青龍②主演男優賞】+「マスター」ショーケース!+明日からお出かけ!11/24(木)

≪BHエンタ関係≫
NEW
061.gif「特典付きムビチケカード」*日本語字幕付き予告編あり。
NEW
NEW
016.gif「あざりすの妊活日記」 次男夫婦のブログです。

056.gif 016.gif 056.gif 016.gif 056.gif  016.gif 056.gif 016.gif 056.gif 016.gif  056.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif 063.gif 056.gif063.gif 056.gif063.gif

072.gif072.gif057.gif012.gif11/24(木)19:30

皆さん、アンニョン!明日から四泊五日で旅行です。車で行きますので、荷物がたくさん載るので、うれしいです~。朝、早起きをして、7時半に出発。8時に、犬を預けて、高速に乗ります。目標は、海老名、厚木付近です。
8~9時間の運転です。道の凍結と、旦那さんのお歳が心配です。
次の日は次男夫婦と三谷温泉で一泊。日曜日は母の三回忌。久しぶりに、兄弟が集まります。終わったら、すぐに出発して、長良川温泉で長男家族と一泊。次の日のお昼には秋田へ向かって走ります~~。どこかで、一泊して、次の日に秋田へ帰ります。
 ハードな予定ですが、楽しいことなので・・・。
 また、秋田へ帰った次の日は、義母さんの退院。と言っても、家ではなく、施設に戻るのですが…。

というわけで、青龍賞の授賞式は、見れません。
あっ、BHさんがもらうと決まっているわけではないけど…。

[D-1青龍②主演男優賞】優等生ソン・ガンホvs7ことがイ・ビョンホンvs初挑戦グァクドウォン


俳優ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、グァクドウォン/本社DB
[ヘラルドPOP =性腺して記者]ジャンスセンイ・ビョンホンかそれとも優等生ソン・ガンホだろうか。あるいはニューフェイスグァクドウォンの分け前のだろうか。2016青龍映画賞の主演男優賞を置いて角逐戦が繰り広げられた。

第37回青龍映画賞が25日午後、慶熙大学平和の殿堂で開かれる。1963年に作られ、国内の映画界を代表する授賞式である。また、興行ではなく、作品性に重量を置く破格の受賞でもよく知られている。今年最も激しい接戦が予想される部門は、断然主演男優賞である。「谷城」グァクドウォン、「密偵」ソン・ガンホ、「阿修羅」チョン・ウソン、「トンネル」ハ・ジョンウ、「インサイダーたち」イ・ビョンホンが候補に上がった。その中でもソン・ガンホとイ・ビョンホン、グァクドウォンの3巴戦になるという予測が優勢だ。各候補別活躍と興行成績を集めた。

◆イ・ビョンホン
、映画「インサイダーたち」スチール/ショーボックス提供2016年は断然イ・ビョンホンの年であった。2年前の50億動画脅迫事件で私生活が世論のまな板に上がった彼は、映画「インサイダーたち」(監督オミンホ)で大変な時期を打ち明けた。ユン・テホ作家の未完結同名ウェプトゥンを原作とするこの映画は、大韓民国を動かす実力者たちに裏切られた政治ギャングアンサングのボクスダムを描いた。昨年11月に公開された「インサイダーたち」は青少年観覧不可等級にも監督版まで含めて900万人を動員した。劇中イ・ビョンホンは、政治チンピラアンサング役を引き受けた。彼は上手く行っ闇のボスで地獄に落ちた人物のドラマチックな一代記をリアルに描き出した。圧倒的な演技力は、金行った俳優イ・ビョンホンとブランドを再び正常に乗せた。また、「モヒート行っモルディブ一杯すべき?」と流行語ととかして渡した短い髪などが流行し、映画の人気を実感させた。事実、これまでイ・ビョンホンは演技力に比べて黒服とは距離が遠かった。彼は2001年に「バンジージャンプをする」を皮切りに計6回主演男優賞に挑戦したが、いずれも水を食べた。しかし、「インサイダーたち」は、学習本業である演技をうまくいけば、という事実を証明し、危機に陥ったイ・ビョンホンを再び正常に乗せた作品である。果たして彼が「青龍の呪い」を破り、トロフィーを受け入れられるか成り行きが注目される。                                                 ◆ソン・ガンホ
青龍の優等生ソン・ガンホも映画「スパイ」(監督キム・ジウン)で主演男優賞に挑戦する。去る9月公開されたこの映画は、1920年代末、日本の主要な施設を破壊するために、上海で京城に爆弾をかけてオリョヌン義烈団とこれを追う日本の警察との間の暗闘と懐柔、かく乱作戦を描いた。劇中ソン・ガンホは朝鮮人、日本の警察里程出役を引き受けた。存在の歴史的なトパーズ頸部事件がモチーフだ。「密偵」は、日帝時代を背景にした韓国型スパイ水である。ソン・ガンホは祖国とチュルセヨクの間で苦悩する里程出の心理を繊細に表現した。ともすればグレーゾーンに線の二重スパイとしてのみ見えることがあったが、ソン・ガンホのディテールが生きている演技力が加わり、選択の岐路に立った里程出は説得力を得た。先立ってソン・ガンホは1997年に「ナンバー3」で助演男優賞を受賞して青龍映画賞と縁を結んだ。以後、2007年には「優雅な世界」で主演男優賞を懐に抱いて、演技力と興行力の両方を備えた俳優として認められた。「密偵」は、彼の青龍賞主演男優賞の3冠挑戦作である。最新作が代表作となる映画界の演技モンスターソン・ガンホ。今回も、彼の栄光の主人公になることができるか。                                          ◆グァクドウォン
初主演作で主演男優賞を狙う人もいる。映画「谷城」(監督ナ・ホンジン)に出演したグァクドウォンである。去る5月に公開されたこの作品は、外部の人が表示されたら始まった謎の一連の出来事の中噂と実体を知ることができない事件に遭遇人々の話を描いた。劇中グァクドウォンは疑問の事件の中で、混乱に陥る警察ジョング役を引き受けた。「谷城」はグァクドウォンの最初のワントップ主演作である。ナ・ホンジン監督は周辺の懸念にも自分の前作「黄海」で短いが強い存在感を見せてくれたグァクドウォンに初主演のタイトルをつけてくれた。ナ・ホンジン監督の選択は的中した。グァクドウォンは未婚にもすさまじい父性愛演技をした。平凡だが、娘のためなら水火選ばない彼は、観客をミステリーした事件の中心に導いていくのマイルストーンであり、中心軸だった。彼の熱演に力づけられて'谷城」は累積観客数690万人、歴代興行順位42位を記録した。また、第69回カンヌ国際映画祭非競争部門に公式招請されるなど、作品性まで認められた。グァクドウォンが「谷城」で展開した好演が認められ、初主演作で主演男優賞まで握ることができるか関心が集まっている。




[ムービーIS]イ・ビョンホン・カン・ドンウォン・キム・ウビン束君のジムが開かね

【日刊スポーツジョヨンギョン]

まさに死活をかけた。

イ・ビョンホンカン・ドンウォンキム・ウビンが束ニー映画ショーケースをそっくりアイドルコンサートレベルで取ることができる。なんと体育館を借りた。まさに建国以来最大のショーケースだ。

映画「マスター(ジョウイソク監督)「主役は12月5日午後7時、ソウル蚕室(チャムシル)学生体育館でレッドカーペットショーケースを進行する。この日の行事には、イ・ビョンホンからカン・ドンウォン、キム・ウビン、オム・ジウォン、秦鏡まで「マスター」を導いた俳優たちが一堂に会し、予備観客と一緒に意味深い時間を過ごす見通しだ。

これまで100億台を超える製作費が投入された大作であっても、ほとんど永登浦タイムスクエア、メガボックスコエックスなどの映画館がある建物の近くや内部でのショーケースを進行した。

2012年に「泥棒たち」がコエックス室内ではなく、屋外でレッドカーペットイベントを繰り広げ、ファンが落としたペンを拾ってくれるキム・ヘスの人生写真を残し、「暗殺」の時清渓川レッドカーペットを行ったことがあるが、ジムを丸ごと借りた映画は、「マスター」が初めてである。

すごい俳優たちの大変な人気とチケットパワーは、レッドカーペットショーケースのチケット確保から確認できた。関係者によると、「マスター」レッドカーペットショーケースのラインオープン1200席オープンたった1分で売り切れる気炎を吐いたこと。

キャスティング段階から注目された「マスター」は、事実上「1000万映画「プロジェクトで企画、製作された。特に今年一年1000万映画一本なく、損益分岐点を超えた作品が片手で数えられるほど興行農業を台無しに配給会社CJエンターテイメントとしては、残りのカードが「マスター」しかない。

先に「マスター」顔負けのキャスティングで話題を集めた「阿修羅」と期待以下の成績を収めながら反転と異変を自ら経験しただけに「マスター」の広報マーケティングに死活をかけないたくてもないことができない。当然の興行は当然ない。

「マスター」は、12月公開のために開封直前まで後半作業を進行するものと思われる。後半作業を終えて公開を準備中の他の映画がたくさんあるにもかかわらず、「マスター」にしがみつくように「マスター」に対する期待感は相当なものだ。

すべての状況説明の前に「歴代級」という修飾語がついている「マスター」が2016年の最後の歴代級興行ポテンショバーストのか成り行きが注目される。

ほほ~~~。すごい、力の入れようですね~~。

トラックバックURL : https://bigbear.exblog.jp/tb/26175772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yosiko6212 | 2016-11-24 19:22 | 韓国映画 | Trackback | Comments(0)