ブログトップ | ログイン

「それだけが私の世界」トークショー関係記事!」+年末のお仕事?!12/28(木)

New


≪BHエンタ関係≫
***********************
016.gif「あざりす日記」 次男夫婦のブログです。
NEW
027.gif「ヌルボ・イルボ 韓国文化の海」 映画の興行成績などもわかります。

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif

174.png175.png174.png175.png110.png12/28(木)23:20

皆さん、アンニョン!
旦那さんは、朝から病院。
結果は異常なし。血圧は150~160で血管が切れることはないとのこと、ちなみに病院で測った時は130だったそうです。
普段は、健康に無頓着で、「いつ、死んでもよい。好きなものを食べて、好きなことをする」
と、豪語してますが…。

いざ、風邪などを引いたり、調子が少しでも悪くなると大騒ぎです。
まあ~~、その方が、早期発見できるからよいのかもしれませんが・・。

私は、午前中は裁縫道具の整理整頓。今までもしていたのですが、少し裁縫をすると、後かたずけをきちんとしないのでぐちゃぐちゃになります。
会ったところに返す。整理整頓の基本ですが、私は、それが苦手です。

新しい家なので、荷物が少なく、今なら、どの部屋もそれほど時間がかからず整理できます。
結局、荷物が増えると、その分、整理整頓が大変になる。荷物を増やさないことが大切ですね~~。
年末の片づけは......そこまで。明日は、もう少し頑張らないと・・。

お昼からは、カバン作り。なかなか、思うようにいきませんが…、ボチボチです。カーテン生地は使いにくです。
ミンジョンさんの「帰ってきてダーリン」を見ながら、結構、面白いけどな~^。

ところで、昨晩の「それだけが私の世界」の「V LIVE」の録画はもう見ましたか?


一部分、ニュースになり何を言っていたのかがわかりました。

俳優イ・ビョンホン、映画「それだけが私の世界」の制作秘話を明かす

お気に入りに追加

韓国俳優イ・ビョンホンが、映画「それだけが私の世界」の制作秘話を明かした。(提供:OSEN)

韓国俳優イ・ビョンホンが、映画「それだけが私の世界」の制作秘話を明かした。

27日にNAVERのVアプリで配信された映画「それだけが私の世界」ムービートークライブで、イ・ビョンホンは前職がボクサーというキャラクターについて語った。

一時は東洋のチャンピオンにまでなったボクサーのチョハを演じたイ・ビョンホンは、完ぺきなフォームのためにボクシングの練習に励んだという。「色褪せた前職ボクサーの役なのでボクシングを少し習った」とし、「ボクシング選手のように見えるような体の管理はほとんどしなかった。普段の私の体のように“色褪せた”体を維持した」と明かした。

さらにイ・ビョンホンは徹底した練習によって鍛えられたボクサーらしいポーズを見せた。

映画「それだけが私の世界」は、拳だけを信じて生きてきた前職ボクサーのチョハ(イ・ビョンホン)と、母親だけを信じて生きてきたサヴァン症候群の弟ジンテ(パク・ジョンミン)、生きてきた場所もできることも好きなことも違う兄弟が、生まれて初めて出会って繰り広げられるストーリーを描いた作品。韓国で2018年1月17日に公開する。


[Vライブ総合]「それだけが私の世界」ユン・ヨジョン "イ・ビョンホン出演の便りに直接出演決定」

イメージソースを表示

[エックスポツニュース章難インターン記者]俳優ユン・ヨジョンが'それだけが私の世界」に出演を決めたきっかけについて明らかにした。

27日に放送されたネイバーVライブ」ムービートークライブ<それだけが私の世界>編」では、俳優イ・ビョンホン、ユン・ヨジョン、パク・ジョンミンが出演してパク・キョンリムと話を交わした。

この日パク・キョンリムはユン・ヨジョンに「先生がイ・ビョンホン氏が「それだけが私の世界」に出演しても出演を決めたそうましたがこれ事実なのか」と尋ね、これにユン・ヨジョンは「私は、実際にしか言わない」とし「当時、シナリオ30ページ程度しか読んでいたイ・ビョンホンがキャスティングされたし、すぐに出演を決めた」と明らかにした。

続いて「だから撮影現場でちょっと難しいかいかない状況にイ・ビョンホンに行っ」だ君のためにならないとシリアだ責任を取れ」と言った」と付け加えて爆笑させた。

これ聞いていたイ・ビョンホンは「最初はいたずらであることを知って笑って渡した継続いただき私は本当の責任を負うことはないか圧迫感を感じた」と打ち明けた。

以後「ユン・ヨジョン先生が考えている劇中インスク役似ている点は何なのか」は、パク・キョンリムの質問にユン・ヨジョンは、「本当に一個もない」と答えた。

これイ・ビョンホンは「似ている点は暖かさだ。普段の言葉をとんとんれますが、その中に温かさがある」と述べた。パク・ジョンミンはまた、 "正しい。

また、この日、映画機の現場の映像と互いに新年の願いを交わすなど、多様な見どころを提供した。

最後に感想を言う時にイ・ビョンホンは「今日も緊張したのにジェミトオトゴ、今日感じたのはパク・ジョンミン学ぶ本当に天才的なようだ。できないことがない」と感心した。続いてパク・ジョンミンは「今日のライブだとたくさん緊張したが、よくいただき、幸いである。今日の進行してくださったパク・キョンリムさんは本当によくしていただきありがとうございます」と所感を伝えた。

一方、「それだけが私の世界」は、拳だけを信じて生きてきた下火元ボクサー照(イ・ビョンホン)とママだけを信じて生きてきたサヴァン症候群の弟ジンテ(パク・ジョンミン)、生きてきたところも、上手ことも、好きなことも、他の二人の兄弟が生まれて初めて会って広がる話を描いた映画で、来年1月17日封切りする。
ユン・ヨジュンさん、貫禄がありますよね~~。コミカルな演技が天性のもの?トークショーでも、短い話で、笑いをたくさん撮っていましたよね~^。パク・ジョンミン君、緊張していたのですね~^。二人の大物俳優と一緒なのですから~~、ご苦労様でした。しかし、話す内容などを見ていると賢い方ですね~^。 

どの彼が、お好きですか?                                                



トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/28806072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2017-12-28 23:27 | 韓国映画 | Trackback | Comments(0)