「[53回大鐘賞映画祭】「インサイダーたち」だけ輝いていた(総合)!」追記あり!!12/27()

≪BHエンタ関係≫
NEW
061.gif「特典付きムビチケカード」*日本語字幕付き予告編あり。
NEW

016.gif「あざりすの妊活日記」 次男夫婦のブログです。

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif

≪追記≫12/28(水)8:10



072.gif072.gif072.gif038.gif12/27(火)23:20

遅くなりました。裁縫に夢中になってしまった~~!
結果は・・・!!


「インサイダーたち」、作品賞など5冠。イ・ビョンホン - ソン・イェジン男女主演(総合)[53回大鐘賞映画祭]

[OSEN =キム・ギョンジュ記者]映画「インサイダーたち」が作品賞など5冠王に上がった。

「インサイダーたち」は27日午後、世宗大学で開かれた第53回大鐘賞映画祭で5冠を受賞する喜びを味わうことになった。

「インサイダーたち」は、最優秀作品賞をはじめ、監督賞(オミンホ)、主演男優賞(イ・ビョンホン)、企画賞、シナリオ賞など5冠を占め最多冠王という栄誉を手にした。

「インサイダーたち」だけでなく「谷城」も5冠を獲得し、新人女優賞(ギムファンフイ)、録音賞、編集賞、照明賞、撮影賞など技術上の主要部門を総なめにした。

主演男優賞は異変なし俳優イ・ビョンホンにに戻った。映画「インサイダーたち」で主演男優賞を受賞したイ・ビョンホンはこれで金メダル10個という気炎を吐くされた。主演女優賞は「徳恵翁主」ソン・イェジンが占めた。

監督賞は「インサイダーたち」のオミンホ監督が受賞した。オミンホ監督は受賞後に舞台の上に上がって、俳優たち、スタッフ、そして映画の原作作家であるユン・テホ作家に感謝を渡して「ジャンプ作品が興行に失敗して、この映画がよくできない場合は、映画をできないこともできるという考えをしたりしした "と所感を明らかにした。

続いて両親の話をしていたのかっとする姿を見せ、現場に集まったこれらの温かい拍手を引き出すこともした。

助演男優賞は映画「スパイ」で格別な存在感を誇ったオムテグがトロフィーをアンアトウミョ助演女優賞は映画「徳恵翁主」で徳恵翁主と一緒にして観客の目頭を赤くしがち作ったラミとが受賞した。

新人男優賞は映画「4等」のジョンガラムに戻って行き新人女優賞は映画「谷城」のギムファンフイが受賞した。

次は、受賞者(作)
▲新人男優賞=ジョンガラム(4など)
▲新人女優賞=ギムファンフイ(谷城)
▲ニューライジング賞=キム・ヒジン(仁川上陸作戦)、チェリ(帰郷)
▲新人監督賞=趙廷来(帰郷)
▲衣装賞=「徳恵翁主」
▲美術賞=「密偵」
▲音楽賞=「徳恵翁主」
▲録音賞=「谷城」
▲助演男優賞=オム・テグ(密偵)
▲助演女優賞=ラミーと(徳恵翁主)
▲先端技術特別賞= '大'
▲編集賞=「谷城」
▲照明賞=「谷城」
▲撮影賞=「谷城」
▲企画賞=「インサイダーたち」
▲シナリオ賞=「インサイダーたち」
▲人気賞=イ・ボムス(仁川上陸作戦)
▲監督賞=オミンホ(インサイダーたち)
▲男優=イ・ビョンホン(インサイダー秒)
▲主演女優賞=ソン・イェジン(徳恵翁主)
▲最優秀作品賞=「インサイダーたち」


[53回大鐘賞映画祭】22個のうち14個代理受賞... 「インサイダーたち」だけ輝いていた(総合)

出典:キムヒョヌ記者
[Enterてきたニュースイ・ジュヒ記者]映画「インサイダーたち」が第53回大鐘賞映画祭最優秀作品賞、監督賞、主演男優賞など5冠、「谷城」「徳恵翁主」が4冠を獲得した。しかし、雰囲気はお祭りではなく、ミンマンハムの連続だった。

27日午後、ソウル世宗大学校コンベンションセンターで第53回大鐘賞映画祭が開催された。

この日の授賞式にはイ・ビョンホン、イ・ボムス、バイエル、ギムファンフイ、強いが、チェリ、ジョンガラム、キム・ヒジン、立ってウナ、ペパーミント、ギムヨル、ベクスンフイ、移住光、最ユン・スル、ギムウォンヒョ、兆ウォン、ギジュボン、告知勝などが参加した。主演俳優として参加したのは、イ・ビョンホンが唯一だ。

今年大鐘賞は授賞式10もない残した時期に俳優たちに連絡をしてひんしゅくを買った。また、昨年と同様に、男女主演賞候補であるソン・ガンホ、チェ・ミンシク、グァクドウォン、ハ・ジョンウ、ペ・ドゥナ、シム・ウンギョン、男女助演賞候補イ・ギョンヨン、ユンジェムン、チョンオフイなどほとんどの俳優たちが、他の撮影を理由に参加しなかった。

授賞式に出席した俳優のイ・ビョンホンは主演男優賞を受賞し、イ・ボムスは人気賞、ギムファンフイは新人女優賞を獲得した。バイエルは、助演女優賞にノミネートされ上がった関係にとどまった。新人賞候補にはキム・ヒジン、ギムファンフイ、強いが、チェリなどが参加したが、ギムファンフイは新人賞を、キム・ヒジンとチェリは、ニューライジング賞を獲得した。

今回の授賞式で、大衆と俳優たちが最も心配した部分は、昨年と同様に、「参加賞」に変質されないかであった。「インサイダーたち」のイ・ビョンホン、「谷城」のギムファンフイなど、今回の授賞式に出席していなくても値する俳優だが、事前に告知していないニューライジング像新設されるなど、疑問を得ることができなくなった。

授賞者に出てきたした監督は、「補完が徹底した。私は受賞者を今まで知らずにいる」と話したが、別のプレゼンターは、「私はさっき見た、度忘れした"と言って矛盾した状況を作ることもした。

大鐘賞は新人男優賞から南及び助演女優賞、主演女優賞など22部門のうち14部門が代理受賞をして寂しい雰囲気を継続した。昨年最多代理受賞者は、司会者であるシン・ヒョンジュンだった。授賞式の後大鐘賞MCが「極限職業」という言葉が出てきた程度。今回は「徳恵翁主」のプロデューサーと俳優ギムファンフイがその役割を果たした。「徳恵翁主」プロデューサーは、「黒服が爆発した」と衣装賞、音楽賞、助演女優賞などを代理受賞し、MCであるキム・ビョンチャンは、「私の方が、今日どのように多くの代理受賞をするか、今日のもう一つの醍醐味ではないか」と笑えない話をした。「谷城」のギムファンフイは新人女優賞を受賞以来、編集上、照明賞、撮影賞などを受賞しに上がってきて、「この賞はよく伝達するようにします」と毎回話をする必要がありました。

昨年大鐘賞では、「国際市場」が10冠をし独占したが、今年は「谷城」「徳恵翁主」「インサイダーたち」3つの映画は、ほとんどの賞を受賞した。「谷城」は、主にスタッフ賞を受賞した、「インサイダーたち」は、主要な賞を受賞した。「インサイダーたち」のイ・ビョンホンとオミンホ監督などは、今回の授賞式に出席し大鐘賞の桁を光出し、大鐘の問題についても避けずに直面した。

20年前の大鐘賞で新人男優賞を受賞した後に、今回の主演男優賞を受賞することにしたイ・ビョンホンは、「今日の授賞式きて、多くの気がした。賞を受けるのは嬉しい、率直に言って、今日は重い心が上回った。大鐘賞がこれまで問題が多かった。まだすべての問題が解決されなかった。その名誉を再見つけることは短時間に解決されることはないだろう。しかし、長い時間を続けてきた授賞式が不名誉になくなるわけではなおさらないと思う」と話した。

続いてイ・ビョンホンは、「私も何が最も賢明な解決策であることを知らないが、変化というのは、個人の意志というより、誰もが心になって努力をした瞬間に始まる。私は20年前にこの授賞式にきてときめいて光栄に思った心を持っていたかのように、後輩たちもそのような気持ちで、この授賞式を見つけて欲しい。私生まれなかった50年前、大先輩たちが大きな意味で、この授賞式を作成したものである。今後輩たちがもっと悩んで守らなければならないかと思う」と感想を伝えた。

最優秀作品賞を受賞した「インサイダーたち」プロデューサーは、「大韓民国に難しいことができて「インサイダーたち」が賞を受賞している。このような時局に賞を受けることになるのでは、あまりにも心が痛い。また、ウイルスを克服するより健康にある様に、大鐘も早く元気な姿になったら良いだろう"と話した。

最優秀作品賞を受賞しに出てきた映画の総連合会の関係者は、「ボイコット余波が続いてとても大変だった。組織委員会の助けなし貧しい映画人の力だけで授賞式を進行しようと見たらとても漠然とした。今年開催されないんじゃないか絶望感も聞いたこともあった。それにもかかわらず、最もよいではないが、最善の映画祭を作ろうと全身で走った。私オバマするのではなく、本当にかっとされる方もいただろう。これまで多くの痛かった。記者の方は、その理由があるだろうが、この患者を痛めているので回復不能に作らずにかばってくれて消毒もしながら、少しずつでも治癒できるように切にお願いする。不十分のリンゴささげながら、今後も血の汗流しながら、次の年を準備する」と不平を言って目を引いた。

やっぱり、「ボイコット余波」個人的には、ボイコットをするより、出てきて意見を言う方が良いと思うのですが…。映画を愛していたら、長く続いたこの映画賞も大切にしてほしいな~~。今までは、3つの映画祭の特徴があったけど、今年は、????です。BHさんの受賞はうれしいけど…。大鐘賞は興行成績が一番影響うする賞のような~~。そう考えると十八禁であの興行成績は受賞にあたいします!でも、一年前ですからね~~。印象は・・・。監督が言うように、時世のせいかな??


トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/26271589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2016-12-27 23:32 | 韓国映画 | Trackback | Comments(0)