影をしばらくしてから退屈してボクシングの選手たちの画像を見ることになった。朴鐘八選手が以前にそのヘアスタイルと同じスタイルをしていたよ」と、「私が見たようだと思ったのが朴鐘八選手だったか考えもした」と付け加えた。

一方、イ・ビョンホンの新作映画「それだけが私の世界」は、洗浄した元ボクサー照が17年ぶりに別れた母親インスクは、サーバント症候群弟ジンテに会って広がることを盛り込んだヒューマンドラマだ。映画は来る17日封切りを前置いた。

【SE★インタビュー②] 'それだけが私の世界」イ・ビョンホン "高2の時ブレイクダンスで2なおざり的だ"

[ソウル経済]俳優イ・ビョンホンがブレイクダンスの特別な自信を誇示した。

イメージソースを表示
俳優イ・ビョンホン/写真= CJエンターテイメント


イ・ビョンホンは4日、ソウル鍾路区三清洞カフェで映画「それだけが私の世界」(監督チェソンヒョン)関連インタビューを進行した。

「それだけが私の世界」で、イ・ビョンホンは下火ボクサー照役を演じながらママインスク(ユン・ヨジョン)との会話の中でブレイクダンスを踊る愉快な姿を披露する。インスク、弟ジンテ(パク・ジョンミン)と家族の写真を撮る場面でも滑稽な表情で笑いをかもし出す。

これに対してイ・ビョンホンは「その場面を最初に撮ったら悩みをたくさんしたり、水位を調節して、体考慮演技したようだ。作品序盤に文字を正確に乗っていかなければ、自信がなくなるはずだ。保守的に考えると、消極的ことができる」と述べた。

続いて「ブレイクダンス神ハメ撮りポーズ神はすでにキャラクターに自信がついた後半神だった。破格だと考えながらも、参照することはできませあると考えて押し通した。写真を撮るのは私の自由なポーズだったが、ブレイクダンス踊る場面はそう指紋があった。ざるを得ないと考えた。直前にすぐにサイのミュージックビデオで出てきて、映画を見て観客が抜けてくるとミュージックビデオの中イ・ビョンホンを思い出すとならないのに、と思った」と述べた。

ブレイクダンスの実力が尋常ない言葉が出てきた」高校の時ちょっと遊んだ」と冗談をどのイ・ビョンホンは「私が考えるブレイクダンスは、他のダンスよりもリズムを大きく重要に考えていないチュムインようだ。私リズムをよく乗って拍子感覚が異常なのはないので、ブレイクダンスのような奇妙な動きに関心が多かった」とし「実際に高校2年生の時、修学旅行に行った時ブレイクダンスを踊って、学校で2等をしたことがある」と学生時代の姿を取り出した。

その神の撮影秘話については、「(朴)ジョンミンが、その話をしたよ。ブレイクダンスシーンでユン・ヨジョン先生が笑っは神が映画で初めて見るほどの笑いと呼ばれる。そのシーンでは、台詞がない可能性だ。元そこには音楽が入るにして、私たちの声が入ると思っていなかった。アドリブのように言われたのが映画に入れられた。先生の声がそうな感じだった。一度また立ち上がって再び踊る場面もあるアドリブだった。ユン・ヨジョン先生がどんどん志木市よ。(笑)スタッフも皆一緒に驚いた。それなりこの年齢で恥ずかしいとも思われた」と伝えた。

だけでなく、イ・ビョンホンは劇中膜切ったような短いヘアスタイルとトレーニング服姿で、これまでのカリスマを脱いで親しみ米を装着して、注目を集めている。彼は「「南漢山城」でも今回も二枚ほどの服を着た。時代劇では、中に着ることも多く、きちんとしなければして不便した。この映画の中での衣装は、家でよく着る服たちだからされるように楽だった。衣装チームがなったように見えるように演出もあるが、私が実際に着ていたのもリアリティのために持って来て着」と述べた。

ヘアスタイルについてチェソンヒョン監督と多く上というイ・ビョンホンは「とにかく参照する日々暮らす人物なのに、そのような友人なので、外見に全く気を使わないだろうと思った。最も楽なのはスポーツの頭だと思って頭を刈る行っウィトモリから削りながらそれは悪くなかったよ。されるように不慣れこともしながら照ダウン感じがした。ハメ撮りを撮って監督に送ったところ「照です」と言われた。その決定が出た」と述べた。

これと共に「普段通い円違和感があることは言っていた。知っている人が「頭がなぜそう」とそういえばよ。ヒゲもラフナイトゴ。撮影をしばらくしてからボクサーのイメージを見るた。バクジョパル選手が同じヘアスタイルをしていて驚いた」と付け加えた。

後輩の俳優さんについては?                                                    

【SE★インタビュー①]「それだけが私の世界」イ・ビョンホン "パク・ジョンミン・ギムテリ・ギムゴウン煙、私たちの時と異なり、"

[ソウル経済]俳優イ・ビョンホンがパク・ジョンミンを含む周辺の俳優たちの演技に感心を吐き出した。

이미지 원본보기
俳優イ・ビョンホン/写真= CJエンターテイメント


イ・ビョンホンは4日、ソウル鍾路区三清洞カフェで映画「それだけが私の世界」(監督チェソンヒョン)関連インタビューを進行した。

劇中イ・ビョンホンは下火ボクサー照逆にサヴァン症候群の弟であるジンテ役のパク・ジョンミンと映画全般で呼吸を合わせた。

「それだけが私の世界」の制作報告会、マスコミ試写会など公式行事でパク・ジョンミンの演技絶賛を惜しまなかったイ・ビョンホンは「誰もが映画を見てジンテ駅の心配をしたのだ。「マラソン」のチョ・スンウと壁が高かった。その比較されるしかなかった。「よく応じた」という程度の評価を受けざるをえなかったはずなのに、(パク・ジョンミンは)自分だけの解釈と演技ディテールにも愛らしく新しいキャラクターを作ったのを見て驚いた」と話した。

これと共に「本当にびっくりしたのは、CGをアン書く話をした時だ。ジョンミンがピアノ神に没頭したときに他のものに自分の演技にエネルギーをより使わなければならないでしょうとの懸念が少しあった。両方の方法をもとるのを見て、本当にすごいと思った」と伝えた。

撮影現場でパク・ジョンミンが演技をどのように準備したのか尋ねると、「自分の特有のサーバント症候群の癖、指の冗談、興奮したときなどの癖を自分が設定し事前に見えて大まかには、相手の俳優が分かるよ。ある時はレディアクションがされる前に、既に手つきをしていることもした。この友人は、本当にキャラクターに濡れ入りんだと感じた。体と精神がすでに準備ができていると思いながら、とても良い姿勢を持った俳優だと思った」と重ねて感心した。

次期作であるtvNドラマ「ミスターサンシャイン」でギムテリと演技したイ・ビョンホンは「撮影を4日ほどだった。パク・ジョンミン、ギムテリ、「ヒョプニョ、ナイフの記憶」ギムゴウンなど若い俳優たちを見ると、私たちと他の部分が「デボムハム「このことだ。どんな状況でも気後れてスラッシング大地ない。先輩の前で難しくしながらもカメラの前では、自分がしたいの姿をそのまま見せてくれる。私たち子供の頃とは違う」と述べた。

一方、今回の映画で一緒にしたユン・ヨジョンについては「ユン・ヨジョン先生は痛快な直接的法をお持ちの方である。一方、されるように女性らしく保護本能を起こす魅力もありました」とし「その延世大に多くの人がまだ注目しかないと感じた点が、生活演技もされるようにたくさん悩んでもがい市はを見た。有毒ママキャラクターがこの映画の中で感情の多くを持ち上げからである。瞬間的に没入される姿が普通の情熱にはよくないと思う」と述べた。

新しい、ハリウッド映画については                                                【Oh!コーヒー④]イ・ビョンホン "ハリウッド作品に出演提案が、まだ計画はない」記事入力2018.01.04午前11:52 最終的な修正2018.01.04午後1:13 記事原文
イメージソースを表示

[OSEN =ギムボラ記者](インタビュー③に続き)「それだけが私の世界」(監督チェソンヒョン)は、韓国映画を代表する俳優イ・ビョンホンと次世代俳優として注目されるパク・ジョンミンの最初の出会いで、新鮮で特別な相乗効果を期待させる。

最近になって、映画「インサイダーたち」「マスター」「南漢山城」など毎作品ジャンルとキャラクターを選ばない完璧に近い演技力で観客をとりこにしてきたイ・ビョンホンは新作「それだけが私の世界」では線太く重量感あるキャラクターを脱いで、近所型のように親しくして人間味あふれる照に変身した。

一生を拳だけを信じて生きてきたが、今はプライドだけが残った洗浄元ボクサー照。カリスマ、コミック、感動しまで消化するイ・ビョンホンの卓越した演技が加わって見るほど魅力あるキャラクターに完成した。

イ・ビョンホンは4日午前、ソウル三清洞のあるカフェで行われたインタビューで、「前作と違って、今回は、日常的なキャラクターを一度みたいと思って、選択したのではない」とし「「南漢山城」以降(私の好みのシナリオが)各キャッチ人物が出てくる映画だったら、またそのような作品を選択したはずだ。私いくつかのキャラクターを演じなければならないという考えよりも私の心をつかむシナリオでは、話が与える力、情緒が私を動かすと、その次にキャラクターの心配をすることになる」と説明した。

彼にどのような職業や背景を持ったキャラクターを務めるのは、あまり重要ではない。ただ、心を躍ら話は、それを通過しようとするメッセージが重要であることを意味だ。」何の話と情緒を話すかが大きな問題だ」と「それだけが私の世界」

イ・ビョンホンは、比較的リアルなキャラクターを演じたが、その誰よりもリアルに、現実的によく生かした。イ・ビョンホンはイ・ビョンホンだ。

""南漢山城」の時もそうだったが、それだけが私の世界」も二、三着の衣装だけで行った。もちろん時代劇は中に着る服も多くきちんと備えることによってブルピョンハンデ、この映画の中のキャラクターは、自宅でよく着る服を着るためにされるように楽だった。もちろん衣装チームもわざわざヘジン服を持ってましたが、実際に私が長い間着トレーニングスーツとショートパンツ、Tシャツを撮影現場に数個持って行った。家の中のシーンを撮影するときに受けた"と耳打ちした。

イ・ビョンホンは国内の映画市場でキャスティング1順位に該当するが、ハリウッド映画版でも通じる俳優である。デビュー後骨太の作品に出演して韓流俳優の価値を証明してきた。

これに対してイ・ビョンホンは、 「たまに今ハリウッド作品で提案が入ってきて検討はしているが、まだ出演する考えがある作品はない」と述べた                                                               最後に、パク・ジョンミン君のBHさん評!                                            

「それだけが〜」ジョンミン "イ・ビョンホン、アドバイスより尊重する先輩"(インタビュー)

<ジョイニュース24>

[ジョイニュース24グォンヒェリム記者]俳優パク・ジョンミンが映画「それだけが私の世界」でイ・ビョンホン、ユン・ヨジョンと演技呼吸を割った所感を発表した。

4日、ソウル三清洞のあるカフェで映画「それだけが私の世界」(監督チェソンヒョン、製作(株)JKフィルム)の封切りを控えた俳優パク・ジョンミンのラウンドインタビューが行われた。

「それだけが私の世界」は、拳だけを信じて生きてきた下火元ボクサー照とママだけを信じて生きてきたサヴァン症候群の弟ジンテ、生きてきたところも上手も好きなのも、他の二人の兄弟が生まれて初めて会っ広がる話を描いた映画だ。

劇中パク・ジョンミンはサヴァン症候群ジンテ役を演じた。ピアノ演奏に眼識を持った人物である。照駅イ・ビョンホンと兄弟に扮パク・ジョンミンは、映画の公式席上で、イ・ビョンホンから数多くの賞賛をリードし出しただけ滑らかな演技を披露した。

イメージソースを表示

これに対してパク・ジョンミンは「一緒に演技しながらおもしろかった」とし「私は実際に大きく、現場を率いるのではなく追う後輩の立場だった。先輩が準備してきアイデアを出す姿をさらさら追いかけ行ったりした」と述べた。

続いて「イ・ビョンホン先輩は毎テイクごとに演技が多様になる」とし「準備方法でのみとアンサンブルがない生気から見守るようになったよ。正確に見て、それに対するリアクションが出ないか。密接にリラックスしてよくしようとするそのような姿が好きいただいたものだ」と笑って付け加えた。

イ・ビョンホンが、具体的なアドバイスをくれるより、後輩俳優の一人と同等の演技パートナーとしてについて与えたのがパク・ジョンミンの話だ。彼は「助言とするほどの話をあまり話してくれアンウシンがより感謝した。私のために、私は後輩なのに一人の仲間と考えてくれるようだった」とし「「君が準備したこと、したいことは一度してみて」という感じだった。ある瞬間それになったよ」と語った。

パク・ジョンミンは「序盤はシナリオ通りならば不快ことかと思って演技を硬くしたイ・ビョンホン先輩がどの瞬間タック解放くれ、私に準備したこと、したいことをしてしまった」とし「それが好き与えられた。その姿がどのようなアドバイスよりも感謝した」と石せた。

デベオユン・ヨジョンとは帽子演技を繰り広げた。普段ユン・ヨジョンのファンだったと明らかにしたパク・ジョンミンは「ユン・ヨジョン先生が大好きである」とし「おもしろい」ものクラッシュ」がある方だ。思わず「カット」した後、先生の前にはあったよ」と撮影当時を思い出した。続いて「先生の話を聞いて笑って撮影をしに行って、そうしてみる先生がきれいに見ていただいたようでもある」と発表した。

映画は来る17日封切りする。

イメージソース表示なるほどね~~。対等な仲間として、尊重してくれた?BHさんらしいね~~。今までは、若い俳優さんにいろいろアドバイスをしていたけど…。言葉ではなく、若手の俳優さんのアイデアを尊重して、それに自分が合わせる?その若手の俳優さんが、アドバイスが要らないぐらい、自分で工夫をしたり考えて来るから?「ミスターサンシャイン」の共演者の俳優さんも、テリちゃんだけでゃなく、シッカリした人が多いから、楽しみですね~~。










トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/28938975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2018-01-04 23:10 | 韓国映画 | Trackback | Comments(0)