「義母さん、ありがとう!」12/18(日)

072.gif≪BHエンタ関係≫
NEW
061.gif「特典付きムビチケカード」*日本語字幕付き予告編あり。
NEW

016.gif「あざりすの妊活日記」 次男夫婦のブログです。

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif

072.gif072.gif072.gif016.gif12/18(日)21:45

皆さん、アンニョン!
昨日、無事に葬儀を終えることができました。
誰にでも、好かれた義母さんらしい穏やかな葬儀でした。
女学校のお友達も二人、見えて・・・・。
義母さんに世話になった親戚の方も多く、ご近所さんのお世話も長くしていましたので、皆様に感謝の言葉をもらい、残された遺族としても誇らしい気分でした。
皆さんの話を聞くにつけ、義母さんの生き様の素晴らしさを再確認した次第です。

思えば、戦時中でお見合いをして2度しかあったことのない男性の所に嫁ぎ、小姑も残ったいましたから、大家族の中で一家の主婦として大奮闘でした。
姑、舅を看病し、見送って、50代になって、ようやく自分の時間が持てたのですが、それからは体操教室、フォークダンスクラブ、山登りのサークルと暮れには、忘年会が7つあると・・・。実に、楽しく老後を過ごしていました。

80歳になり、認知症が出始めてからは一人の生活が無理になりましたが、旦那さんが2年早く退職をして、献身的にお世話をしていました。
私は、二男の看病もあったので、高々4年でしたが、一緒に生活しながら、いろんなことを教わった気がします。

私が、体操教室に行くのもハングル教室に行くのも大賛成で、特に、体操教室は義母さんのお勧めでした。
足腰は鍛えておかないといけないというのが、持論でしたから~~。

最後も本当に義母さんらしいと…。
肺炎になって、入院したのは10月の初め、11月の終わりに退院して、施設で、二日、皆さんと楽しく過ごし、再入院。
再入院してからは、ちょうど10日間。
弟夫婦にも会えて、2日後、静かに眠るように息を引き取りました。

病院も歩いていける距離でしたし、毎日、何方かが通いましたが、そのたびに、「ありがとう」と・・・。
世話をしてくださる看護師さんにも、そのたびに「お世話をかけます、ありがとう」と言っていたそうです。

思えば、認知症もだいぶ進んでいたのですが、最後まで、旦那さんのことは覚えていたし、みんなに迷惑をかけることもなく、あんなに嫌がっていた、おむつも紙パンツをはいていましたが、おむつは最後の2か月だけで、義母さんの思い通りの最後だったと思います。

最期を看取りながら、自分もこんな最期を迎えたいな~~と思ったものです。

葬儀を終えて、今日は出席された方の名簿を作ったりしながら、旦那さんに親戚の方と義母さんの関係を聞いて~~。改めて、やさしい方だったのだと思いました。

義母さんに最後にと声掛けを促されましたが、「ありがとう」という言葉しか、思いつきませんでした。

最後にここやラインで「お悔やみをいただいた方」、気にかけてくださった方、本当に、ありがとうございました。
まだまだ、仕事は残っていますが、頑張って行きますので、これからも、よろしくお願いします。

楽しそうですね~~。



トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/26247451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2016-12-18 21:59 | ニュース | Trackback | Comments(0)